政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

タグ:防衛省 ( 1 ) タグの人気記事

田母神元空幕僚長の論文問題

田母神元空幕僚長の論文問題
2008年11月29日

 昨晩、久し振りに「朝まで生テレビ」を観た。テーマは、「田母神元空幕僚長の論文」に関してであった。なかなか興味深い議論がなされており、最後まで見入ってしまった。

 この問題に関しては、問題が発覚した当時から、非常に興味深くその成り行きを見守っていた。何故なら、この事件は、我が国の現状に対し、多くの大切なことを問題定義しているように思えたからだ。

 まず、問題点から挙げてみる。第1番目の問題点は、田母神氏が執筆した論文の内容。第2番目は、その論文を公人でありながらその肩書のもと懸賞に応募したということ。第3番目は、防衛省の田母神氏へ対する処遇の是非。第4番目は、田母神氏があのような論文を書き、肩書付きで懸賞に応募し、しかも公の場で展開した言動。そして、最後の第5番目は、憲法ならびに自衛隊の在り方に対しての現場と国民の温度差という問題。大きく分けると、この5つの問題点であると私は思っている。

 第1番目の問題点、論文の内容だが、これに関しては、10人10色、人は皆それぞれの考え方や思想を持っている。どのような歴史見解を持ち、どのような持論を展開しようが、それは言論の自由で保障されている範疇でのことであれば問題はない。問題があるとすれば、それを取り上げた側にあると思う。田母神氏の立場や社会状況、また、国益を考慮して判断するべきことであると私は思う。ただ、これは、第4番目の問題にも繋がるのだが、「言論クーデター」的な発想を田母神氏がもし持っていたとすれば、その趣旨を嗅ぎ取った審査員である人々が、その臭いを嗅ぎ取り採用したことは、理解できなくもない。そのことの是非は別にしての話だが。
 歴史認識に関しては、昨晩の討論の中でも、確か松本氏が言っていらっしゃったが、非常に複雑なものであると私は思っている。何故ならば、一方向から決め付けることができず、多面的に検証し導き出さない限り、その答えはみつけられないのが歴史であると理解しているからだ。そして、その答えは、必ずしも1つではないということだ。
 何故ならば、歴史とは、多くの当事国や当事者達が、それぞれの思惑を持ち言動したことの積み重ねによって形成され増殖していくものだからだ。それを一国の単一的な思惑だけで判断することは、あまりにも危険すぎる。一国の歴史観にしても、単一的であるはずはなく、そこに関わった多くの当事者が、それぞれに違った思惑を持ち、言動していたことが積み重ねられ形成されているはずだ。そして、他人の心の内までは、誰も覗き見ることはできないのである。よって、正しい歴史観というのは、客観的に、しかも多面的に事実を検証し、それらを紡いでこそはじめて、いくつかの真実に巡り当たるようなものであり、これが正解であるというような数学的な答えがあるものではないと私は強く信じる。
 そうやって考えていくと、1つの歴史観が正しいと決めつけること自体が間違っており、非常に危険な思想構造であるように思える。それが、特に、あのような立場にあった人間が、自衛隊の教育機関においても、そのような偏った教育を行ってきたとすれば、それは大いに問題にするべきことである。
 彼がどのような思想を持ち、どのような歴史観をもとうが、それは勝手である。だが、幕僚長という公人になった瞬間から、言論の自由は保障されながらも、彼の責任として、国益に反さない範囲での言論のみが認められる足枷が掛かることは、ごく自然のことであり、そうでなければ国体を維持することはかなわない。ましてや、彼は我が国の自衛隊のトップであり、そこに連なる自衛官達に対し絶大なる影響力をもつ立場なのであるから。

 第2の問題点であるが、例え、公人であったとしても、論文を書くことも、それを懸賞に応募しようが、それは誰にも許された言論の自由の範疇であり、誰にも制約できることではない。だが、問題は、彼が公人としての肩書を使ってあの論文を発表し、それを公のものにしてしまったところにある。幕僚長の任命権は内閣にある。だとすれば、その内閣を選任したのは国民であり、シビリアン・コントロールという意味合いからしても、間接的にではあるが国民に選ばれた役職に彼は付いているのである。だとすれば、そのような肩書にある立場にある間は、個人的な言論を自由に勝手に発表できると理解し行動してしまうことに、大きな疑問を感じる。もし、意図的でないとすれば、非常に幼稚なことであり、そんな彼を選任した内閣にも大きな責任があると言わざるをえない。だが、私には、今回の田母神氏の肩書付きの論文発表は、意図的なものであったような気がしてならない。
 何故なら、幕僚長にまで昇りつめたエリート中のエリートが、そのようなことも理解できないはずがない。ましてや、今回の論文を採用した懸賞の主催者である民間企業アパの会長と田母神氏は、知人以上の深い関係にあったことは周知の事実である。だとすれば、ある意味、これは確信犯的な行為であったに違いない。アパの会長も、田母神氏も、全て承知の上で、大きな議論を巻き起こすことを意図した上で行った、「言論クーデター」であったと私は感じている。でなければ、どうしても理解しきれない部分があまりにも多すぎる。
 現代社会において、226事件のような武力行使によるクーデターを日本で起こすことは、現実的ではないし共感を得られる行為ではない。しかし、退廃しきった日本に疑問符を投げかけるべく、田母神氏は「言論クーデター」を発起したのではないかと私は思う。そして、そのことに共感したアパの会長が、そのチャンスを与えたのではないか。そして、その言論クーデターに連なった将校達が、あの懸賞に応募した97人の同士であるような気がしてならない。記者会見での田母神氏の発言に、「もし私が指示を出していれば、1000人の自衛隊員が応募したであろう」という言葉は、彼の軍人として、指揮官としての自信をみなぎらせていた。そして、語調は静かであったが、恫喝的な響きを感じたのは私だけでないはずである。
 これが、もし、田母神氏が親しいアパが主催した懸賞でなく、肩書も付けられていなければ、それは言論の自由の範疇であり、何も問題になることでもなく、誰もそれをとやかく言えることではなかったはずだ。

 次に、第3番目の、事件発覚後の防衛省の対応には、いささか問題があったように思う。だが、知恵者がいることもわかった。誰をも傷付けず、あのような形で、事実上田母神氏を更迭したことはアッパレとしか言いようがない。退職という形であれば、彼の経歴にも傷が付かず、防衛省側にも、内閣側にも、余波は少なくて済むという咄嗟の判断であろう。あの判断は、内閣総理大臣と防衛大臣、そして、自衛隊トップによるものであることは明白だ。中でも、内閣総理大臣の判断が大きく影響したことは見てとれる。多分、公にはされていない内部事情か事実があったはずだ。彼らは、田母神氏の今回の行動が、「言論クーデター」であるという確証をえる何か具体的な事実を把握していたのだと思う。でなければ、あのように俊敏に対応はできず、またあのような対応は大きな問題になっても不思議はない。内閣府の危機管理体制が機能していることが、皮肉にも実証されたのではないか。

 続いて、第4番目の問題点であるが、これは上記した通り、肩書をださず、親しい知人が主催する懸賞でなければ、何の問題もなかった。誰がどのような思想を持とうが歴史観を持とうが、それは言論の自由で保障されている。だが、親しい知人が主催する懸賞であることを知っての応募である以上、これは意図的であり、確信犯的な色合いがあまりにも強すぎる。しかも肩書を付けての発表である。幕僚長は自衛隊の最高トップである。許されることではない。村山談話をどうとらえるか否かの以前の問題である。侵略国家云々の以前の問題である。これは、間違いなく「言論クーデター」の何物でもない。私は、そう思う。マスコミの捉え方は、あまりにも温過ぎる。政府が、この件に関し、あまり口を開かないのは、「クーデター」であるという認識で対応したからに他ならない。そして、彼らがそのような認識を持つ具体的な証拠を掴んでいたはずである。田母神氏に連なる同士がいたこともである。そのことは、今後の内部での人事を見れば、徐々にあぶりだされてくるはずだ。だが、公になれば混乱を招くことなので、直ぐに一気に行われることはないであろう。隠密裏に、粛清されるはずだ。そして、それが終わった後、今回の田母神氏の論文発表に関する真実が、我々の目にも明らかになるであろう。私は、そのように思っている。

 そして、最後の第5番目の問題点である。これが、一番重要な問題点である。この自衛隊の存在意味と憲法に関する問題が、あやふやなまま等閑にし続けられているから、このように制服組より問題定義をするような「言論クーデター」が起こるのである。そのような彼らの心情は、充分に理解できる。何故なら、世界でも屈指の軍事力を自衛隊という看板の元保有する日本でありながら、自衛隊が憲法に違反せず行える行為は、未だに災害救助がいいところだ。万が一、領海侵犯した第3国の侵略者に銃口を向けられても、現場の自衛官は引き金を引くことを躊躇わなければならないというのが現状だ。そのような不公平な環境で、どうやって国益を死守するべく自衛官達は身体をはれるというのだ。そこの所に、一番大きな問題があり、また、そこのところに大きな疑問を抱いている現場の自衛官達は、少なからず田母神氏と同じようなフラストレーションを抱えつつ日々任務に当たっていることは間違いない事実だ。
 大体、自衛隊の存在意味は、国益を守ることであるにもかかわらず、憲法で何もできないように縛られているのでは、彼らの存在意味さえ疑問視されて当然である。にもかかわらず、軍隊を所有する他国に比較しても、絶大なる兵器を所有しているのが日本である。ここにも大きな矛盾を感じる。それだけ大きな予算を防衛に費やしているにもかかわらず、憲法ではその防衛費を無駄にしてしまうような形になってしまっている。このことが、日本の国を腑抜けにしている元凶であるといっても過言ではない。
 日本がしなければならぬことは、腑抜けになることではなく、世界で唯一の被爆国であることを自覚し、核廃絶を全面に打ち出すことである。そのことが、必ずしも自衛隊を否定することや、憲法改正を否定することにはならない。そこのところを正しく認識して変革をもたらさない限り、この国は、本当の意味で国としての体をなさない。いつまでも、敗戦国、アメリカの属国というレッテルを拭い去ることはできないのである。一部の浅はかな平和主義者の意見に左右され、本質を見失っては、この国自体が間違った方向に進んでしまう、そのことを多くの自衛官達は懸念しているのである。
 そのことは、アメリカも感じている。だからこそ、アメリカは二隻もの空母を日本近海に配備したりしているのである。現行の憲法下では、当然のことながら先制攻撃につながる空母を日本は保有できない。だが、国防という観点からしても、日本にとって空母が必要な艦船であることは間違いない。これだけ、複雑で緊張した位置にある国なのだ。国防戦略的にいえば、不自然なことではない。だからといって、空母を所有したり憲法を改正したりしたら、日本の国がまた戦争に向かうということは、99%と有り得ない。そのことは、日本人自身が一番よく理解しているはずだ。
 最近、横須賀を母港とする空母以外にも、もう一隻アメリカの空母が佐世保を根城に日本近海に配備されている。これは、ある意味アメリカからの外圧ではないかと私は思っている。言い方を変えれば、セールスである。日本も空母を持ちませんか、というアピールである。そして、それは、憲法を改正し自衛隊を自衛軍に改定したらどうですか、という外圧であると私は感じている。
 インデペンデンスすなわち自立ということを最も重んじるアメリカからしたら、日本にとっての次のステップは、アメリカの属国から脱却し、名実ともに独立国になりなさいということなのだ。名実ともに破綻しつつあるアメリカからの、そのような意志表示ではないかとさえ私には思える。そんなことを、現場の自衛官達は、特に田母神氏のような幹部の人間達は、肌で感じている。だからこそ、今回の田母神氏のようなトップが、あのような「言論クーデター」を起こしたのではないか、と私は思う。何故なら、彼らからしたら、あまりにも現実と、現場と、国民や政治家との間に、大きな温度差があり、そのことが彼らにとっては大きな不満でもあり危機感でもあるのだ。そのような不満と危機感が、エリートであるはずの田母神氏を「言論クーデター」へと駆り立てたに違いない。それは、彼の愛国心からくるものではないかと私は理解する。
[PR]
by seizaikai_club | 2008-11-29 16:13 | 今日の独り言

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧