政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

民主党議員の人相に表れる善と悪・虚と実

民主党議員の人相に表れる善と悪・虚と実
2010年8月31日

 いよいよ民主党代表選が行われる。誰も望んでいないが、国民やこの国の行く末よりも自分たちの思惑や自我を優先する民主党内に巣喰う魑魅魍魎たちが、国会の場で強行採決したように国民不在で民意を無視して代表選をゴリ押しする。一体全体自民党とどこが変わったというのだ? 我々有権者は、何も民主党を好き好んで政権交代させたのではない。自民党に愛想尽かしをしたから、政権交代という選択肢を選んだだけだ。そこのところを誤解するなよ、民主党。政権交代しても何らかわらない。くだらない権力闘争の繰り返し。いや、自民党よりも悪いではないか。自民党は悪いながらも、民意には敏感で議員の度量と幅も少しはあった。だが、民主党ときたら、まるで子供がおままごとで政治をしているような茶番を繰り返す。もう我々国民は、そんな政治はこれっぽっちも望んでいない。いや、辟易としているのだ。

 面白いことに気付いた。同じ民主党の議員でも、閣僚のポストにいる者と代表選を推し進める者では、人相が違ってきた。閣僚ポストに就いていたり、代表選に反対していたりする議員たちは、野党時代と比べると政治家らしい良い顔つきになっている。ところが、小沢を代表にと推している代表選推進派の議員たちは、まるで自民党の悪徳代議士のような人相になってきた。偉そうで高飛車な、政治家という職を勘違いしているような顔つきになってきている。それに引き換え前原や原口たちは、非常に良い顔に成長した。与党議員らしい責任感と真剣さが、顔つきからも滲み出ている。善と悪、虚と実を端的に表している。まるで勧善懲悪のドラマを見ているようで面白い。

 この期に及んで、分裂を恐れるな。自分が正しいという道を真っ直ぐ前進せよ。そうすれば、有権者は必ず正しい方を支持するはずだ。我々国民はバカではない。民主主義が数の原理で動いているとはいえ、帳尻合わせの数ではなく、本当の意味ある数でなければ、これからは成り立たない。国民、有権者は、そういうことを望んでいるのだ。本当の民主主義を。分裂しても、それで終わりではない。これからは、必ず偽善者は滅び、本物が生き残る。そして、更なる政界再編が起こるはず。さもなければ、この国に未来はない。救いもない。こうしている間にも、中国やインドや韓国は、日本を追い越していっているのだ。政治家よ目を覚ませ! 日本人よ目を覚ませ! 安穏としている時ではないぞ! さあ、立ち上がれ! 我々の国、日本のために。そして、我々の子供たちのために。子孫らに明るい未来を残せるように。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-31 15:03 | 政治

民意を理解しない民主党に三行半

民意を理解しない民主党に三行半
2010年8月22日



民主党は、
代表選だといって、
この大事な時期に内部争いを続けている。
国民、
有権者はそんなことは望んでいなかった。
自民党とまったく変わらないではないか。
権力争いに明け暮れ、
大切なことを忘れ、
下らぬ自分たちの思惑で迷走している。
誰も、
こんなことを望んで政権交代をさせたわけではない。
程度が低すぎる。
今最優先でしなければならないことは、
経済対策。
代表選など先送りにして、
国を立て直しことを最優先すれば、
国民は民主党を応援するであろう。
だが、
今のようなくだらぬ権力争いを続けているようなら、
もう民主党などいらない。
三行半だ。
民意も理解できない、
党内思惑にしか目がいかない党などいらない。
こんなことなら、
まだ自民党の方がましだ。
いい加減にしろといいたい。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-22 16:59 | 政治

サイゾー8月号「ヤクザが書いた本の“本音と建前”」

サイゾー8月号「ヤクザが書いた本の“本音と建前”」
2010年8月20日

今日床屋で、
月刊誌「サイゾー8月号」を読んでいたら、
「ヤクザが書いた本の“本音と建前”」という記事で、
私が昔、
担当し出版した本が評価されていた。
自分が産み落とした本が、
評価されるというのは、
我が子が褒められるようで、
なかなか嬉しいものだ。
本のタイトルは「警鐘」会津小鉄四代目 高山登久太郎著である。
暴対法が発布された当時に出した本だが、
ただのヤクザ本ではなく、
非常に内容のある本を作ることができた。
高山氏は、
既に他界されてしまったが、
なかなかの論客であり、
驚かされた。
取材のため、
京都の会津小鉄本部の図越会館や大津の高山氏の自宅に
何度も何度も足を運んだものだ。
非常に気配りの利く素敵な紳士であった。
よく本を読まれ、
勉強されていることに驚かされた。
色々なことがあった。
道中の新幹線やトイレで怖い思いもした。
だが、
今から考えると良い想い出だ。
ただ、
残念ながら、
色々な圧力により、
直ぐに絶版にしなければならなくなった。
少々理不尽であったが仕方がない。
しかし、
負けじと、
続いて、
二冊目「警鐘PartII」を出版した。
こちらは、
差別問題を取り上げた一冊だ。
残念ながら、
一冊目ほど売れなかった。
一冊目の「警鐘」は、
我ながらなかなか良いできであった。
懐かしい想い出だ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-20 17:53 | 今日の独り言

蒲田行進曲の松坂慶子

蒲田行進曲の松坂慶子
2010年8月18日

久しぶりに、
映画「蒲田行進曲」を観た。
大好きな映画だ。
つかこうへいが若くして亡くなったという思いで、
改めて観てみると、
また違った思いがこみ上げてくる。
何度も観ても、
面白く、
そして、
素敵な映画だ。
彼の代表作であることは間違いない。

彼が言わんとすることや、
映画への思いも、
あの映画からは伝わってくる。
彼の偉大さを
改めて認識させられた思いである。

それにしても、
劇中の松坂慶子、
美しい。
彼女にとっても、
多分絶頂期に撮影された映画であろう。
あれほど、
綺麗に撮られれば、
女優冥利につきるというものだ。
あの映画の松坂慶子のシーンからは、
愛が感じられる。
その愛が視聴者の心を捉えて離さない。
松坂慶子の魅力もさることながら、
画像を通して伝わる愛とは、
一体何であろう。
不思議なミラクルを持った人。
それがつかこうへいであったのだな。

松坂慶子とは、
私の師匠も多く仕事をしており、
一度だけ面識もあるが、
ものすごく素敵な女性だ。
そのことは、
「蒲田行進曲」の時も、
今も変わらない。
本当に素敵な女優であり、
女性だ。

余談だが、
銀ちゃん役の風間杜夫も、
今ではゲゲゲのおじいちゃん役、
時の流れには誰も勝てないものだ。
しかし、
また違った味わいを役者たちはだしている。
素敵なことだ。

最後に、
故つかこうへいさん、
ありがとう。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-18 09:44 | 今日の独り言

今朝のゲゲゲ

今朝のゲゲゲ
2010年8月18日

NHK朝の連ドラ、
涙を流さずにはいられなかった。
涙もろいにもほどがあるな。
自分で思う。
最近何だか
今まで以上に涙もろくなった。

水木茂のラバウルでの悲惨な体験の回想シーン、
何度見ても泣けてしまう。
7時半のハイビジョン、
BS2、
そして、
地上波、
今日は続けて三回観てしまった。

先日、
BSで、
水木茂も含め、
ラバウルで生き残った兵士たちの回想録をやっていた。
悲惨な内容であった。
敵は内にありとよくいうが、
正にその通りであったようだ。
生きて本隊に戻った兵士たちを待ち構えていたのは、
手前勝手で心ない上官たちであった。
玉砕したはずの兵たちが、
生きて帰ったら、
大本営に嘘を報告したことになるので、
死ねと言われた兵士たちは、
その理不尽に身が震えたといっていた。
経験のない28歳の大佐である大隊長が、
早まって玉砕を本部に報告し、
玉砕してしまった。
しかし、
その下の中隊長は実戦経験豊富な中尉で、
まだ玉砕の時ではなく、
戦うべきと進言したそうだ。
結局、
中隊は中尉の指示に従うということで、
28歳の大隊長とその取り巻きの一部が、
玉砕したそうだ。
兵士たちは玉砕命令もだされていなかったので、
キツネに摘ままれたような、
悲惨な状況に追い込まれたといっていた。
ところが、
不運なことに、
中隊長はマラリアにかかって、
足手まといにならぬよう、
自決してしまったそうだ。
半数近くの兵が、
本隊に戻ったところ、
玉砕しているはずの兵士たちが戻ったので、
ラバウルの本隊は、
彼らに死を迫ったというのだ。

多分、
こういう命を粗末にした結果が、
敗戦につながったのではないか。
マラリアで命を落とした中尉は、
兵士たちにいっていたそうだ。
死ぬよりこの現実を生き抜くことのほうが地獄だ。
だが、
生き抜いて戦い抜くことの方が、
玉砕するよりも陛下の御心に従うことになると。

以前も書いたが、
日本人とアメリカ人のメンタリティーの違いである。
アメリカの軍隊では、
第二次世界大戦の時代から、
軍隊の第一義はサバイバル、
生き残ることと叩きこまれる。
そのための殺し合い術である。
ところが、
精神論を重んじる日本では、
生き残ることは恥であり、
死ぬことが美徳とされてきた。
これが、
勝敗を決した一番の理由ではないか。
だが、
死んで誰も残らなければ、
勝つこともできなくなってしまうのだ。
悲しいことだ。

そうはいっても、
戦争で命を落とされた方々には、
何の罪もない。
一番の被害者であり、
犠牲者であると私は思う。
彼らは、
純粋に日本の国のことを思い、
日本を信じて、
自らの命を捧げたられたのだ。
そんな彼らの魂に、
手を合わせるのは、
我々日本人に課せられた義務である。
何故なら、
彼らの犠牲の上に、
今の日本は成り立っているのだから。

話がそれたが、
水木茂の崖から落ちかけ、
心の中で両親に別れを告げたら、
両親が自分の名前を呼ぶ声が聞こえた。
また両親も、
夢で水木茂が断崖で絶命しようとしているシーンを見て、
彼の名前を呼び続けたという逸話。
そっくりの話を、
私は体験者から直接聞いたことがある。
残念ながら、
その方はもう亡くなられてしまったが。

その方は、
伊勢の大きな神社の宮司さんでいらした。
私がアメリカへ渡るチャンスを与えてくださった方だ。
サンフランシスコのホテルの一室で、
その話をしてくれた。
奇しくも誕生日が、
三回り違いで一緒で、
血液型まで一緒だったことから、
私のことを非常に可愛がってくれていた。
彼曰く、
彼には双子の兄がいたそうだ。
その双子の兄が、
戦争で亡くなる時のことである。
彼自身は、
その時、
南方にいたそうだ。
ある夜、
寝ていると夢を見たそうだ。
双子の兄が、
大きな木の根元で、
敵に撃たれて絶命しようとしている画像が、
ハッキリと見えたそうだ。
兄貴とお別れだと、
ハッキリと思ったそうだ。
そのことを日記に書き留め、
敗戦後帰国した際、
その日時と夢の話を、
父親にしたそうだ。
すると、
父親から、
双子の兄は、
正にその夢を見た日に、
見たとおりの状況で、
絶命したと報告を受けていたという話を聞いたそうだ。
その宮司さんは、
自分たちは双子であったので、
きっと遠く離れていても、
以心伝心で絶命の瞬間映像が、
自分に送られたものと思っていらっしゃったようだ。

だが、
今日の水木茂のエピソードを観てみると、
どうもそうではないのかもしれないと思った。
愛が深ければ、
距離はどうあれ、
人の思いは届くのかもしれない。
色々な思いがこみ上げてきて、
涙が止まらなかった。

宮司さんには、
改めて感謝、感謝、感謝。
今の自分があるのは、
宮司さんのお陰です。
ありがとうございます。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-18 09:23 | 今日の独り言

私の死生観

私の死生観
2010年8月17日

動物は、
過去も未来も考えない。
彼らは、
今を生きている。
現実のみを見て生きている。
過去に支配されたり、
未来を憂い思い悩んだりしない。
ただ、
目の前で起こる事象に、
精一杯集中して生きている。
命懸けである。
目の前の岐路に、
どう立ち向かうか、
それだけを考えて生きている。
「今、
目の前にいるヤツは、
俺より強いのか弱いのか。
俺が上なのか、
ヤツが上なのか、
従わせるべきか、
従うべきか」
それだけを、
本能的に判断して生きている。

『今を生きている』のだ。

人間の苦しみとは、
過去を後悔したり、
未来を憂いたりするが故に起こる。

だが、
人間も動物である。
既に太古の昔に、
動物の本能的な五感を忘れ去ってしまっている。
だが、
潜在的に、
私たちの身体の奥底に眠っている、
動物としての本能、
五感を呼び覚まし、
頭ではなく、
心と五感に忠実に生きるならば、
悩みも減り、
心も安らぎ、
平和に人生を送れるはずだ。
そして、
世の中も、
もっと平和になるはずだ。

地に足をつけ、
目の前のことに集中し、
一生懸命対処して前進すれば、
思い悩むこともなくなるはずだ。
正に、
今を生きていれば、
過去に呪縛され、
未来に翻弄されることもない。
幸せに
安らかに生きられるはずだ。
安らかに生を全うできるはずだ。
そして、
死を恐れる必要もなくなるはずだ。
そんな風に、
最近思うようになった。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-17 12:47 | 今日の独り言

ユタでのバス横転事故

ユタでのバス横転事故
2010年8月13日

ユタ州でバス横転事故があった。
運転手は日本からの留学生とのこと。
一報を耳にして、
居眠り運転かなと私も思った。
だが、
他にも原因があるのではとも思った。
案外、
日本人は、
西海岸で運転する時に気をつけなければならないことを
知らない場合が多い。
日本と同じつもりで運転している留学生や駐在員も多い。
だが、
実際には日本と気象環境が違い、
アメリカ西海岸は非常に空気が乾燥しているのだ。
航空自衛隊の戦闘機パイロットが、
アメリカ西海岸での演習訓練で、
飛行してみて初めて空気の乾燥度の違いを理解できたといっていたが、
その通りで車の運転でも注意しなければならないことがある。

よくある事故は、
風により砂が道路の上を舞い、
その砂に車が乗ると、
ハンドル操作がまったくきかなくなることによる事故だ。
特に、
道路の幅は広く、
まっすぐの一本道だと、
遂日本よりスピードをだしてしまう。
実際制限速度も日本よりも高いので、
景色も広々と障害物がないことも手伝い、
アクセルを踏み過ぎてしまう。
だが、
一旦砂に車がのってしまうと、
アイス・スケートと全く同じ状態に陥り、
操縦不能になってしまう。
しかし、
このことを知っている日本人は少ない。

私は、
アメリカ在住中、
演習にきた自衛隊の車両に同乗していて、
この現象による事故にあったことがある。
車はクルクルと映画のように回転し、
最終的には太平洋に落ちてしまった。
眼前に海が見えるまでは、
これで最期かと思った。
まるで007の映画のようであった。
浅田真央よりも勢いよく車はクルクルと回転して、
海に真っ逆さまに落ちてしまった。
崖の高さは約13メートルから15メートル。
断崖であった。
よく助かったと後で思った。
カリフォルニアのハーストキャッスルを過ぎた辺りでのことであった。
砂浜の横道でもなかった。
だが、
乾燥しているので、
砂が舞うのだ。

今回の事故現場を見ても、
周囲は砂漠のような乾燥した地であった。
実際、
ネバタからユタ、アリゾナの辺は非常に乾燥していて、
アメリカらしい風景のところだ。
私も車で走行したことがあるが、
スピードも出しやすい。
砂が舞う条件もそろっている。
多分運転手自身も
キツネにつままれたような思いでいるのではないか。
まあ、
今のところ、
裁判になることを想定して、
多くは語らぬように弁護士に言われているのであろうが。
郷に入ったら郷に従えで、
地元の環境をもう少し入念に調べておく必要があるのではないか。
お金をもらって案内をするのであるならば。
人の命を預かるのであるから。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-13 01:19 | アメリカ関係

スズメバチ

スズメバチ
2010年8月12日

一昨日
帰宅して窓の外をみると、
リビングの天窓枠に、
何かが付いているのに気付いた。
嫌な予感がした。
当たらなければ良いのだがと思いつつ、
双眼鏡を持ってきて覗いてみた。
案の定、
ハチの巣であった。
それもスズメバチである。
まだ拳を合わせたほどの大きさで、
小さな部類である。
だが、
あまり嬉しいことではない。

ここ数日、
朝屋上菜園の手入れをしていると、
何とも言えない殺気を感じていた。
よくゴキブリがどこかにいると、
姿は見えなくとも気配を感じる。
あれと同じだ。
何とも言えない緊張した空気が漂っていた。
周囲に気をつけながら、
野菜に水をやったり手入れをしていた。
なかなか五感が衰えていないのだな、
と自分に関心した(笑)。

直ぐに帰属する自治体に連絡してみた。
すると不親切な答えが返ってきた。
道路などの公共施設ならば、
自治体が駆除するが、
個人の家の場合は、
所有者もしくは居住者の責任で、
業者を探して駆除してくださいというのだ。
公共の道路で遭遇した場合も、
現行犯で捕獲できるような場合でなければ、
通報してもらっても困るというのだ。
相手は羽根を背中に背負い、
縦横無尽に飛び回る輩だそ。
現行犯捕獲できる状況でなければ通報するなとは、
なんたることぞ。
結局、
通報されても困るといっているようなものだ。
役人の対応には、
本当に頭にくる。

しかたなく自力で業者を探し出し、
電話した。
忙しいということで、
翌々日、
すなわち昨日の夕方ということになり、
お願いした。
それまでの間、
双眼鏡を使って観察した。
実に彼らは頭がいいようだ。
それぞれ役割分担が決まっているようで、
暑いの御苦労さまなことで、
巣の外で羽ばたいて巣に風を送っているモノがいるかと思えば、
虫を捕獲するものがおり、
遠くに度にでているものもいる。
どうも、
コミュニケーションは、
頭の触角を触れ合わせてしているようだ。
たった、
二日弱の観察だったが、
色々なことがわかった。
面白い生き物だ。

だが、
兎に角大き過ぎる。
あれはもう昆虫ではない。
本当に恐ろしい。
なぜ存在するのか意味がわからない。
しかし、
そのことを業者に訊いてみたところ、
こんな答えが返ってきた。
スズメバチは、
昆虫の生態ピラミッドの頂点にいて、
生態系のバランスをとっているそうだ。
スズメバチが多くなっているということは、
害虫が増え過ぎ、
生態系のバランスが崩れているということだそうで、
スズメバチが他の昆虫に引導を渡すことで、
自然界のバランスを維持しようとしているのだそう。

巣がなくなった後も、
遠出をしていた働き蜂や、
駆除の際
逃走したハチたちが戻ってきて、
巣のあったところで盛んにホバリングをしている。
中には屋根におり、
首をかしげるような仕草をするものまでいる。
触角を触れ合わせ、
他の仲間と困った様子で困惑しているモノもいる。
結構彼らの知能指数は高いのかもしれない。
そんな風に思った。
同時に、
ちょっとだけ哀れな気がしてきた。
しかし、
やはり怖いことには変わりはない。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-12 10:48 | 今日の独り言

中国の体制矛盾を指摘する声

中国の体制矛盾を指摘する声
2010年8月10日

中国の体制批判や矛盾を指摘する声が、
日本のメディアにおいて最近よく聞こえる。
大方が、
経済発展を遂げ、
資本主義的な自由経済に移行しながらも、
未だに共産党一党独裁はおかしい、
というような内容だ。
このことを、
親しくする上海人たちに訊いてみた。
彼らは、
どちらかというと、
毛沢東批判の人々である。
しかし、
彼らは言う。
「共産党の一党独裁は必要だ!」と。
その理由を再び訊いてみると、
こんな答えが返ってきた。
「中国の一番の力は人である。
13億の人口なのである。
13億人を一つにまとめるには、
共産党の一党独裁しかない。
経済大国に中国がなるためには、
13億のの中国人が一致団結しなければ、
他国には勝てない。
政治思想がどうであれ、
経済優先を考えれば、
共産党の一党支配は必要不可欠。
さもなければ、
少数民族が分裂し、
巨大中国でいられなくなってしまう。
そうなれば、
中国の力は半減してしまう」
なかなか面白い。
非常に現実的な考え方である。
何を優先するべきか、
何を目標とするか、
彼らの中ではハッキリしていて、
そのためにはギブアップしなければならないこともある、
と理解しているようである。
日本人評論家たちが、
子供のように見えてきた。
勝手な思惑で色々いっているが、
中国人自身の方が、
客観的に自分たちのことを見据えているのかもしれない。
恐るべき中国人。
そんな風に私は感じた。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-10 00:53 | 国際情勢

Wikipedia

Wikipedia

2010年8月10日



この度、

私のプロフィールが、

Wikipediaに投稿された。

今まで裁判で闘わなければならないような、

事実無根の投稿に悩まされ裁判もしてきたが、

今回は事実に忠実に記載されている。

というか、

ブログに私自身が掲載しているプロフィールが投稿されている。

これは歓迎すべきことで、

誤解を解く大きなキッカケになると喜んでいる。

だが、

著作権侵害の可能性があるとかで、

今削除されそうになっている。

よかったら、

削除されないよう、

皆さまご協力頂ければ幸いです。



恩田将葉
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-10 00:21 | 今日の独り言

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧