政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

タグ:教育とは ( 1 ) タグの人気記事

育児とは、教育とは

育児とは、教育とは
2012年7月27日

 大津でのいじめ自殺事件以来、教育現場に嵐が吹き荒れ、今まで見て見ぬ振りをしていた教師たちが浮足立ち、日本全国でいじめの問題が動き出した。予想はしていたが、多くの子供たちが、いじめに苦しんでいることが今更ながら広く知られた。教師や親は見て見ぬ振りをして、子供たちは行き場を失い、どうしてよいかもわからず自ら命を絶っていくという、あってはならない現実が此処其処にあることもわかった。

 理由はどうあれ、自身の保身のため、事なかれ主義で彼ら被害児童を見捨てていた罪は重い。だが、これだけは言っておきたい。教師全てがダメ教師になったのではない。一生懸命子供たちと対峙し、日々汗を流し、プライベートの時間を惜しんで子供たちと向き合っている先生も日本中には沢山いるということを。

 そもそも、育児とか教育には、正解もマニュアルもない。手探りで、正直に子供たちと対峙しながら為していくしか方法はない。十人十色、十人子供がいれば、育児や教育の方法は十通りあるといっても過言ではない。だが、そうはいっても、教育や育児ということの基本が、わかっていない大人が現代社会には多いように思う。そのことが、この国を危機的な状態に導いているとさえいえる。大人自体が大人でありながら、どこか子供のようなところがある現代日本人。本来無垢の子供たちにとって、唯一の社会は学校であり、一番身近な大人は教師や親である。だが、その教師や親との信頼関係自体が希薄なため、子供たちは多くの試練を昔よりも負わなければならなくなっている。

 確かに子供たちは、案外狡賢いところもある。その辺のことを導くのも、ある意味親や教師、大人たちの役目である。本来、育児や教育は、社会全体の責任である。子供たちは、社会の宝であるのである以上、自分の子供だけでなく、子供たち皆に目を配り、その場その場で臨機応変に声を掛けたり、アドバイスを与えたりして然るべき。だが、現代社会では、その辺の受け皿が、子供たちに対して希薄になってしまっている。故に、今回のいじめ加害者のような児童が、注意されることもなく育ってしまうのだ。そもそも、誰よりも、彼らの親が、一番彼らが何をしていたかわかっているはずである。にもかかわらず、注意したり、叱咤したりするのではなく、無意味に庇うという状況にあること自体、非常に由々しき問題である。仮にも一人の児童が亡くなったのである。しかも、自分たちの子供たちが加害児童であるにもかかわらず、彼らの行動を糺すのではなく、庇い弁護するというのでは、彼ら加害児童こそ、親や教師や大人による甘やかしの被害者であり、彼らの将来には、非常に危ういものを感じる。この期に及んで、学びを得ることができず、嘘とだましで、今回のことを乗り越えることを学んでしまえば、今後の彼らの人生は、どのようなものになるかは目に見えている。学べない子供たちほど、可哀そうな存在はない。教育とは、子供たちに、できるだけ多くの選択肢を与え、子供たち自身に、その選択肢を思考選択させ、その都度、間違った道に進まないように軌道修正してあげることが、大人の役目である。にもかかわらず、彼ら加害児童の親や教師たちは、軌道修正するどころか、事実を捻じ曲げ、偽善で彼らの行為を正当化しようとしている。このことは、今後彼らをモンスターにしてしまう可能性が非常に大きく、その責任は、教師のみならず彼らの親に対しても非常に大きい。

 そもそも、日本の教育や育児の現場は、長年偏ってしまっている。どういうことかと言えば、父親は働き手として、外で汗水流し仕事のみに集中している場合が多い。最近になって、父親も育児に参加する傾向が若い世代には出てきたが、高度経済成長以来日本では、育児は母親任せという場合が非常に多い。だが、それは間違っている。父親も、母親も、同じように子供たちと向き合うことで、バランスのとれた育児教育ができる。そういいながらも、我が家は片親で長年やってきているので、偉そうなことは言えないが。一つだけ明確に言えることは、父親の育児参加も、非常に必要不可欠な要因であることは間違いないということだ。

確かに、昔のような、高い目線からの教育や育児も必要かもしれない。親を敬い、教師を敬い、目上を敬うような。しかし、それは儒教的な教えの部分で、年がら年中、強要して押し付けるべきものではない。必ずしも親が全て正しくはないのだから、親も子供も、同じ高さの目線にたち、何でも話し合える状況を確立することの方が、子供にとっても、親にとっても、幸せである。何故そういうことが必要かと言えば、教育や育児では、急ぎ焦るのではなく、時間を掛けて、お互いに何でも話し合い物事を解決するということが、非常に大切なことであるからだ。

 昨今の学校教育では、知識を詰め込まなければならないために、本来思春期の子供たちが、多感な時期に学ばなければならない、人が生きていくに必要な諸々のことがらを学ぶ時間がないという致命的なことになっている。一時ゆとり教育と文部省が提唱していたが、あれは「ゆとり」という意味をはき違えている。本来教育における「ゆとり」とは、遊ぶ時間の「ゆとり」ではなく、物事を思考し、話し合う充分な時間という意味での「ゆとり」でなければならない。ところが、正反対のことが為されてしまった。

 教育や育児で一番大切なことは、焦らず、押し付けるのではなく、ゆっくりと見守る余裕である。今この時を焦って一歩早く歩みを進めても、子供たち自身が納得できておらず、腑に落ちていなければ、それは本当の意味での学びにはならない。上辺だけの偽りの学びにしかならない。今の公立校の教育現場では、そんな偽善の教育が蔓延してしまっているように思う。子供たちは、何を信じてよいのかもわからなくなってしまっている。本来、一番彼らが信じられる親さえ信じられなく、身近にいる教師さえもが信じられない、事なかれ主義になってしまっている。本当に子供たちにとっての救いがなくなってしまっている。極めて悲しむべき危機的状況に、多くの学校現場が陥っているように強く思う。知識などというものは、本人がその気になれば、いくつになったって学ぶことができる。だが、生きるということの大切な学びは、多感な思春期、中学校、高校の時代にしか学べないことなのだ。この時期に、どれだけ思考し、悩み、物事の本質を議論することによって、彼らの未来は、比べものにならないほどの可能性を生み出すことができる。

 育児や教育は、部活動ではない。上から押し付けるのではダメなのだ。そんなことをしても、身体の芯には染み込まないし、学びにはならない。子供たち自身が納得し、自ら腑に落とすことで、本当の意味での学びを得るということになるのだ。そのことを誤解している親や教師が非常に多いように思う。

 子供たちは、親の操り人形ではない。思い通りにはならないのだ。人格もあり、個性もあり、独自の思考もある。それを親の勝手な思いで、縛り、無理矢理方向性を付けても、そのことが子供にとって本当の幸せであるかどうかは、非常に大きな疑問である。どんなことであっても、子供たちが自ら望み、納得し、本当に腑に落ちれば、どんな苦労でも、一生懸命に尽くすであろう。そのことを学ばせてあげた方が、彼らにとっては100倍幸せなことだ。もし親である大人が、上司に力づくで、押さえつけられ、自分の望むことでないことを強要されたら、貴方は幸せであろうか? まったく同じことである。親であっても、そこまでの権利はないはずだ。彼らが自身の力で学びとり、納得し、腑に落ちれば、彼らの人生は、どれだけ幸せで可能性が大きいものになるか。大人のエゴで、自由を奪ってはいけないと私は思う。

 最後に、今の大人たちは、自由ということを大いに履き違い誤解している。自由ということには、責任ということも、同時に求められるのだ。子供に大人のエゴを押し付けるのは良いが、それでは彼らの未来に、親や教師であっても責任を持てるのであろうか。大いに疑問を感じる。自立するということとは、正反対のことであるように私は強く思う。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-07-27 21:35 | 教育

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧