人気ブログランキング |

政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

タグ:民主党 ( 34 ) タグの人気記事

国会はワイドショーでもなければバラエティーショーでもない!!

国会はワイドショーでもなければバラエティーショーでもない!!
2007年3月8日

 どうも最近の代議士達の言動を見ていると頭にくる。与党も野党も、政治とは何ぞや、政治家の使命とは何ぞや、という根幹を忘却しているようにしか思えない。兎に角、レベルが低すぎる。特に、野党のレベルが低い。鋭い切り込みができる野党のもと、良い与党が育つ。そう言っても過言ではない。ところが、今の野党の有り様を見ていると、まるでワイドショーである。政策論争ではなく、ワイドショーさながらのスキャンダル合戦での足の引っ張りあいばかりが目につく。

 国会とは、政治を議論し、国民のため、国のために時間を費やす場である。スキャンダルを糾弾ばかりする場ではない。ましてや、きちんと調査もせず週刊誌の受け売りのような質疑には、呆れ返ってモノも言えない。対する閣僚も、公人としての自覚を持ち、無意味に長引かせるような対応をせず、素早く対処し、本来国会で論議される問題へと速やかに流れをつくってしかるべき。国会は自我でモノを言う場でもなければ、閣僚とは自我でモノが言える役職でもない。松岡代議士も、民主党の議員諸氏も、もっと政治家としての自覚を持ち、国民のために汗水流すことを肝に銘じて頂きたいものだ。あまりにお粗末すぎて、開いた口が塞がらない。
by seizaikai_club | 2007-03-08 16:01 | 国会

自民党も民主党も時代の流れに逆行するべきではない!!

自民党も民主党も時代の流れに逆行するべきではない!!
2006年11月21日

 自民党の復党問題にしても、民主党の沖縄知事選での連立にしても、あまりにも選挙で勝つことばかりに焦点が当てられ、小泉改革以来の時代の流れに逆らっているのではないか。これでは、嘗ての日本政治に逆戻りであり、国民が求めている政治の新しき流れとは逆行している。

 確かに、民主主義は数、即ち議席を確保することが基本であることは分かっている。しかし、同時に、政策論争によって選挙の結果がでるべきでもあるはずだ。しかし、今回の郵政造反議員の復党問題にしても、来年の参議院選挙のことばかりに焦点が当てられた永田町の自民党議員の無神経さが為せる業である。民意を汲み取れず洞察できない、あまりにも政治家として資質の欠落する政治家達の戯言にしか思えない。国民は、そんなに愚かではない。造反議員の復党を為せば、逆に来年の参議院選挙で、自民党は窮地に立たされることは火を見るよりも明らかだ。しかし、数の原理に翻弄され、そんなことも見えなくなる議員は、永田町に居残って頂く必要もない。

 一方、民主党も、いつまで経っても成長が見られない。本当の改革は、二大政党制にある。しかし、それは野党である民主党がもっともっと成熟しなければ実現しない。ところが、成長するどころか、改革しだした自民党とは相反し、民主党は嘗ての自民党の悪しき流れを自民党からバトンタッチしたようでさえある。これでは、せっかく光が見え出した日本の政治も、またもや暗闇に逆戻りしかねない。

 選挙に翻弄されることなく、自身の主義主張を貫き通す志を持つことを、全ての政治家の先生方に望む。それができないのであれば、どうぞご遠慮なく、永田町をお去りください。我々国民は、そういう選挙ばかりに翻弄され、ご自分の主義主張も貫き通すことのできぬ腑抜け政治屋には、何も期待もしておりません。与野党問わず、政治家の先生方は、今一度褌の紐を締めなおして頂きたい。宜しくお願い致します。
by seizaikai_club | 2006-11-21 01:01 | 政治

アメリカ中間選挙の結果を見聞して

アメリカ中間選挙の結果を見聞して
2006年11月8日

 アメリカの中間選挙も、ほぼ終わった。後は、49対49と拮抗する上院の結果を待つだけだ。

 総括してみると、アメリカ人の政治意識の高さを見せ付けられたということではないか。見方は色々ある。日本の多くのメディアが評論しているように、アメリカ国民が二極化しているということも言えるのかもしれない。だが、それよりも、アメリカ国民が、政治的良識をわきまえていることをあらためて証明した投票結果であった、と私は思う。

 二年に一度全議席が改選される下院では、民主党が圧勝した。これは、明確なるアメリカ国民よりの声だ。イラク問題等への不満が蓄積され、アメリカ国民は共和党に満足していないということに他ならない。もう、これ以上アメリカ軍兵士を無駄死にさせたくない、イラクという迷路から抜け出したい、という世論の高まりを象徴している。その結果、民主党へ大きな期待感が高まった。

 しかし、このような厳しい状況下でも、アメリカ人有権者は、政治的良識を維持し、感情論で投票をすることを自制した。その結果が、上院での最後まで拮抗した選挙戦である。感情に流されるままにアメリカ国民が投票していれば、上院は全体議席の1/3の改選とはいえ、民主党が圧勝したはずである。ところが、下院では、民主党が圧勝したが、上院では共和党と民主党が拮抗した選挙戦を最後まで繰り広げている。これは、感情論ではイラク政策に反対で、これ以上共和党は支持できない。民主党に大きな期待をよせるが、両議院を民主党が制することで、後2年残されたブッシュ政権下、政治が混乱することをアメリカ国民が回避しようとしていることの表れではないか。よって、全議席改選ということで選挙結果に民意が100%反映される下院では、民主党を支持し圧勝させた。だが、議会がアンバランスになることで、政治が混乱することも国民は望まない。よって、上院では、共和党と民主党が最後まで拮抗した選挙戦を繰り広げる、という結果になったのであろう。アメリカ人の政治意識と政治への関心度の高さを象徴した結果ではないか。
by seizaikai_club | 2006-11-09 00:23 | アメリカ関係

非国民的質疑を繰り返す民主党西岡武夫議員に大きな疑問

非国民的質疑を繰り返す民主党西岡武夫議員に大きな疑問
2006年10月11日

 現在進行中の参議院予算委員会質疑で、民主党西岡武夫議員によってなされた竹島に関する質疑に、非常に大きな疑問を感じる。竹島の問題は、領土問題であり、国益に直接的に関わる大切な問題であることは間違いない。しかし、今、この時期に、この問題を国会の場で質疑するということには、非常に大きな疑問を感じざるを得ない。何故ならば、7月に北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射実験が繰り返され、一昨日の10月9日には、世界の反対を押し切って地下核実験を強行した。このことは、日本国の安全保障、東アジアの安全保障に直接的に関わる問題である。最優先の緊急課題である。このような状況下、国連では、親北朝鮮といわれてきた中国とロシアまでもが、核実験反対決議に賛成をしようとしている今、北朝鮮への反対行動の足並みを崩すような竹島の問題を、今この時期に取り上げ、安倍総理に迫る行為は理解できない。総理の発言次第では、北朝鮮への核実験反対の動きに水を差すことにもなりかねない。ということは、日本国の危機を故意に招きかねないと言っても過言ではない暴挙である。

 訪韓の際、竹島の問題を何故とりあげなかったのか、と盛んに質疑を繰り返していたが、北朝鮮が核実験を実施した直後の韓国首脳との会談の席で、わざわざそのような問題を取り上げることが、日本の今進行中の国益に関わる問題の解決の一助になるというのか? そんなわけがない。西岡議員は、日本国の安全保障よりも、自分と党のことの方が大切であるらしい。どんな政治家であれ、この状況下で、竹島の問題を訪韓の際に持ち出す政治家は、本当の意味で国を愛する日本人政治家とは言えない。

 いかにも愛国の徒であるかのごとく、愛国心を振りかざし、領土問題である竹島の問題を取り上げてはいるが、何事にも政治にはタイミングというものがある。北朝鮮が核実験を繰り返し、核を保有しようとしている、戦後の安全保障に於いて最も危機感が高まっている今、このような質疑をすることは、悪戯に韓国はじめ隣国の感情を逆撫でするだけで、日本の国益にまったく繋がらない暴挙である。これは、許されざる問題だ。本当に、この国を愛していれば、今竹島の問題を国会の場で取り上げ、韓国政府に抗議をせよ、そのことを約束しろ、などと安倍総理に言えるはずがない。そのような責め方は、安倍総理を追い詰めるのではなく、日本の国を追い詰めるだけの暴挙である。西岡議員の論調であると、竹島を日本国の領土だと主張することの方が、日本国全土の安全保障を優先させるよりも大切であるとしか聞こえず、日本国民の命を危機に晒すと言っても過言ではない、等閑にはできない質疑である。これは、日本国の議員として、西岡議員の基本的な資質にも抵触する由々しき問題である。

 西岡氏の質疑を聞いていると、日本国の安全保障よりも、民主党員として自民党を追い詰め、安倍総理を追い詰めることの方が、最優先されるというような発言にしか聞こえず、国民の一人として、非常に大きな憤りを覚える。このような感性の政治家や党は、日本国の足を引っ張るだけで、必要ない存在と言っても過言ではない。非常に大きな憤りを覚える。今、何を最優先してやらなければいけないか、ということを判断し質疑することが、政治家の資質の第一条件である。今、北朝鮮が何をしているか、ということがわかっていないのか。いい年をして、政治家であるにもかかわらず、そんな簡単なことも見えないのか。非常に自己中心的な自分勝手な平和ボケとしか言いようがない質疑であり許しがたい。笑い事ではない。自らの首を絞めているのは、西岡議員であり、民主党である。国民を馬鹿にするのも、いい加減にして頂きたい。
by seizaikai_club | 2006-10-11 15:04 | 国会

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧