人気ブログランキング |

政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

タグ:放射能 ( 1 ) タグの人気記事

唯一の被爆国という自覚が足りない政府の対応

唯一の被爆国という自覚が足りない政府の対応
2011年3月31日

 原発に闇雲に反対することには違和感を覚える。現実的に日本の状況を見れば、電力が如何に必要不可欠で大切なものかがわかるからだ。そういう状況下、直ぐに全ての原発を否定してしまえば、日本経済は立ち行かず、それこそ破綻すること間違いない。

 だが、今回の原発事故が起こって以来の政府の対応には、大きな疑問を感じている。何故なら、正直に全てを伝えていないと感じてしまうからだ。初動の頃よりは良くなったが、それでもまだまだ本当のことを公表はしていない。当然、政府としては国民がパニックにならぬようにということを考えての判断かもしれない。だが、そういう理由のために、一部近隣地域の人々のことを犠牲にすることには疑問を感じる。何もなければ、それに越したことは無い。だがその確証がないにも関わらず、強制退去をしないことには大きな問題ではないか。

 放射能は目に見えない。故に、人々にとっては非常に理解しがたい。だから、要らぬ心配や憶測が広まる。当然のことだ。見えないからこそ、ハッキリと言及するべきところは言及し、国民の生命と財産に及ばぬよう対処するべきではないのか。それが、世界で唯一の被爆経験国の政府としての姿勢であるべきだと私は思う。

 放射能に関し、国民全員が理解できなくても仕方がない。だが、もう少し解り易く、こういうことだから個人の判断でこういう風に気を付けるべきというようなことを言うべきである。勿論、恐怖を必要以上に煽るということではない。

 ただ、根拠もないのに「大丈夫」「健康被害はない」という楽観的な言葉を繰り返すことには、非常に大きな疑問を感じる。「放射能のことは、花粉のように捉えてください」とか、「空気中の放射能度を知ることも大切だが、地表の放射能度を知ることは、もっと大切なこと」とか、「問題ではないと思うが、暫くの間は雨に当たらない方がよい」とか、そういう率直なことを言って、過剰反応せずにそれぞれの国民が自ら家族を守れるような体制を広めることこそが、政府のとるべき道であると強く思う。理解できていないからパニックになるのだ。解らないからパニックになり、過剰反応するのだ。「花粉は飛散し、地面に落ちれば蓄積される」、そういう簡単な説明をしてくれれば、一人一人の国民が自分たちの判断で対処できる。それが被爆経験国としての、姿勢であり、世界に示す役目であるように思うが、違うだろうか。
by seizaikai_club | 2011-03-31 14:19 | 核関連

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧