人気ブログランキング |

政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

光市母子殺害事件弁護人が表す日本の司法制度の程度の低さ

光市母子殺害事件弁護人が表す日本の司法制度の程度の低さ 
2006年4月22日

 テレビで報道されている光市の母子殺害事件で被告の弁護をする弁護人の暴言を皆さんはどう思われますか? この二人の愚かな弁護士達のやっていることは、人道を逸脱した、日本の司法制度を逆手にとった、悪魔の為せる言動としか思えない。あんなことを、堂々と主張できる弁護士がいるかぎり、日本の司法制度というのは、名ばかりの茶番でしかなく、何一つ信じうるものはない。ということは、日本の司法制度の信頼度は、0に近いと言っても過言ではないということだ。結局のところ、何でもあり、法律なんてあってないも同然。何でも、やった者勝ち、被害者は運が悪かったね。加害者は、しっかり司法制度が守っている、と言っても過言ではないであろう。

 如何なる理由があろうとも、一つの事件の裁判において、弁護人が自分達の主義主張を為すことは、著しく公平さを欠き、弁護とは言えず、裁判自体が不公平極まりないものになり、司法制度を愚弄する行為でしかない。この被告弁護人二人こそ、罪に問われてしかるべきではないか。

 裁判とは、如何なる理由があろうとも、原告にとっても、被告にとっても、公平なものでなければならい。自分達の主義主張思想をアピールする場であってはならない。

 彼らは、血も涙もない、単なる法廷技術ばかりに走り、如何なる真実があろうとも、被告人を救えば良いという彼らは、弁護士を生業にする資格もないのではないか。被告人を説得し、心底より罪を認めさせ、被害者に謝罪させ、改心させる一歩を踏ませる。その証として、減刑を裁判で求める。これが、このような残虐な殺人事件の被告の弁護人の本来の役目であり、法廷技術ばかりを利用して、被告人の罪を罪として認めない姿勢こそが、被告人を心底で増長させ、万が一未来下獄できた後に、同様事件を再発させる可能性をも持たせてしまうような、非人道的な弁護行為である。

 大体、このように盛んに報道されている公開裁判において、あのような弁護姿勢を示せば、一般民衆の民意を敵に回してしまうことに、気付かぬこの事件の被告人弁護士二人は、よっぽど頭が悪いか、彼ら自身、被告人を極刑へと導きたいがための、演技だとしか思えない。しかし、彼ら弁護人の強い死刑廃止論等の思想的主義主張を聞いていると、被告人を極刑に導くための演技という可能性は、非常に少ないのではないか。

 どちらにしても、日本の司法制度というのは、地に落ちているということが現状ではないか。暴対法もそうであるが、人の思惑で司法が利用されたり、主義主張思想で利用されたり、ということは如何なる理由があろうともあってはならぬことだ。司法制度のレベルが低いということは、その国自体の質も地に落ちているという風に見るのは、国際的な常識である。これらのことを、どれだけの政治家や官僚達は認識しているのであろう。日本という国は、本当に危機的な状況にきているのではないか。この危機的な状況からの脱却の道は一つしかない。国民一人一人が、国を憂う気持ちを持ち、声を上げ立ち上がるということだ。
by seizaikai_club | 2006-04-22 11:35 | 社会
<< 竹島の本当の問題点 私的思想を教育現場に持ち込むべ... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧