政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

安倍総理の外遊と総理の資質

安倍総理の外遊と総理の資質
2013年5月4日

 安倍総理が2012年12月26日に就任してから半年が過ぎた。ハッキリ言って、ここまでは期待通りだ。小泉総理以来、日本にはいないアメリカ的な行動力と決断力のある総理として、着実に実績を積み重ねてきた。このままいけば、長期政権も夢ではない。
一番の評価点は、有言実行ということではないか。理屈は言わず黙って実行する。その姿に、国民は少なからず満足感を得ている。本来、一国の元首というものは、こうあるべきである。
しかし、今までの日本政治という土壌では、こんな総理が生まれなかった。勿論、形は違うが田中角栄のような行動力のある総理も存在した。だが、アメリカを始めとした欧米諸国からも、理解されるような総理大臣は残念ながら小泉元総理をおいて他にはなかった。
 先日起こった猪瀬東京都知事によるニューヨーク・タイムズ紙での失言問題も、外遊先のイスタンブールでナイス・フォローした安倍総理の機転。正に、波に乗っており、全てが上げ潮という感じがする。このまま調子よく進んで行ければ、憲法改正、九十六条問題も、乗り越え成就するのではないか。
 外交問題でも、迷わず不言実行を貫き通している。尖閣問題にしろ、北方領土問題にしろ、安倍政権下で、ある程度の方向性がでてくるのではないかと思う。
 政治はタイミングが非常に大切だ。タイミングを逸しては、成ることも成らなくなる。政治家の大きな資質の一つに、チャンスを掴む力がある。逃さずチャンスを掴み、間髪を入れずに行動することで、結果を導き出すということだ。熟考することも大切だ。だが、熟考し過ぎてタイミングを逸してはダメなのだ。そういう意味でも、安倍総理は総理としての資質、チャンスを掴む力を持っている。そして、行動する力も兼ね備えている。
 これが、第一次安倍内閣では、同じことは為せなかったであろう。二度目の覚悟が、安倍総理を一回りも二回りも大きくしているように思う。そして、そのことが日本にとっても、良い方向に働いている。
 今回の外遊で、そのことを見て取ることができた。そもそも、他国の元首特にアメリカの大統領と比較すると、日本の総理は今まで手枷足枷で、トップ・セールスを為せた首相がいなかった。一つには、日本人独特の変な柵と遠慮が、そうさせていた。だが、今回の外遊では違う。これは、大いに評価すべき点である。
 そして、水面下では、武田二十四将よろしく、閣僚陣を世界中に派遣して二の手、三の手を打っている。この戦略は非常に有効であり、その結果は後に必ずでる。大いに期待したい。
[PR]
by seizaikai_club | 2013-05-04 12:00 | 安倍新政権

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧