人気ブログランキング |

政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

タグ:海上自衛隊 ( 1 ) タグの人気記事

潜水艦と民間タンカー接触:浮上時機動力が低下し衝撃が大きい潜水艦の弱点

潜水艦と民間タンカー接触:浮上時機動力が低下し衝撃が大きい潜水艦の弱点
2006年11月22日

 昨日21日午前9時50分頃、宮崎県都井岬沖約60キロ付近の公海上で、海上自衛隊の練習用潜水艦「あさしお」が、航行中のパナマ船籍「スプリング・オースター号」に接触したという。「スプリング・オースター号」は、長さ86メートル、幅10メートル、高さ10・5メートルのケミカル・タンカーだそうだ。定員は約70名だが、接触時は17人だけが乗り組んでいたという。乗組員にケガはなかったらしいし、双方とも損傷はしているが航行に支障はないということであった。だが、「スプリング・オースター号」には、船底部に複数の穴が空き、寄港後修理が必要だという。一方、「あさしお」は、船体後部の舵が損傷しているという。

 海上自衛隊の記者発表によると、「あさしお」は、海中で深度変更を繰り返す訓練をしていたという。その訓練中、海面に向かって急浮上をしたところ、水中音波探知機(ソナー)に、船舶反応を確認し、急遽下降に転じたが間に合わなかったということだ。

 横須賀の基地に停泊している海上自衛隊の潜水艦をよく見るが、米軍の原潜に比べると、形はまったく同じでも小振りだ。小型な分機動力は高いのではと思っていた。しかし、あのようなお粗末な事故が起きてしまうということは、そうでもないようだ。あるいは、訓練が充実していないのか? やはり、車の運転でも、飛行機の操縦でもそうだが、運転時間や飛行時間が、操縦する人間のキャリアになるはずだ。経験が多ければ、危機を咄嗟に回避する危機管理能力も自然と向上するはずである。

 それとも、朝鮮半島の緊張状態にともない、日本近海の海底も海上も、ことのほか混み合っているということなのか? 先日、アメリカの航空母艦キティーホークに8キロまで接近した中国潜水艦といい、普段より日本近海には多くの潜水艦が航行しているのか? 通常、日米合わせて、常に10数隻の潜水艦が、日本の周囲の海中を隠密裏に航行しているとは聞き及んでいる。しかし、広い海、海上の船と接触する確率は、そんなに高くないはずだ。

 ただ、潜水艦というのは、浮上する時が、一番危険を伴い緊張するとも聞いた。実は、私も、一度、ハワイで米軍の原潜に搭乗させてもらったことがある。海底に潜れば静かで揺れもなく快適なのだが、浮上する時と沖合で海上に浮上停泊している時は、海上の気象の影響を非常に受ける。それこそ、身体が宙に浮くようなこともあった。つかまっていたパイプに頭をぶつかけ、掛けていたメガネのフレームがグンニャリと曲がってしまったことを思い出した。
by seizaikai_club | 2006-11-22 16:30 | 自衛隊と防衛問題

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧