政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

加害児童三人に「いじめ」を認めさせることの方が<大津いじめ自殺事件>

加害者児童三人に「いじめ」を認めさせることの方が<大津いじめ自殺事件>
2012年7月16日

 大津の中二児童いじめ自殺問題で、民事訴訟に於いて、加害児童三人が、それぞれが法廷でいじめを否認し、遊びであったと主張したとの報道があった。損害賠償請求が起これば、当然被告弁護人はいじめの有無を論点に法廷闘争を行う。だが、負けないために当然のことながら、加害児童たちにいじめの否認を迫る、これが彼ら加害児童の人生、将来にとって、どれだけ大きなことか。どれだけ彼ら加害児童の人生を狂わせることか、そのことを関係者である大人たちは認識する必要がある。確かに多額の損害賠償を請求されれば、それを避けるためにいじめの事実じたいを否認することになる。実際に否認した。だが、それは彼らが犯した罪に対して、嘘を強い、大人の都合で、事実を歪曲することになる。そのことが、彼ら三人に与える不幸であることを、彼らの親も、弁護人も理解するべきである。そもそも関係教師たちが、彼らを止められなかったから、こういう事態に発展してしまったのだが、被害者児童は自ら命を絶ち、今度は、加害児童たちもが、彼らに事実を隠ぺいさせ、嘘をつかすことになる。どれだけ、子供たちを踏みにじることになるか? そのことに思いを深く巡らせながら、裁判も、捜査も、日本中の親や大人、教師、政治家、教育関係者の全てが、真摯に受け止め、この事件を今後見守るべきである。彼ら子供たちの人生は、もう元には戻らない。救いは、このいじめが起こった学校の残された子供たちだ。彼らは、自らの判断で、勇気を振り絞り、中には自ら記名してアンケートに答え、声を上げている。彼らの行為を無駄にしないように、今後は大人たちが、もっとももっと真剣に子供たちに対峙し、解決に向けてこの国の大人たち全てで取り組まなければ、この国に未来はない。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-07-16 16:39 | 教育
<< 金正恩の立場と本音 大津いじめ問題にみる教育現場荒... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧