政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

緊迫する北朝鮮情勢

現代視点 2013年3月号(3月10日発行)
緊迫する朝鮮半島情勢

北朝鮮が、三度目の核実験を行い、その上、「アメリカが北朝鮮に対し核への導火線を点ければ、我々もアメリカ本土を攻撃するだろう」と金正恩は息巻いた。また、韓国との不可侵合意を全面的かつ一方的に破棄し無効にすると挑発してきた。これに対し、中国、ロシアも含め、朝鮮半島の非核化を求め、国連安保理に於いて制裁決議案が全会一致で可決された。このとこは、金正恩の存在自体が、首の皮一枚で繋がったとさえいえる。
確かに、過去にも北朝鮮のこのような挑発行為は数限りなくあった。しかし、実際に、実行されることはなかった、と多くの評論家は楽観的なコメントをしている。
だが、今回はちょっと状況が違うように思う。まず、核実験に先立って、事実上大陸間長距離弾道ミサイル実験を成功させている。このことによって、北朝鮮から発射されたミサイルが、遠くカリフォルニア、ロサンジェルスの辺りまで着弾する可能性が出た。そんな矢先に、三度目の核実験も成功させ、今回は核弾頭として使用可能な核実験に成功したと発表している。
このことは、直接的にアメリカ本土に危機を及ぼすことで、アメリカがなおざりにしておくとは思えない。危機が存在するならば、事前にその危機を排除する対応を為すことは、アメリカの危機管理という観点から、最優先課題と位置づけられている。ということは、裏を返せば、金正恩が虎の尾を踏んだことになる。いや、踏まされたのかもしれない。
今まで、故金正日は、ギリギリの線で一歩を踏み外すことはなかった。そのことで、アメリカは、北朝鮮に翻弄され続けてきた。
だが、今度の金正恩がやっていることは、明らかに見返りを得るのではなく、自分自身の首を絞めていることだ。その証拠に、国連安保理で制裁決議が、中国、ロシアにも受け入れられた。前代未聞であり、このとことは、裏を返せば、アメリカに危機回避のための軍事行動へ対しての大義名分を与えていることになる。そのことに気付いてないのだとすれば、金正恩は愚か者である。あるいは側近に陰謀を企てている者が複数存在するとしか思えない。そして、そのことの裏で糸を引いているのは、中国かもしれない。アメリカによる核施設及びミサイル基地へのピンポイント攻撃。そして、金正恩の暗殺掃討作戦。あり得ることだ。
どちらにしても、朝鮮半島情勢に新たなる動きが起こる予感がする。そして、そのことが、極東の平和維持バランスに大きな影響を及ぼすことは間違いない。それは、中国が日本海への道を確保するということなのだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2013-04-01 00:52 | 朝鮮半島情勢

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧