政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

タグ:慰安婦発言 ( 1 ) タグの人気記事

心の声

「心の声」

 今般の橋下市長による慰安婦発言に於いて、感じることがある。それは、自分の「心の声」に耳を傾けるべきということだ。
昨今人々は、このことを忘れている。多分平和過ぎ、恵まれ過ぎて、素直に自分や他人の心の声に耳を傾けられなくなっているのだろう。
橋下氏の発言を一字一句逃さず読んでみれば、世間で今騒がれている問題など一つもないことが解る。彼は、男尊女卑的な発言はしていない、女性を蔑視していることもない、歴史を偏向して発言してもいない。ただ、発言を部分的に切り取って読めば、確かに報道されているような印象を受ける。だが、彼の発言の本質とは全く違う発言が報道され、捏造されている。
 そもそも、参議院選挙の直前だ。最初から、維新の会と橋下氏を陥れるための陰謀だと思っていた。だが、陰謀だとしても、日本以外の国々に於いても取沙汰され批評されれば、陰謀も成功だ。実際外国人記者クラブで、橋下氏は不本意ながらアメリカや慰安婦の女性たちに謝罪した。
私は、陰謀が為されるには「陰謀の方程式」があると、かねてから主張している。一個人が為す陰謀は、絶対に成就しない。だが、複数の人間の利害が合い起こった陰謀は成功し、時として歴史をも動かすことがある。アメリカで言えば「ケネディー大統領暗殺事件」、日本でいえば「本能寺の変」などはその代表的な事件だ。「陰謀の方程式」に関しては、別の機会に触れることとする。
 橋下発言報道に関しても冷静に見聞すれば、自ずと橋下氏が無茶苦茶なことを言っているのではないことが理解できる。ただ彼の長所でもあり短所でもある、本音で発言してしまったということが唯一の問題点だ。アメリカは、人権や差別に敏感に反応する国だ。それは、嘗て彼ら自身が大変な時代を経験しているからに他ならない。特に、オバマ大統領は、マイノリティーから初の大統領だ。綺麗事の建前論でしか発言できない。
 今回の発言は、今まで建前論でしか触れてこなかった慰安婦問題を、橋下氏が本音で発言したことで、大きな一石を投じたと私は発言直後に称賛した。ところが、反橋下を標榜するジャーナリストとメディアが、フェミニストと結託して鬼の首を取ったかのごとくに報道撹拌し、彼らに踊らされた人々が、橋下発言の一字一句を全て読むこともなしに、男尊女卑だ、人権蹂躙だと騒ぎ立てた。メディアの影響力を、今回ほど感じたことはない。
 一人ひとりが、偏向せず彼の発言を一字一句逃さず読み、自分の良心、心の声に耳を傾け道徳心を呼び覚ませば、こんな事態にはならなかった。
[PR]
by seizaikai_club | 2013-06-07 22:46 | 政治

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧