政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

チベット問題にみる中国における独立運動と聖火リレー

チベット問題にみる中国における独立運動と聖火リレー
2008年4月26日

 暴動から約1ヶ月経過し、やっと中国政府側に動きが見えてきた。25日のロイター通信によると、中国政府当局者が、チベット仏教ゲルク派の最高指導者でありチベット亡命政府の最高責任者でもある第14世ダライ・ラマ法王の関係者との対話に応じる見込みがあることを報じた。暴動発生直後より、第14世ダライ・ラマ法王側からは、再三再四中国政府関係部署へ対し、対話の要請を発し続けていた。ところが、中国側は、チベット亡命政府ならびにダライ・ラマ法王を批判するばかりで、一向に対話要請に応じる様子はなかった。しかし、ここにきて、対話要請を拒否し続けることは国際的立場が不利になると判断したのか、ダライ・ラマ法王の私的代理人と対話に関して連絡をとる可能性がある旨を非公式ながら伝えてきいたという。

 かなり前から私は、北京オリンピックを契機に、中国国内で独立運動や暴動が起こる可能性を指摘してきた。だが、少々予想していたよりも暴動が起きた時期が早かった。私の予想では、北京オリンピック直後より万博開催前後ぐらいの間に独立を求めての暴動が本格化し、バブル景気に小躍りしていた中国国内は、一転大混乱に陥るのではないかとみていた。何故なら、オリンピックや万博という国際的イベントで、一般民衆の多くも、資本主義社会の人々と接したり、西側諸国の人々を直接見聞したりするチャンスを得て、自由や物質文明を体感するからだ。そして、そのような混乱期を経て、初めて本当の意味で、中国が国際社会の仲間入りを果たすであろうとも思っていた。人というのは、一度甘い水を飲んでしまったら、もう苦い水は飲めなくなる。一度「自由」を体感し、「贅沢」を覚えてしまえば、もう後戻りはできなくなる。その時、中国国内から、自国民による色々な革命的な動きが出て、中国全体が資本主義の波にのまれる。だが、その波を乗り越えて初めて中国は、政治的にも、経済的にも安定した大国として成るのではないかと予想していた。ところが、思っていたよりも早く、オリンピック前に暴動は起こってしまった。これは、オリンピックを成功させたい中国政府が一番恐れていたことであった。裏腹に、アメリカは虎視眈々とその時を待っていた。というよりもあの手この手で、変革の時がいつか訪れるように水面下で画策し、人を配し、草の根的に諜報活動ならびに扇動活動を行っていた。そして、時が来たら、静まり返る池に小石を投げ込み波立たせ、波が立った後は、内側から波紋を広げ、より大きく波立たせる隠密活動をする予定でいた。西側諸国へ対し鎖国されている北朝鮮には、草の者的な諜報員を潜り込ませることができなかった。だが、中国に於いては、ずっと昔から幅広く、そして、根深く草の者的な人々を中国全土に配している。中国系アメリカ人も多いし、中国からの留学生も多いので、そのようなことを実行できる可能性も高い。大体、アメリカの教育予算は軍事予算に次ぎ大きい。それは、アメリカ政府は、教育も、アメリカの資本主義と民主主義を世界に啓蒙するための戦略の一環としてみているからだ。だから、教育予算も大きく、留学生を積極的に受け入れるのだ。アメリカで教育を受け、アメリカの空気を吸った若人達は、洗脳しなくとも自然にアメリカへ対しての忠誠心を心に刻んで自国へ帰国する。そして、あらゆる場面に於いて、水面下で潤滑油的な働きをする。

 今回の場合、小石を投げ込まずに自然発生的に起こった波紋のようにも思えるが、もしかすると、大統領選を控え、一部アメリカの政治家の邪な思惑によって、歴史的な波が前倒しされ押し曲げられ起こされた可能性も否めない。そうだとすれば、それを為したアメリカの政治家の罪は重い。何故なら、これら中国の少数民族の独立運動は、人権問題が複雑に絡んでいる問題だからだ。

 どちらにしても、中国にとっては、一番懸念していた事態が、実際に起こってしまった。あまりにも突然だったので、多少理性を失った感は否めない。その表れが、聖火ランナーに伴走させている白と水色のジャージを身に付けた警護隊の存在ではないか。中国政府としては、何としても何事もなくオリンピック開催まで漕ぎつけたかった。ところが、チベット族による暴動が起こってしまった。怒り心頭というところであろう。同時に、他の少数民族による独立運動の急速な激化と、オリンピック開催へ向けての対外運動に対し、過敏に反応しだした。それが、あの聖火ランナー伴走警備隊という形となって出ているのであろう。本音の部分では、きっと、聖火などどうでもよいのだ。強権的に力で国内を制圧したいとさえ思っているはずだ。ところが、オリンピック開催前ということで、世界の目が中国に注がれている。それもできずに、歯がゆい思いをしているはずだ。そのような状況下、対外的に中国の正統性とオリンピックへ対しての忠誠心を表すつもりで伴走隊を聖火行脚に派遣したのであろう。ところが、そのこと自体も裏目にでて、批判の的になってしまった。当然である。感覚が違うのだ。伴走隊は、当たり前で今まで教育されてきた訓練に沿って忠実に任務を遂行する形で聖火ランナーに伴走し、聖火ランナーを自分達の指揮下においた。ところが、中国で当たり前のそのような行為は、国際社会からすれば、独裁的で、排他的であって、中国のイメージ・アップにつながるどころか、寧ろイメージ・ダウンにしかならなく、世界各国から大きな批判の渦が起こってしまった。国際感覚の欠如を、自ら露呈した結果になってしまった。彼等の感覚からしたら当たり前の常識が、国際社会では非常識として白い目で見られてしまったのだ。オリンピック開催前から、彼等は多くの局面で迷路に迷い込んでしまったような気持ちでいるはずだ。

 そんな彼等が一番懸念していることは、今回のチベット民族の暴動が引き金になって、独立運動が急速に加速し、ウイグル族や朝鮮族へも波及しないかということである。私は、チベット族もしくはウイグル族による独立運動をキッカケに55ある少数民族の中から複数の独立運動が次から次へと勃発し、それらの独立運動に呼応して、貧富の格差に喘ぎ中国政府に不満を抱く民衆層から改革を望んでの暴動が起こり、その波紋が国内全域に広がるのではないかと予想していた。そして、その時、中国の政治体制にも大きな変化が表れ、それらの問題を解決した後に、国際社会が望んでいる中国が誕生し、名実共に大国として国際デビューということになるのではないか、というシナリオを描いていた。チベット族、ウイグル族と朝鮮族は、他の少数民族とはそれぞれ少々事情が違うので、独立ということへ対しての思いも違う。また、人口的にも非常に大きい。それだけではなく、彼等に元々帰属する土地の面積は広大である。中国政府にとっては、国益という観点からしても等閑にできる問題ではない。

 朝鮮族は、チベット族やウイグル族に比較すれば人口的には約半数の200万人強である。だが、北朝鮮国境付近にそのほとんどが居住し、非常に神経質な地域を生活地域としている。中国としては、北朝鮮が崩壊したり、朝鮮族が独立したりして朝鮮半島のパワー・オブ・バランスが崩れ、アメリカの息の掛った国と直接対峙することは、政治的にも、軍事的に、絶対に回避したいことなのだ。そんな理由があり、北朝鮮の我儘にもある程度目を瞑っている。元々、朝鮮族は、現在中国で居住している地域の土着民族ではなく、諸事情により近代以降に移住定着した。そんなこともあり、中国にとっては頭の痛い問題でもあるのだ。

 それでは、何故、予想よりも早くオリンピック開催前に、チベット族は暴動を起こしてしまったのであろうか? それは、予想に反して、チベット族へ対し、昨年より、中国政府が強制移住を迫り、チベット族の中国化を促進したことに原因があるように思われる。そんな理不尽な政策へ対しての不満が、一挙に爆発してしまったということであろう。

 だが、この時期にチベット族が暴動を起こしてしまったことは、必ずしもアメリカをはじめ中国の市場に大きな興味を抱いている諸外国の思惑からしても、また貧困に喘ぐ多くの中国民衆にとってもプラスではなかったのかもしれない。何故なら、予定通り、オリンピック開催後に暴動が起こっていれば、火に油を注ぐ形で、暴動の波紋は広がり、その火があちらこちらに飛び火することによって、中国全土で独立運動や各種暴動が起こった可能性は高い。そうなれば、自然に、政治体制も変わり、13億人の民が平等を実感できる日がくる可能性は高かった。しかし、平和の祭典オリンピックを目前にして、このように暴動が起こってしまうと、諸外国も批判はするが、やはり火に油を注ぎ騒動を大きくするようなことはできない。その結果、他の独立運動を触発し独立の動きを加速させる可能性も低くなってしまうであろう。大きな意味での変革が不完全燃焼のまま、中国政府に優位にことが流れてしまう可能性が高い。それこそ、悲しむべきことである。貧困に喘ぐ罪なき民達が、望みを失い苦しみながら生きていかなければならなくなってしまう。

 最後に、聖火リレーを見ていて感じたことを追記しておく。平和の祭典といわれるオリンピックが、商業主義に溺れ、政治に翻弄されるようになって以来、悲しむべき色々な事件がオリンピックを汚してきた。しかし、それでもオリンピックは今まで長きにわたって継続してきた。それは、皆の中に、オリンピックは一国のモノではなく、地球上に共存共栄する我々人間全てのためのものであるという意識があるからだ。そして、現実と理想には大きなギャップが未だあるにせよ、平和を希求する気持ちで開催され続けてきた。確かに、それぞれの開催国には、その時々の大きな思惑がある。だが、如何なる理由があろうとも、オリンピックは一国の思惑に翻弄されて行われるべきではないし、今まではそうなることを回避する努力がされてきた。特に政治的な理由に関しては。

 今回の聖火リレーを見ていると、非常に悲しい思いが込み上げてくる。今日行われた長野での聖火リレーでも同じ思いを胸に抱いた。それは、沿道を埋め尽くす中国の国旗である。中国政府や関係者は、色々と理屈を並べ立てる。しかし、根本が間違っている。彼等のオリンピックへの思いや理解が、あまりにも自分勝手で、オリンピックという平和の祭典をあまりにも愚弄している。確かに、チベット問題を諸外国の我々がとやかくいうのは内政干渉かもしれない。だが、如何なる理由があろうとも、聖火リレーの度ごとに、どこの国へ行っても、中国の国旗で沿道を埋め尽くすことは、相手国へ対して失礼千万である。自分達で自分達の顔に唾を吐いているのと変わらない。本当に北京オリンピックを成功させたい、聖火リレーを守りたいという気持であれば、中国の国旗ではなく五輪旗で沿道を埋め尽くすべきであった。あの中国の国旗の群れが、中国の浅ましさを象徴し、彼等の邪な思惑を露呈していることは、見ていた誰もが感じたことだ。そんなこともわからないようでは、オリンピックを開催する資格さえ本来ない。

 あんなことであるのならば、わざわざ世界中をジェット機で飛び回って、聖火リレーなどしなくてもよい。あんな聖火リレーを誰が見たいと思うか。中国のマスターベーションでしかない。中国政府は、海外にいる中国人達が自主的にやっていることで、一切関与していないようなことをいっているらしいが、どうして、日本や他の国々で、同じ大きさでまったく同じ形状の中国の国旗が、あれだけたくさん沿道を埋め尽くすことができようか。あの旗を見れば、全ては中国政府の指揮のもとになされていることは一目瞭然である。ただただ、腹が立つばかりだ。こんなことで、一体、北京オリンピックは、本当に安全の内に開催されるのであろうか。大きな疑問を感じる。また、オリンピック終了と同時に、多くの少数民族達が、弾圧され、粛清されるのではないか、そのことが心配でならない。いずれにしても、中国が、平和の祭典、オリンピックを汚したことだけは間違いない。その中国をオリンピック開催国に選んだ、IOCにも大きな責任がある。大いに反省し、今後のオリンピック運営を、もう一度見直す必要があるように思う。
[PR]
by seizaikai_club | 2008-04-27 19:03 | 今日の独り言
<< 横綱審議委員会の差別的言動への疑問 トーク・ライブに飛び入り参加 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧