政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

象徴天皇制と中国共産党一党独裁制

象徴天皇制と中国共産党一党独裁制
2010年12月21日

 このことは以前から思っていたが、上手く書かないと本意に反して誤解を招きかねないので、筆を走らせることを躊躇っていた。だが、書くことにした。

 戦後日本は、日本の文化として歴史として天皇制を享受し、駐留米軍統治下に於いても、そのことは日本国民を一つにし統制するために必要不可欠として認められていた。これを崩壊させることは、日本の歴史を否定してしまうことであり、日本の存在意味さえも無くしてしまうことになる。何よりも、天皇家は、他の何処の国の貴族や王家とは比較にならないほど、従順で謙虚であり、この国と国民の存続のみを思い、戦後の厳しい環境を受け入れた。理由は、言わずと知れたこの国を守り、国民を一つにする目的のみであり、それ以外の如何なる思惑もなかった。そのことが、アメリカ占領軍にも伝わり、象徴天皇制が現在に至るまで受け入れられ、日本を安定した平和国家へと導いた。

 中国共産党一党独裁制は、ある意味この日本の象徴天皇制を参考にしているように私には思える。実質的に、中国は共産主義国であるにも関わらず、資本主義国のような自由経済が広まりつつある。それは、やはり13億人という中国の巨大マーケットが多くの可能性を含んでいるからにほかならない。孫子にあるような人海戦術なのだ。この13億人を纏めて置く限り、諸外国の企業等も、中国に平身低頭ある程度の許容範囲を示してくる。何故なら、これほどの巨大マーケットは地球上にインドを除いてないからだ。

 中国政府や中国人も、そのことをよく知っている。多くの中国人が、共産党政権のやり方には辟易としている。にもかかわらず、彼らは共産党の一党独裁は必要不可欠ともいう。極めて矛盾しており、理解に苦しむ。だが、これこそが、中国的合理主義であると私は思う。共産党一党独裁を崩壊させれば、間違いなく途端に少数民族による独立運動が起こり、中国は崩壊する。いや、崩壊はしないが分裂する。そうなれば、13億人というマーケット自体が崩壊することになる。そのことは、命より金を価値基準におく中国国民にとって最大のデメリットなのだ。よって、思想的には共感しなくなっても、共産党一党独裁を享受するという結論に達しているということだ。彼らに訊ねると、彼らは間髪を入れずに答える。「共産党以外に、この国の13億人を纏められる力はない」と。いうなれば象徴共産主義とでもいえるのではないか。

 形や意味は違うが、この辺に日本の象徴天皇制と中国の象徴共産主義制に、大いなる類似点を私は感じる。日本の場合は、歴史であり文化であるので、大いにこの方式は享受され違和感もない。だが、中国の場合は、歴史でも文化でもなく、ある意味ご都合主義的中国風合理主義なので、多くの危険をはらんでいるような気がいしてならない。しかし、中国人の底力は、そんなことをも乗り越える強かさかもしれない。思想では食えないが、金では食えるという中国的合理主義とは、そういう強さかもしれない。そんなことを思った。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-12-21 17:56 | 今日の独り言
<< 民主主義も、社会主義も、共産主義も ビル・リチャードソン ニューメ... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧