政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

タグ:宰相 ( 1 ) タグの人気記事

Kindle連載「総理大臣のお仕事」

http://www.amazon.co.jp/Kindle%E9%80%A3%E8%BC%89-%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E6%81%A9%E7%94%B0%E5%B0%86%E8%91%89-ebook/dp/B00ITKD53M/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1394119166&sr=8-1&keywords=%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B

kindle連載「総理大臣のお仕事」 恩田将葉著

 世界中には、二○○ヶ国弱の国が存在する。それらの国々には元首がいる。元首は、その国のシステムや成り立ちによって異なる。例えば、アメリカであれば大統領だ。お隣韓国では、大統領がおり、その下に首相がいる。イギリスは、女王陛下がおり、その下に首相がいる。日本の場合は、戦後、天皇陛下は象徴天皇になったので、総理大臣が元首ということになる。

 そんな総理大臣は、言わずと知れた日本の最高権力者である。勿論、国民にとっても大切な存在なのだ。その割に私たち有権者は、総理大臣とは何をし、何を考えているか、どんな行動をしているのか、ほとんど知らない。総理大臣がいる首相官邸はどんなところか、総理大臣の周囲には、どんな人たちがいて、どんな仕組みで政治が行われているのか、何も知らない。

 また、総理大臣の私生活はどんなものか、どういう人たちと友達で、どういう人たちと親しくしているのか、知っているという国民の方が少ないはずだ。そんな状況下、本来であれば、この国の最高権力者であり、我々の代表である総理大臣の表の顔だけでなく、裏の顔も知る必要があるのではなかろうか。

 莫大なカネをどんな方法で集め、どうばらまくのか。テレビのニュースなどでも頻繁に目にする身近な存在であるはずの総理大臣のことを、我々有権者は、案外何も知らない。身近でありながら、実は一番遠い存在であることに気付かされる。

 文字通り、血みどろの権力闘争を勝ち抜き手に入れた総理大臣の座を射止めた最高権力者とそれを取り巻く人々をよく観察してみると、案外、意外なほどに人間臭く、弱みや醜さなどがそこ此処に見え隠れする。

 いずれにしても、総理大臣と官邸を舞台にしたドラマが、永田町では日々演じられている。二十四時間眠らずに繰り広げられるそんな「政治」というドラマの主人公は、紛れもなく総理大臣だ。このドラマを十分に理解するためには、総理大臣という役柄を、十分に知っておく必要がある。総理大臣の本質を理解できていなければ、この「政治」というドラマ事態の本質を理解することさえ難しくなる。

 そんな思いから、複雑怪奇で秘密のベールに包まれた最高権力者の実態に、少しでもメスをいれようと思い立ち、本書を出版させて頂くことになった。
[PR]
by seizaikai_club | 2014-03-07 00:30 | 政治

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧