政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

日本人と中国人の価値観の違い

日本人と中国人の価値観の違い
2005年11月26日
http://www.seizaikai.com/seizaikai_club/index.html

 先日、石原慎太郎東京都知事が、日本人と中国人の「命」に対する価値観の違いに言及していた。石原都知事曰く、中国人の「命」に対する価値観は日本人のそれとは大差がある。そのことは、歴史を公平なる視点で振り返ってみれば一目瞭然である。歴史上、自国民の命をあれだけ多く疎かにしている国民は地球上で他にはない、と言うようなことを仰っていらっしゃった。この発言を中国人が聞くと、色々な反論が起こるであろう。しかし、石原氏のこの発言は、間違っていない。「命」ということだけではなく、日本人と中国人、いや中国人と他国民との価値観には、かなりの温度差がある。そのことは、中国人自体が認めていることである。
 仕事で香港に行っていた。そこで、多くの中国人達と話をする機会を得た。彼らの一人が、面白い例を上げて中国人と日本人の価値観の違いを説明してくれた。読者の皆さんもご存知だと思うが、中国の建設現場を見ると、日本のそれとは一目瞭然で違うことがある。それは、足場である。日本をはじめ、世界中の建設現場の足場は、鉄のパイプで組まれている。ところが、中国の建設現場の足場は竹で組まれている。日本人からすると、非常に危険な感じがする。50階建てだの80階建てだのという高層ビルの建設現場でさえ、竹の足場が組まれている。心配をした日本人建設業者が中国人建設業者に、あれで安全なのか、という質問をしたそうだ。すると、勿論鉄のパイプよりもずっと安全だ、という答えが返ってきたというのだ。しかし直後、その同じ中国人建設業者が、小声で日本人建設業者の耳元で、竹の足場の方が鉄パイプの足場より格段に安い、と囁いたそうだ。この話からも分かるように、中国人の全ての判断基準は「お金」すなわち「安いか高いか」ということなのである。これが、中国人の価値観である、とその中国人は説明していた。同時に、彼はこのように続けた。コスト至上主義だの、非人道的だと、一部の外国人がこのような中国人の価値観を非難するが、日本の大手建設会社も、香港や中国にくれば竹の足場で仕事をしている。それは、彼らだって、本当は商売人としてコスト至上主義でビジネスを推し進めたいからである。しかし、日本では厳しい規制や法律があるから、仕方なくそれに従っているだけなのである。実際、竹の足場が危険であるということを、誰も検証したこともないし、できるはずもない。また、今まで一度も、竹の足場であるが故に起きた事故ということはない、とも言っていた。中国の天秤に「お金」と「安全」ということを載せた場合、「お金」の方が重いのだとハッキリと断言していた。
 また、彼は、何故そのような価値観を中国人が持つのかを、香港の例を上げて説明してくれた。香港では、基本的には税金が無いそうだ。まったく無い、というと少々違うが。彼曰く、生活に最低限必要なモノ、即ち人間が生きていく為に最低限必要なもの、「食」に関わる食材や食料品をはじめ、水、電気、ガス、電話代には、まったく税金はかからず、非常に低い料金で利用できるようになっているそうだ。その反面、贅沢品である自動車などは、想像を絶する税金が課せられているという。
 例えば、香港で外車扱いとなる日本車などは、日本円で1500万円なんてこともあるそうだ。故に、日本車にもヨーロッパ車にも差がないために、香港ではベンツも沢山走っているらしい。結局のところ、高級車という意識はなく、自動車を所有し乗れるということ自体が高級であり贅沢なのだ。その証拠に、自動車のナンバープレートなども高額で売買されているという。アルファベットの付かない「1111」とか「8888」などという縁起の良い古い番号などは、1億円を超えるものもあるというのには驚かされた。
 住宅も例外ではない。香港では、所有権というのはない。全ての土地は国に帰属するので、不動産は全てリース借地権で成り立っているという。当然のことながら、そのリース料は大家である国に入る。そのため、マンションにしても、戸建にしても、手に入れようと思えば億を超えるどころか、何億というお金が必要になるという。
 例えば、香港島の海に面した一番新しい建設中の高層マンションの一番安く販売されている部屋の価格が日本円で4億円だという。日本の地価も世界有数であると思っていたが、香港の地価には驚かされるというか、もう我々庶民には想像さえできない世界である。その高価なマンションの部屋の多くが、競うようにして上海人によって買われていると聞き、また驚かされた。分不相応というかチグハグな感じで高級品を身にまとった多くのメイン・ランドからの中国人達が、香港を闊歩している様子を見ると、中国本土の経済成長振りを実感し、恐ろしささえ感じた。どうやって、4億円以上の高価なマンションをポンポンと買えるようなお金を手に入れているのであろうか? 不思議で仕方がない。同時に、その反面、生きることに苦しむ、貧困に喘ぐ人々が中国には沢山いることを考えると、再度何か恐ろしさを感じた。
 中国人は、生活に直結するモノに関しては、如何なる方法をとっても手に入れようとするらしい。東シナ海のガス田開発も、そういうことなのか? 急ピッチで経済成長を続ける中国にとって、天然資源の確保は最重要課題である。特に、生活に直結する燃料関係は、上記したような理由により、如何なる方法を使っても手に入れる必要があるモノという判断なのか。そうだとすると、彼らにとっては早いもの勝ち、先に手を付けた者のモノ、という感覚なのかもしれない。しかし、それは国際社会で通用することではない。もっと、日本の政府は、確固たる態度で臨むべきである。日本人の価値観と中国人の価値観が違うことは、生まれも育ちも違うのだから当たり前のことである。だからと言って、一方的に中国の言い分を受け入れることはまったくない。

 最後に、話は変わるが、上記したような中国人の価値観を見習わなければならないところも日本にはある。それは、昨今話題になっている消費税の問題である。何も、消費税が一律である必要はまったくないのではないか。何故、日本という国が住みにくい国であるかというと、日本には「夢」が無いからである。何故「夢」がないかというと、税金にしても一律に高すぎるからである。中国人の生きていくために直結するモノに税金はかけないという価値観は間違っていない。人間が生きていくためには、食べなければならず、水を飲まなければならない。文化生活をしていくには、ガスや電気を使わなければならないし、電話を使うことも最低限必要なことである。これらのことに、消費税をかけないという考え方は大いに参考にするべきである。その反面、贅沢品には大きな消費税をかけることは非常に合理的な考え方であり、公平であるように思える。同時に、経済を回すためにも、金持ちにも「夢」を与えるべきである。今の日本では、人より汗を流し血の滲む思いをして頑張っても、代替わりでは、財産の半分近く、場合によってはほとんど相続税で国にもっていかれてしまうと思えば、誰も頑張る気さえなくなってしまう。贅沢品に大きな消費税をかけ相続税があまりに高率にならないようにすれば、公平さが期待できる。金持ちばかりから税金を一方的に徴収することが、必ずしも正しいとは言えない。経済効率を保ったまま税収を上げる、そして公平さを保つことが大切である。そういう意味では、香港の税制には、参考にするべき部分も多いのではないか。「夢」の持てぬところに、経済発展も将来性もない。平和過ぎ、「自由」と「平等」を履き違えた今の日本には、「夢」を持てる余裕はないような気がしてならない。皆様は、如何お思いですか?
[PR]
by seizaikai_club | 2005-11-26 13:13 | 国際情勢
<< 靖国神社と追悼施設 NHK記者による連続放火事件 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧