人気ブログランキング |

政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

尖閣問題、北朝鮮問題、関係各国の思惑が錯綜

尖閣問題、北朝鮮問題、関係各国の思惑が錯綜
2010年10月1日

 今回の尖閣問題の中国の対応は、国内事情も反映し、中国政府は日本に対して強硬な態度で臨んでいたということもあると以前お伝えした。my mixiで現在中国在住の「もんて」さんも、同じようなことをコメントされていた。昨日、親しくしている上海人から新たなる話が入ってきた。それは、今回のことは、独立運動に発展しかねない暴動を懸念してということと沖縄の基地問題に乗じてのことであったのではという見方である。国内極右勢力ならびにアウトロー勢力の動きが、少数民族の独立運動の起爆剤になりかねないことを懸念し、中国政府は対日強硬政策をとらざるを得ない形であったようだ。それだけではなく、水面下で北朝鮮問題に関しての話し合いを進める中で、アメリカ側は沖縄にアメリカ軍が基地を置く意味を、日本人に知らしめる意味での思惑が、中国政府の尖閣に対する思惑と合致した上での茶番であったという話だ。情報の正確性は非常に低いが、そういう話もあるということだ。

 国際社会でも頭角を現しだした中国にとって、北朝鮮の世襲問題等、中国にとって北朝鮮は目の上のタンコブになりつつある。だが、朝鮮半島が統一されてしまうと、直国境を隔ててアメリカの同盟国韓国が存在することになってしまう。それは、何としても回避しなければならない。だが、アメリカ側にとっても、軍事予算の問題もあり朝鮮半島問題は早期解決したい問題であり、朝鮮半島を占領しようとは思っていない。そんな双方の思惑が水面下で歩み寄りだし、北朝鮮を中国帰属の朝鮮自治区経済特区とし、金一族の亡命を中国政府が受け入れ、韓国人はパスポートのみで朝鮮自治区経済特区への出入りを制限されないという条件で、合意に向かって話が進みつつあるらしい。だが、問題は、一気に北朝鮮をその方向に向けるにはキッカケが必要であり、そのタイミングを計りながら中国‐アメリカ両国間で、水面下での工作活動が始まっているらしい。もちろん、朝鮮半島統一となれば、経済的に大きな影響を受ける韓国としても賛成で、一気にことが動く時期待ちということのようだ。そんな状況下で、沖縄基地問題が大きくなり、尖閣諸島での漁船船長逮捕事件が起きた。当然のことながら、こんな好材料を陰謀に利用しない手はない、というのが中国ならびにアメリカ側の諜報機関の思惑らしい。

 前述の「もんて」さんによると、「穏健派政治家の胡錦濤と温家宝でさえ、内政問題のガス抜きをしないといけないという事の表れじゃないでしょうか? 黒いことでも白くしなければ ヤバい状態が 中国国内に存在する事を感じます。 国慶節以降の彼らの動き次第でそれが判明すると思います。」とのことだ。暫く、両国の動きを注視する必要があるようだ。

 最後に、今回、中国メイン・ランドとは一線を画することを常々言っている香港人の中からも、尖閣問題に関しての言動や抗議行動があった。これは、中国アウトロー組織が、急激な経済成長で、経済的な力をつけ、政治的にも影響力をだそうと動き出した表れではないか。マカオの近代化計画成功で、裏組織に莫大なお金が流れだしたり、中国の経済世界戦略下大きな利益を得ている裏組織が、さらなる発展を目指してということもあるようだ。現実に日本でも、新宿歌舞伎町をはじめ中央線沿線では、中国系の裏組織が急成長しだしているようだ。中国は、文化的に水面下での裏取引は当たり前の国である。誠実穏健派で真面目な胡錦濤も温家宝にしても、彼らの力では抑えきれないほど、裏社会と多くの中国政治家とのパイプが緊密で太いということなのでは。そういう彼らの裏事情もあるのかもしれない。
by seizaikai_club | 2010-10-01 08:22 | 国際情勢
<< 沖永良部の山林を中国へ売却の動... 三代世襲の北朝鮮を中国は? >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧