政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

国際詐欺事件のその後

国際詐欺事件のその後
2012年3月30日

 クライアントである被害者には、情報を送付してしまったパスポートを失効し、新規再発行をさせました。外務省にも通報しておりましたが、返答がきて、事件自体には、何もできない旨の知らせが予想通りきました。警察と消費者センターに届けるようにとの指導がありましたが、実際には、消費者センターや警察では埒があきません。パスポート自体は証明能力を有していないので、例えパスポートを最発行したとしても、流れてしまった個人情報に対してはどうにもでききないとの見解をしめされました。しかし、実際には、パスポート偽造という可能性を考えれば、パスポートを最発行してもらうことが、被害者がトラブルに巻き込まれないための危機管理ということは理解できるはずですが、日本の外務省には、そのような意識はないようです。警察にも、話はしましたが国際的な事件なので、取り合う様子はありませんでした。そのような状況下、現状どのような動きかというと、まず、犯人が利用しているインドの大手金融会社に、貴社名を騙っての国際詐欺事件が発生している旨を伝え、証拠類等を提供しました。社名を騙られているインドの金融会社から、インドの司法当局に捜査依頼をするという方法を取りました。あとは、こちらが送金準備ができたと知らせ、犯人側の振込指定銀行口座を入手するという段階になりました。後は、同時に、インドの司法機関がインターポールを使ってチュニジアとリビアに捜査依頼をするということになりました。今回のケースは、同様国際詐欺事件が頻発している国際出会い系サイト「Japana Cupid」というサイトから始まった事件です。どうぞ皆様ご注意ください。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-03-30 19:42 | 世界の中の日本

新手の419国際詐欺事件類似詐欺事件発生に伴う日本人への注意喚起

新手の419国際詐欺事件類似詐欺事件発生に伴う日本人への注意喚起
2012年3月28日

 オーストラリア、ゴールドコーストで運営管理されている国際的出会い系サイトJCにて、日本人をターゲットにした、国際猜疑事件が頻発している。基本的には、419詐欺事件に非常に類似した内容であるが、世界の現状にマッチした新手になっている。その舞台はインド、ニューデリーのメガバンクに酷似した社名で、勘違いするように仕組まれている。仕掛けてくるのは、リビア人女性、カダフィ大佐の死後、リビアは民主化が進み、カダフィ政権下大臣に就任していた父親が身柄を刑務所に拘束され、自らのリビアでの命も危うく、国外に単身脱出し、新しい生活を日本で始めたいというようなものだ。直ぐに直メールアドレスが送られてきて、全てが始まる。非常にリアリティーがあり、信じてしまいそうな内容だ。刑務所にいる父親は、娘のためにインドのの投資顧問会社の個人口座には6,000,000USドルが預金してあり、その金を日本に送りたいので受け取ってくれということだ。金が到着次第、自分もエジプトのカイロにバスでリビアを脱出し、カイロ経由で日本に移住するので結婚して子供を作り、家族を作って欲しいと、そのためにその6、000、000USドルは一緒に使いましょうという内容だ。お金のことは、父親の叔母にしられたくないので、自分がお金をインドから持ち出し日本に移住したことは、誰にも知られないようにして欲しいというものだ。

 最終的には、6,000,000USドル受け取りのために、当初8400USドルは手数料として父親が毎払いしえいたが、その後の22か月分の手数料を支払ってくれたら、直ぐに6,000,000USドルは支払うという申し出になる。その段階で、この捜査を依頼してきた被害者は、不審に思い捜査依頼をしてきた。それならば、手数料は、その元金から差っ引いて送金するようにと指示すると、それは規約上できないというのである。この詐欺には、三つの国と、三人の関係者が関わっていると思われる。最初に、話を持ちかけてくる出会い系サイトで出会ったリビア人女性、そして、インドの金融投資会社のマネージャーと名乗るインド人男性、そして、facebookを利用して監視する役目のナイジェリア人男性である。如何なる理由があろうとも、預けてあるお金を引き出すために、利息を別に支払わなければならないというようなことは、万国共通であり得ない。そこで気付き、金銭を送金しないことは当たり前であるのだが、この詐欺の匠なところは、万が一送金がされなくとも、その前の段階で、送金確認をとるためという名目で、こちらの口座番号等を知らせる時に、送金証明確認書類が必要ということで、住所や電話番号、そして、パスポートのコピーを送付することが働きかけられる。だが、この段階では、一切手数料の支払い等の話は出ていないので、不審に思いながらも、振込先であるこちらの銀行口座のみなので、不用意にパスポートのコピーを送ってしまうという点にある。彼等は、金銭が支払われなくても、この第一段階で取得したパスポートのコピーだけでも、偽造パスポートビジネスにおいて、多額の金銭を得ることが出来る仕組みであることだ。日本人のパスポートは、世界で人気であり、高額で取引される。もし万が一、こういう状況に追い込まれたら、直ぐにパスポートの再発行をしてもらうことで、コピーを取られてしまったパスポートを使えなくすることだ。そうすることで、彼らはパスポートのコピーを有効利用できなくなるのだ。

 残念ながら、日本の場合、日本の警察には国際捜査権限もなく、現地の警察にもそのような捜査能力は期待できず、結局は泣き寝入りということになってしまう。管轄としては、外務省やジェトロが管轄組織ではあるが、注意を喚起するに留まり、それ以上の対策はとれず、泣き寝入りが落ちである。アメリカの場合は、アメリカ人が被害者であれば、FBIが捜査権を国際的に行使できる状態にあるので、日本よりも捜査の可能性や対策措置も講じることができる。だが、何より、そのような詐欺に引っ掛からないことだ。世の中、濡れ手に粟などという上手い話はないということを理解しなければならない。

 万が一これらの類似案件に遭遇したら、先方の使うメールアドレスや住所を確認すれば、ある程度のことを推察するkとおができる。例えば、投資顧問会社でありながら、会社のメールアドレスが、「@yahoo,in」のようなフリーメールアドレスを使っていたり、googleの衛星写真で、記載されている住所に該当会社が存在するか、あるいは該当住所自体が存在するかを確認することだ。
また、チュニジア人ナイジェリア人やインド人が関わっている場合は、用心してかかるひつようがある。419詐欺事件では、命まで脅かされた被害者も存在する。最近フランスで起きた、ユダヤ系学校の襲撃事件なども、ナイジェリア人、チュニジア人によるテロ組織の関与が認められており、アメリカ人に対しても、FBIや関係組織により、広く注意が喚起されている。チュニジア人テロリストグループが、テロ資金確保のために、世界中を舞台に詐欺事件を頻発されていることは昨今有名であり、金持ちで騙すのに案外容易な日本人がターゲットにされていることも事実である。ナイジェリア人チュニジア人の全てが悪等というわけではないが、そういう輩の存在があることを心にとめておいて頂きたい。最後に、インターネットという容易に使用できるツールにより、地球規模で世界は狭まり、また、facebookなどの便利だが、個人情報が筒抜けになってしまう環境下では、自分自身での危機管理が非常に大切な要素になってくることを理解して頂きたい。そして、くれぐれも、美人と上手い話には裏があると思って掛かって欲しい。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-03-28 23:17 | 国際情勢

日本経済が低迷し伸び悩む理由

日本経済が低迷し伸び悩む理由
2012年3月26日

最近、アメリカ時代の友人で、自国に帰国後成功している中東系の友とインドの友から、日本でビジネスをしたいとの依頼があった。彼らが来日する前にお膳立てをしてほしいとの指示を受け、限られた時間で会社を設立し、後は彼らが来日するだけにした。ところが、そこで問題発生。会社を設立するまでは、私がアメリカにいた当時と同じような環境で、例えて言えば1ドルでも企業できるというような環境が日本にもできてきている。アメリカでもそうであったように、若者に起業精神を喚起し、若い血を経済に呼び込もうという目的である。確かに、私が若い頃に比較すれば、当時のアメリカ同様、現在日本では容易に法人を立ち上げることができるようになった。

ところが、実際に行ってみると、そこには落とし穴があった。確かに企業を立ち上げる容易になり、若者にとっての可能性も大きくなった、だが、会社を立ち上げても、銀行口座開設のハードルが高く、銀行口座がなければ、ビジネスは実際には成り立たない。思い返してみると、バブルの頃は、私程度の人間でも、会社をやっていたら、銀行は、熨斗をつけてお金を借りてくれといって大金を持ってきたものだ。容易に借りられるという変な癖がついたりして、中にはド壺にはまった仲間も複数いた。だが、バブルが弾けると一転銀行に足を引っ張られ、皆大いに苦しめられた。そもそも、私はもとより銀行は一番信じられない組織と昔から思っていたので、幸い銀行からの借り入れは1円たりとも違えることなく返済した。だが、随分と酷い目に合された仲間もたくさんいる。別に借りたくなくとも、借りてくれと詰め寄ってきたにもかかわらず、バブルが弾けたら、まるで高利貸の取り立てのように執拗であった。同じようなことが、今会社設立に当たって起こっている。

法人設立のハードルを随分下がった。だが、法人を設立しても、銀行が法人口座を開かせてくれないのだ。もたもたしていたら、ビジネス・チャンスなど逃してしまう。いつでもそうだ、会社をやっている頃も、運営資金の為銀行に借入申込みをしても、半年後とか一年後にやっと借入が実際に実行される。それでは何の役にも持たたない。故に、IT系の若い新進気鋭の貴族たちは、アウトロー系金融に手を出す。確かに金利が高くとも、今目の前にあるビジネス・チャンスを活かしたいと思えば、半年後や一年後の銀行の融資などまったく意味を為さない。どんなに金利が高くリスクもともなっても、今直ぐ今日の明日で用立てくれ利用できるホット・マネーでなければ、ビジネス・チャンスなど手にすることはできない。一事が万事銀行というのは、手前勝手で、自分達の都合でばかり客のチャンスまで左右してしまう。これでは、日本の経済などいつまでたっても潤うことなどない。チャンスのない所に人も金も集まるわけがない。今回私が受けた海外からの仕事の相手も、会社設立までは早かったが、いつまでたっても銀行口座が開けないことに業を煮やしている。先方からしたら、投資マネーを送るといっているのに、銀行が口座を開設してくれずまるで「お金などいらない」「ビジネスもいらない」と言われているみたいだと、いい加減呆れ返っている。彼等は、もう日本ではなく韓国に投資すると言い出している始末だ。私の銀行に対するビジネスの説明能力のなさか信用の無さかもしれないが、それにしても、呆れ果てる。こんなことでは、いつまでたっても、経済が上向きになんかなるわけがない。安全ばかりを言い過ぎては、ビジネス・チャンスなど掴むことはできない。別に、送金があるだけで、銀行が損をするわけでもなく、迷惑を被るわけではない。理由は唯一つだ、触らぬ神に祟りなしで、何でもかんでも十把一絡げでそっぽを向いてしまう。何故なら、担当者が責任問題になるぐらいなら、何もしないでいた方がよいということのようだ。呆れてモノが言えない。こんなことで、中国や韓国、インドなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで右肩上がりにビジネスを伸ばしている現在高度経済成長期にある国々に太刀打ちなどできるわけがない。今の日本は、何でも「ダメダメ」ばかりで、少しも面白くない。教育も同じだ、日本の教育は「ダメダメ」ばかりで、出る釘を打つばかりで、可能性を伸ばすような教育でない。何でもチャレンジして、失敗しながら成功への道筋を見出すというようなチャンスがないところに、希望を見出せるわけはなく、そんな環境で若者が活き活きと活躍など出来る訳がない。テクニカルなことばかり数字を並べ立てるばかりでなく、経済学者や政治家は、こういう根本をまずは見直すことからはじめなければ、気付いた時には、この国は本当にどん底に甘んじなければならないことになることは目に見えている。皆さん、そうは思いませんか。今何をするべきかを、政府はまったくわかっていない。小泉竹中ラインの当時は、今よりずっとましだった。民主党政権は、経済の「け」の字も解っていない。机上の空論ではなにも意味はないのだ。もういい加減にして欲しい。このままでは、日本は本当にダメになってしまう。非常に強い憂いと恐怖感を覚えるのは私だけであろうか。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-03-26 21:23 | 経済

泳ぐように生きてみりゃ

泳ぐように生きてみりゃ
2012年3月18日

気付いてみれば、
いつ頃からか、
泳ぐように生きていた
思い起こせば、
昔はやたら手足ばたつかせ、
波に逆らい、
流れに逆らい、
溺れてばかりの日々だった
気付いてみれば、
いつの間にやら、
波乗りよろしく、
寄せ来る波に身を任せ、
泳ぐように生きていた
気付けば何とも気が楽だ
慌てず焦らず手足を無駄に動かさず、
波と流れに身を任せ
自由気儘に
波乗りよろしく生きていた
無理に波に乗らずとも
波を追いかけ齷齪(あくせく)せずとも
大波来るのを待てばいい
沈まぬように身を任せ、
波乗りよろしく前進あるのみ
泳ぎを止めれば
波から落ちて海の底
押し返されれば海の塵
難しきことなどなにもない
我欲思惑嫉妬を捨てて
ただ寄せ来る波に身を任せ
流れにのるだけ
沈まぬように
休まず泳いで生きるだけ
一生懸命泳いで生きるだけ
それが人生
楽しい人生
どうせ一度の人生だから、
楽しく明るく生きましょう
泳ぐように、
波乗りするように、
自由気儘に生きましょう
気付けば水平線に夕日が沈む
大きな赤い夕焼け空に、
一度の人生託してみよう
青空、雨空、曇り空、
夕立、夕焼け、雨上がり
虹が掛かれば言うことなし
ハワイの浜が懐かしい
泳ぐ自分はちっぽけな
大海原と大空の
ちっぽけすぎる存在だ
それでも流れに身を任せ、
泳いでいれば
今に幸せやってくる
今に大波訪れる
伝説夢みて泳いでりゃ
恐れも悩みも何処へやら
波間に浮かぶ我が身かな
泳ぐように生きてみりゃ、
案外楽しい人生だ
案外素敵な人生だ
波乗り人生絶好調
[PR]
by seizaikai_club | 2012-03-18 00:55 | 今日の独り言

国歌斉唱口パクチェック問題

国歌斉唱口パクチェック問題
2012年3月14日

 大阪府立泉高校校長による、国歌斉唱の際に教員が歌っているか否かの口パクチェックをしたという問題が、メディアによって取り上げられたことによって賛否両論世間を騒がせている。だが、メディアの取り上げ方に問題があり、この問題の論点がすり替えられていることを理解しなければならない。その上で、メディアが行う街頭アンケートなどの結果を見なければ、まったく違った意味になってしまい、この問題の大切な部分がうやむやにされてしまうことを懸念する。メディアのワイドショー的なノリでの取り上げ方に、大いに問題を感じる。

 この問題で、まず明確に理解しておかなければいけないことは、口パクチェックをしたことが良いか悪いかではない。そもそも、無垢で白紙の状態の子供たちが学ぶ教育現場で、いくら教師にも思想の自由があるとはいえ、教師の個人的思想を子供たちに押し付けるような、国歌である君が代斉唱や国旗掲揚に際して、起立することを拒んだり、国歌を斉唱することを拒んだりすること自体が、そもそも大いなる問題なのだ。世界中どこの国で、自国の国歌や国旗に敬意を表さない国があるであろうか。その点を良く理解して頂きたい。その上で、この問題を論じるべきである。

 自国の国旗や国歌を敬うことを教えることは、国際社会に於いても活躍できる子供たちを育てるためにも大切なことである。自国の国旗や国歌を敬わない人間を、生まれも育ちも違う他国の人々が、どうやって信頼することができるであろうか。全てはそこから始まるはずだ。にもかかわらず、先の戦争のどうのこうのと屁理屈を並べたて、自国の国歌や国旗を蔑ろにするような教師が、教育現場で、真っ白な無垢の子供たちに、彼らの偏った個人的思想を押し付けるような行為は如何なる理由があろうとも許されるものではない。彼らが、勝手に個人の思想信条を持つのは勝手だ。だが、教師という立場で、しかも教育現場で、その個人的思想信条を生徒たちである子供たちに押し付けたり、示したりすることは絶対にあってはならない行為である。これは、洗脳と同じ行為だ。そのことをよく理解して頂きたい。

 その上で、この校長先生が、口パクをチェックしたことに対して、賛否両論がでてくることは仕方のない事だ。だが、これが悪い事であるとは、私には思えない。寧ろ、生徒たちの前で、自分勝手に自分の個人的思想信条を行使する行為の方が、大いに問題があり反発されてしかるべき問題である。何も知らない子供たちは、そういう先生の姿を目の当たりにして、間違った考えを植え付けられてしまうことになりかねない。教師は、如何なる理由があろうとも、自分の思想を無垢の生徒たちに洗脳する権利はない。だからこそ、昔は、教師というのは聖職といわれ、人格的にも、地域、社会で尊敬される存在であったはずだ。間違っても、このような国旗や国歌を蔑ろにするような人物は、教員になれなかったのだ。そのことを、今回のこの問題を通じ、皆様には理解して頂きたいと強く思う。

 教育とは、押し付けではなく、子供たちに出来るだけ多くの選択肢を与え経験させ、その選択肢を無垢な子供たちが、自分達の頭と体で考え理解し、一歩一歩前進していくべきことであり、間違っても、上から目線で、押し付けられたり強制されたりするものではないということを、教師も親もよく理解するべきである。子供たちと大人も、目線の高さは同じでなければならない。そこで、お互いに学び敬うことが本来の姿であるはずだ。ここのところが、今の教育の大いなる問題点であると私は強く思う。学歴社会に翻弄され、本来学び舎で子供たちが学ばなければいけない、人間としての基本、生きていくための力を学べず、知識ばかりの押し込み教育になっているから、このような昔は存在しなかった問題が起こるのだ。未来を担う子供たちのためにも、この国のためにも、まずこの教育現場の改革、教育改革こそが、最優先課題であろうように強く思う。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-03-14 10:12 | 教育

子供たちの目線で見た3.11東日本大震災

子供たちの目線で見た3.11東日本大震災
2012年3月11日

 各テレビ局で、震災1年目の番組をやっている。それぞれ、考えさせられことがある。1年経って、客観的にあの日のことを冷静に振り返ることができた。それぞれの人々に、それぞれのドラマがあの日起こった。別れ、悲しみ、出会い、喜び、絆が生まれ数々のドラマが震災によって生まれた。そんな中でも、フジテレビが放送した番組が心に響いた。それは、被災した子供たちの目線による内容であった。いやドラマであった。涙が零れた。涙が止まらなかった。子供たちは、強かった。大人たちよりも強いかもしれない。思い知らされた。一言で言えば、政治家も、役人も、全ての大人たちは、どんな綺麗ごとではなく、どんなご都合主義でもなく、どんな屁理屈でもなく、子供たちの目線で震災を見て、子供たちの声に耳を傾けるべきである。子供たちは、大人たちの勝手に翻弄され、自分達ではどうにもできないけれども、彼らの目でちゃんと見て、彼らの耳でちゃんと聞き、彼らの心でちゃんと感じているのだ。この国の未来を支えてくれる彼らの目や、声や、心の声に耳を傾けずして、本当の意味での復興などあり得ない。家族を失い、心を痛めながらも、彼等は笑顔を絶やさず、一歩一歩前進している。歩みを進めている。大人は、自分達ばかりが悲しみを背負っていると思わず、子供たちの心の痛みに、思いを寄せなければならない。そのことを強く気付かされた。

 政治家は、子供たちの目線に目を向け、彼らの声に耳を傾けるべきである。彼等には、拒むこともできない。与えられた運命を黙って進まなければならないのだ。そのことを、我々大人、全ての大人は理解するべきである。さもなければ、あまりにもこの震災は悲惨なドラマしか残さない。だが、子供たちは、決して後ろ向きではない。悲しい運命を背負うことになっても、前向きに、前を向いて、一歩一歩歩みを進めている。そのこと自体、素晴らしいことでありドラマだ。これ以上のドラマはないと思えるほどのドラマだ。彼らの心は、泣いているかもしれない。でも彼等はいつも笑顔を絶やさず生きている。強い心で生きている。もの凄く強く生きている。そのことを我々大人は忘れてはならない。私は、そのことを強く思い感じた。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-03-11 17:39 | 今日の独り言

付帯私訴

付帯私訴
2012年3月3日

 今やっていたTBS「報道特集」で、一件の交通事故事案が取材されていた。非常に興味深い案件であった。東名高速道路で事故が起こり、オートバイを運転していた被害者が亡くなり、加害者であるスポーツカーを運転していた人間は、罪を背負いながらも執行猶予4年で罪を償った。判決を左右した論点は、加害者が主張した時速90キロであった。だが、調べ直してみると、実際には140キロの時速を証明することができた。既に7年の月日が流れ去ったが、被害者の父親がこの7年間で、民事と刑事での判決の違いに大きな疑問を感じ、自動車修理会社を経営する父親が自ら証拠や証人を集め再審を求め、上告しようとしたが棄却されピリオドを打ったというものだ。日本では、憲法で、一度出された判決を再度取り直すということは憲法上認められていない。だが、捜査や裁判の段階で、全てが尽くされず事実とは違う判決結果が出されてしまうということも起こり得る。いや、案外頻繁に、民事判決と刑事判決が同一案件でありながら異なるということは起こる。その最たるものとして、報道されていたが、非常に興味深く意味が深い内容であった。実際、このことは、過去に私が取材した事故でも、同じことを強く感じたことがあり、ずっと疑問を感じ続けていたことだ。だが、実際には、全てをやり直すということはできないのが現実である。

 しかし、日本では昭和23年に廃止されてしまったが、諸外国では付帯私訴ということが認められており、被害者も裁判に参加し審理し直す権利を得ることが出来る。日本では、あまりにも取扱い案件が多いので、多分裁判所、司法の立場としては、このようなことを認めるとで、煩雑になってしまい司法の秩序が妨げられると考えているように思う。だが、事実でない以上、事実を掘り起し、被害者を納得させることも、司法の役目であるように私は思う。何より、事実と反する判決が出れば、命を落とした被害者は浮かばれない。何も、加害者ばかりを、判決を出すことで庇うのではなく、被害者の権利というものも憲法で認め、改憲することも必要なのではないかと強く思う。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-03-03 18:32 | 憲法改正

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧