政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

タグ:本能寺の変 ( 3 ) タグの人気記事

明日まで無料キャンペーン開催中です。宜しくお願い致します。

明日まで無料キャンペーンです。コメント、リビュー書き込んでいただけると幸いです。【信長ファン必見! 2日間限定無料ダウンロード】
ブクリパ出版記念として電子書籍「海乱鬼王 信長 」を以下の2日間限定で無料になります。
日時:2014年9月12日17時頃~13日17時頃まで
書籍URL:http://www.amazon.co.jp/dp/B00NGANBCU

【書籍内容】
明智光秀の謀反で本能寺で死んだはずの織田信長が、実は本能寺から脱出し、日本から出奔していた。
淀川を下って堺の港に停泊していたポルトガルの貿易船に乗せられ、日本をおいだされたのだ。
デウスを唯一の神と信じるバテレンたちは、自分のことを神と呼び人々を従わせる信長の存在が、邪魔になった耶蘇会は、陰謀を巡らせ明智光秀や諸将を誑かし陰謀に加担させたのだ。
バテレンたちは、キリシタン大名を増やすことで、当時宗教鎖国されていたシナへの布教の足が掛かりに日本をしようと企んでいたのだ。
そして、まず信長を排除しようと追いだした。
だが、七転び八起きの信長は、これは天命だと、この機会に世界を見てみようぞ、と災を転じさせ福となしたのだ。
乗せられたポルトガル貿易船は、実は奴隷貿易船だったことに怒った信長は、まずその船をシージャックした。
そして、新たな冒険時代巨編はスタートするのであった。
<作品紹介動画>
https://www.youtube.com/watch?v=4ERMaBBHPTY
<作品の一部はこちら>
http://www.bookrepublic.jp/gemstone/22
あなたの「応援」が電子書籍になるブクリパ
[PR]
by seizaikai_club | 2014-09-13 07:35 | 歴史

歴史小説「海乱鬼王 信長」  本能寺の変外伝  織田信長外遊見聞録


http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=node%3D2275256051&field-keywords=%E6%B5%B7%E4%B9%B1%E9%AC%BC%E7%8E%8B%E3%80%80%E4%BF%A1%E9%95%B7
Amazon kindle Books 「海乱鬼王 信長」(カラギオウ ノブナガ) 

 織田信長は、本能寺の変で、明智光秀に殺されたと言われている。だが、実際には、信長の亡骸はどこにも残っていない。本能寺と共に、信長の亡骸も灰となったのだろう、とずっと言い伝えられてきた。しかし、それは本当だろうか。明智光秀は実行犯ではあるが、主犯ではなかったのではないか? 数々の疑問が残る。

 実は、信長は本能寺の変から生き延びていた。だから亡骸も見つからなかった。必至に光秀は亡骸を探した。だが、見つかるはずがない。光秀が本能寺を急襲した時に、本能寺にいるはずの信長は既に本能寺にはいなかった。それでは、誰が信長を救い出したのか。

 決して救いだしたのではない。信長は、究極の選択を迫られていた。その選択を迫ったのは、他でもない。イエズス会のルイス・フロイスだ。

 フロイスは、私と一緒に逃げなければ、間もなく明智光秀によって謀反によって急襲され殺される。信長は、「何故明智が?」とフロイスに問い返した。するとフロイスは、「私が諸将に謀反の協力を申し入れ、明智様をそそのかしたのです」と答えた。多くの武将は、信長を良く思っていなかった。そんな状況下、光秀は朝廷を大切に思っていた。そんなそれぞれの思いを理解した上で、フロイスは陰謀を企て実現することができた。

しかし、どの諸将より狡賢く立ち回ったのは秀吉であった。朝廷も、秀吉も、自ら手は下さなかった。だが、明智の謀反を黙認した。なのに、秀吉は、諸将に恩を着せ、その恩を後に払わせた。

 フロイスは信長に続けた。「それだけではありません。光秀だけでなく他の武将たちもそそのかし、陰謀を企てました」皆、それぞれの利害を考慮して、私の企てに「否」は言いませんでした。秀吉様も、例外ではありません。
 信長は続けてフロイスに問い質した。「何故そなたは、ワシを殺そうと思ったのだ」間髪を入れずフロイスは答えた。「ゼウス様のためにです」。信長は、「ゼウスのためと
な?」とすかさず問い返した。するとフロイスも、すかさず返した。「信長様が、ご自分を唯一神だとおっしゃったからです。神様は、唯一ゼウス様だけだからです」。「だが、それではな何故ワシを助ける?」「ゼウス様は、何人も殺めることを望まないからです。それと、私は信長様が好きです。殺したくはありません。ですが、イエズス会は違います」。豪放磊落な信長は、迷うことなく、「よしわかった。ワシはそなたに従うとする」「はい、信長様」「そのかわり、ワシを楽しませるのだぞ。よいな」。フロイスは、「かしこまりました。それでは、この上ない楽しい旅を用意します」と言った。

 フロイスに連れ出された信長は、フロイスが用意した小舟に乗り込み、鴨川を下った。そして、堺へと辿り着いた。そして、堺に辿り着いた信長は、大きい帆船に乗り換え、一路長崎を経て外洋へと出立した。

 その頃、世間は大騒ぎだった。明智光秀が本能寺を急襲し、信長の首を取ったとの噂が日本中を駆け巡った。毛利軍と対峙していた秀吉にもその知らせは届いた。しかし、秀吉は、既にそのことをフロイスより知らされていた。既に京都へ向かって大軍を率いて上る手筈もできていた。秀吉は、親代わりのような信長を殺めることには加担したくない。だが、信長様を生かして日本より追放するのなら、加担して良いとイエズス会の陰謀を受け入れた。しかし、その後のことは、秀吉自身で切り開くと付け加えた。イエズス会も、秀吉の案を許諾した。

 今後は、誰が信長の跡を取るかという戦になることは必至であった。その有力候補が秀吉であった。フロイスは、徳川家康へも話を持ちかけていた。だが、用心深い家康は、話にのってこなかった。もとよりフロイスは家康の人柄を承知していた。だが、家康は、必ず京都の側でその様子を確かめるであろうと踏んだ。

 案の定、京都にいた家康は、一目散に京都を後にし逃げ出した。フロイスは、西洋人の得意とする陰謀を企てたのだ。一人で行うのではなく、複数の利害が関わる人間を巻き込み陰謀を行うことで、誰が主犯かを煙に巻く方法だ。だが、皆利害関係で、参加する。だが、部分ごとに関わるので、全容を把握している人間はフロイスとイエズス会しかいない。信長暗殺の陰謀は、フロイスではなくイエズス会が主犯で企てた陰謀であった。

 勿論、陰謀の被害者である信長にも、利害を生まなければならない。信長にとっては、もう狭い日本で天下を取っているような小さなことは、面白くなかった。そんな信長を納得させる術は一つ。日本以外の世界を見聞させることだ。案の定、迷うことなく信長は、フロイスの提案にのってきた。迷わず、フロイスに唆され日本を出奔した。

 京都から堺へ移動した信長は、大きな帆船に乗り換え、平戸へ向かった。平戸では、マカオ、ゴア経由でヨーロッパへ帰るポルトガル奴隷貿易船に乗せられた。信長が乗船しているなど、誰も知る由もなかった。そして、マニラ経由で香港マカオに向かうはずの信長一行は、難破してマナドへ辿り着いた。

 マナドに辿り着いた信長一行は、既にポルトガル貿易船を手中に治めていた。だが、このままでは水も食料もなく困っていたところ、夢の楽園のようなマナドに辿り着いた。

 マナドには、温厚なマナド人が住んでいた。だが、金脈を探しにポルトガル人たちが、土足でマナドの人たちの生活を踏み荒らしていた。女達は、無理やり犯され子供を産まされ、マナドの人たちの主食のトウモロコシもほとんどポルトガル人に盗られてしまっていた。困り果てていたマナドの人たちは、信長一行に、金を探しにジャングルの奥地に出掛けているポルトガル人を、マナドから追い出して欲しいと懇願した。

 最初は、マカオやヨーロッパを見聞しなければならない信長は、二の足を踏んだ。しかし、心優しいマナド人たちへの恩返しと、コブラに?まれ命を落とした小姓の森三兄弟の一人の菩提を弔ってもらいたいために、ポルトガル人をマナドから追い出すことをマナドの人たちと約束する信長であった。
[PR]
by seizaikai_club | 2014-03-06 01:23 | 歴史

幕府が恐れたキリシタン

「幕府が恐れたキリシタン」
文:恩田将葉  

 支倉常長と伊達政宗の思惑ということを中心に筆を進めることにする。

 そもそもこの流れは、元を正すと「本能寺の変」から始まった。いや、織田信長がイエズス会の目と耳を通し世界を知り、実際に世界を見聞したいという夢を膨らませた時から始まったと私は思っている。

 そして、「本能寺の変」で日本中を震撼させたイエズス会が、この頃の「陰謀の方程式」を解く鍵となっていることをまず理解しなければならない。
 
 あの時代、そのことは巷でも噂された。だが、長い年月に埋もれてしまい。その事実を検証することは難しくなってしまった。

 ただ間違いなく、全てを見聞していた家康をはじめ日本の諸将たちは、ある者はイエズス会を利用し、またある者は距離をおいて見守った。

 だが、徳川幕府は、一六三七年に起こった「島原の乱」を利用して、キリシタンを弾圧することになった。過去に起こった事象を検証すれば、幕府としては当然といえば当然の措置であった。しかし、歴史という大河の流れの中では、川面に映る建前だけが残ってしまい、悲劇の青年天草四郎という名前のみが一人歩きした。全ての真実は、歴史の汚泥として埋もれてしまったのだ。私はそう考えている。
 
 そういうことを理解した上で、支倉常長と伊達政宗の野望を繙くことにする。支倉常長とは、伊達政宗の家臣で、慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航した人物である。

 ローマでは貴族として認められ、ドン・フィリッポ・フランシスコという洗礼名まである人物だ。常長は、伊達政宗の夢と野望を一身に担いヨーロッパへと旅立った。

 そもそも、政宗十六歳の春に、「本能寺の変」が起こった。誰も予期せぬ大事件であった。あの織田信長が謀られたのだ。多感な政宗は、世間では何が起こっているのだ、と興味をそそられた。信長を謀った明智光秀は、謀反を企てるような人物ではない。だが、間違いなく実行犯である。その背後には、一体何があったのか政宗は知りたがった。

 そして、政宗は、明智光秀に近い位置にいたイエズス会に鍵があるのではと疑念を抱いた。複数の人間の利害を合わせて陰謀を企てるのは、西洋人のやり方である。信長に心中異を唱える者が多いこと、信長が自分を神としてイエスを冒涜したことにより、「本能寺の変」を企てたのではないかと陰謀の方程式を政宗なりに繙いた。

 そんな理由から、西洋に興味をそそられもっと西洋のことを知りたい、西洋との交易を仙台の地で行いたいと政宗の夢は広がった。そして、支倉常長を慶長遣欧使節団としてヨーロッパに旅立たせたのであった。

 伊達政宗が、「本能寺の変」をキッカケにイエズス会やキリシタンのことに興味を惹かれたのと同じように、徳川家康もイエズス会やキリシタンを油断ならぬ存在と注視した。付かず離れずの距離感を保った家康は、開幕以来、キリシタンとイエズス会が要注意であることを秀忠や家光に伝承した。

 人一倍用心深い家康は、幕府が安泰であるためには手段を選ばなかった。参勤交代制度をはじめ譜代の大名たちが大きくなり過ぎないように賦役をかけ、必要以上に財を貯めこまないようにしていた。

 それどころか、徳川家の人々以外には動物性タンパク質をとらないようにして、日本人の体型まで変化させてしまった。安土桃山時代までの鎧と徳川幕府時代の鎧の大きさを比較すれば、日本人の体型がいかに短期間で変わったかということは一目瞭然である。

 ウサギを一羽二羽と数えるのは、その頃の名残である。四足の生き物を食べてはいけなかったので、人々は知恵を絞って動物性タンパク質を摂ろうとした。ウサギの耳を羽と見立てて、ウサギは二本足の生き物として、世間の人々はウサギを食そうとしたのだ。

 話が横道に逸れたが、そのような幕府の政策と農作物の不作によって、人々や諸大名の生活は苦しくなった。そして、そんな状況の中で民主化を唱えるイエズス会のキリシタンたちは、農民や一般市民を扇動し一揆を企てたのである。これは、まさしく西洋人的な陰謀の方程式にあてはまる。

 そして、危機感を募らせた幕府は、島原の乱で、一気にキリシタンを一掃してしまおうと企てたのである。島原の乱を抑えこみ、キリシタンを一掃すること自体を宣伝し、日本国中にある不穏な動きを封じ込めようとしたのだ。そして、そのことは功を奏した。

 理不尽にも、キリシタンは弾圧され一掃された。ある意味、本能寺以来家康が懸念していたイエズス会による数々の陰謀が遂に一掃されたのだ。だが、同時に、徳川幕府による封建制度が幅を広げ、十五代将軍徳川慶喜による大政奉還まで民主化という道は遠のいた。

 しかし、ある意味、徳川幕府時代を経たことで、明治維新をキッカケに民主化の道へと進んでいくことができた。

 最後に夢を抱いて渡欧した支倉常長のその後を記しておく。奇しくも帰国後は、徳川幕藩体制にあり、幕府がキリシタン弾圧を推し進めようとしている頃で、常長没後十五年で島原の乱が起こった。ある意味不遇な人生を送らなければならないことになってしまった。

 しかし、ヨーロッパという別世界を見聞した常長にとっては、帰国後ではなく、ヨーロッパ滞在中が、彼の人生で最も輝いた時代であったのかもしれない。

 常長同様、西洋への憧れと夢を無残にも打ち崩された政宗の人生も、仙台という地の利を得ない境遇とでも言おうか、伊達者と言われた派手さとは反比例して、実際には花開かない人生であった。

 勿論、多大の功績を残した。だが、自分の思い通りにならなかったことも多く、人一倍気性が激しく正義感が強かった分、心残りも多かった。そのことは、彼の辞世の句にも表れている。「曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く」
[PR]
by seizaikai_club | 2013-06-07 22:53 | 世界の中の日本

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧