政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

亀井静香の郵政民営化逆行改革案の問題点

亀井静香の郵政民営化逆行改革案の問題点
2010年3月25日

 昨日、亀井静香が郵政民営化に関しての逆行改革案を発表した。閣議決定されたわけでもないにもかかわらず、独断で告知したのは彼なりの政治的思惑による戦略であろう。実際、彼自身が「小泉郵政改革に逆行するものだ」と断言した。結局のところ、弔い合戦ということだ。

 小泉元首相による郵政民営化も、長い政治史からすると弔い合戦という一面もあった。田中角栄と福田赳夫による、角福戦争での福田敗北へ対しての弔い合戦であったのだ。だが、世間でよく言われるように、小泉郵政改革が悪かったとは私は思っていない。後世、あの改革があったからこそ、と歴史の1ページに刻まれるはずだ。確かに、我々利用者の立場からすると、色々と弊害もでた。だが、改革には痛みが伴うものだ。ただ、問題点も多々あったことも否めない。そういう意味では、今回の亀井案の中にも、評価できる部分がないとはいえない。

 例えば、利用者にとっての利便性という意味では、小泉郵政改革による民営化により弊害が多々生じた。ポストの数が減ったとか、ユニバーサル・サービスの減退とかということだ。そういう意味では、ユニバーサル・サービスを向上させ、パスポートの発給や保険を充実させるなどの亀井流公的サービス向上案は、大いに評価できる。

 その反面、小泉郵政民営化に逆行することによって、自民党の大きな票田となっていた特定郵便局票の取り込みという政治的思惑が一目瞭然であるところは、憂慮すべき問題である。それこそ時代の流れに逆行しているとしか思えない。折角、政治改革が為され進行しているにもかかわらず、逆行し旧態依然とした体制に戻そうとしているように見える。ただ、自民党にとって代わって国民新党になるだけで、古い政治体制であることに違いない。この点は、大いに懸念する点だ。

 鳩山総理は、結局のところ亀井静香を閣僚ポストに据えたことで、足を引っ張られてばかりではないか。弱小党である国民新党が、ことあるごとにイニシアティブを取ってしまう。いうなれば、亀井の方が鳩山より一枚上手、戦上手ということだ。亀井は、連立与党の仲間入りをしたことをフルにアドバンテージとして利用している。ところが、総理である鳩山氏は、自分を押しだせず振り回されているだけだ。呆れてしまう。

 このまま亀井に振り回されれば、折角小泉改革で官から民へという流れを作ったにも関わらず、またしても民から官への旧態依然とした古い政治体制に逆戻りしてしまう可能性が非常に高い。それは、国民が望んでいたことではない。官主導に戻すために、我々国民は小泉郵政改革を郵政選挙で支持したわけではなく、民主党への政権交代を支持したわけでもない。こんなことをしていたら、ますます民主党の支持率は下がる一方だ。鳩山首相には、「国民のために」という大前提で、もっともっと目に見える英断を下して頂きたい。時には、勇気をだして、連立を切り捨てるぐらいの覚悟をもってほしいものだ。そうすれば、きっと多くの国民は、鳩山首相や民主党を支持するであろう。腰が引けていては、改革などできるはずがないのだから。だとすれば、さらなる大きな政界再編を我々国民は望むのみだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-03-25 11:02 | 政治

現代社会の七不思議:ペットの鳴き声今いずこ?

現代社会の七不思議:ペットの鳴き声今何処?
2010年3月25日

 ペット・ブームと言われて久しい。畜犬登録頭数を見てみると、約50年前の1960年が191万頭、2005年が648万頭なので、この50年間で3倍以上に膨れ上がっている。だがこれは、あくまでちゃんと畜犬登録されている頭数である。ペットフード工業会の調査では、国内犬猫飼育数は現在約2,168万頭だといわれている。15歳未満の子供の人口は、現在約1,860万人なので、これらの数字を比較してみると、少子化に比例してペット数が増加していることが見て取れる。非常に興味深い数字だ。

 ただ、不思議なことが1つある。私は、この疑問を常々感じている。それは、犬の鳴き声だ。現在50歳の私が子供の頃には、夕方近くになると、犬たちは競って遠吠えをしていたものだ。町中に犬の鳴き声が響き渡っていた。その犬の鳴き声を合図に、夕日は沈みだす。それが、毎日繰り返された当たり前の情景であった。ところが昨今、夕方になっても、犬の鳴き声はまったく聞こえない。不思議だ。犬口密度は50年前よりも格段に高いのに、犬の鳴き声を聞いたことがない。犬の鳴き声を聞くことは、昨今滅多にない。別に犬たちが、無口になったわけではなかろう。

 多分、集合住宅や街中で犬たちを飼育すると、近所から鳴き声に関しての苦情がくることもあるので、人間の勝手なエゴで、彼らから声を奪ってしまっているのであろう。悲しいことだ。彼らにも、私たちと同じように命がある。生きているのだ。にもかかわらず、去勢したり、声を奪ったり、自分たちの自我を満足させるために、他の命をお金で支配する。これほどのエゴが、この世にあるであろうか。「畜生だから仕方がない」といわれる方もいるかもしれない。だが、その畜生にもちゃんと私たちと同じ命があるのだ。

 歴史を振り返って頂きたい。徳川幕府時代にも、今の日本と非常によく似た時代があった。犬公方と呼ばれた徳川綱吉の時代だ。徳川綱吉が犬好きで、庶民にも犬好きが強要されたという一面もあるが、社会情勢を見てみると現在の日本と類似している。社会が荒廃し、経済が落ち込むと、人はペットに拠り所を求めるのだ。結局、関係のない動物たちに皺寄せがいく。可哀そうなことだ。そして、必要なくなれば、まるでゴミのように捨てられる。捨てられた動物たちは、不本意ながらサバイバルのために生態系を崩してしまう。結局のところ、エコだ、何だと偉そうに大騒ぎしても、地球の環境を破壊している張本人は、人間であるということだ。エコのためのリサイクルだと騒いでいるが、人間のエゴのサイクルが地球の生態系を破壊しているということだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-03-25 10:05 | 今日の独り言

矛盾する日本人の外国人へ対する意識

矛盾する日本人の外国人へ対する意識
2010年3月15日

 こんなことを書くと、また反論の嵐が巻き送るかもしれない。だが、海外生活経験者として、以前から強く感じていた日本人の歪んだ仲間意識に関し書くこととする。

 皆様ご存知の通り、朝青龍の暴行事件をはじめとした諸々の問題、ああまた日本人のイジメ体質が露呈しているかとしか見えない。そして、同時に、朝青龍の問題と、沢尻エリカの問題が非常に似ているように思える。

 口を開けば、ここは日本なんだから、日本の伝統や文化を大事にするべきだ、とマスコミも相撲協会もよってたかって朝青龍を攻撃し続けてきた。沢尻エリカの場合もまったく同じだ。彼らは、日本にあるが、違う文化の中で育ったり、血が流れているのだ。いくら日本にいるからといって、そんな自分たちのアイデンティティーを全部押し殺し、日本の様式に合わせることが、そんなに重要なことなのだろうか。結局、彼らにとっては、自分らしく生きられず、仮面を被っていきなければということになる。だが、相撲協会も、マスコミも、芸能界も、寄ってたかって彼らをイジメまくった。

 そのくせ、シーシェパードの攻撃や、クジラやマグロの問題になると、それぞれの民族にそれぞれの食文化があり、他国や他民族よりとやかく言われる筋合いではないと声を上げる。何だか、やけに調子いいようなきがしてならない。自分たちが火の粉を被れば、自らのことは棚にあげ、他民族から来た人たちへは、自分たちの価値観を押し付けようとする。これが、本当に、国際化する時代の流れに合っているのだろうか。非常に大きな疑問を感じる。

 国際社会にあっては、お互いのアイデンティティーを認め合うことからすべてがはじまるのではないか。私はそう思っている。ところが、頭から否定するのでは、それは相手側も反発することになる。そもそも、イジメのように朝青龍や沢尻エリカなどを攻撃している人間たちが、どれだけ偉く、ちゃんとした生活をしているのか大きな疑問を感じる。中には、偉そうにコメントを流しながら、自分は裸体の女性の股ぐらに顔を突っ込んでいる似非文化人などもいる。自分は何をしてもいいが、外国から来た人間は、何をしても否定されるのでは、これほど住みにくい理不尽な国は世界中探してもほかにない。相撲協会にしてもそうだ。叩けば、それこそ前が見えなくなるくらい埃がでる。偉そうに朝青龍批判をしている親方たちの中にも、文化だ伝統だの前に、人間として大きな疑問を感じてしまうような行為をしている人たちだっている。だが、これが、現代日本人の姿なのかもしれない。多くの日本人が、自己中心的で、自分さえよければ、日本さえ良ければという、非常に了見の狭い勘違い人間になってしまっているように思える。でなければ、自分の血を分けた子供を殺してしまうような、信じられない事件が次から次と起こるはずがない。本当に嘆かわしい。

 確かに、朝青龍や沢尻エリカにも大いに問題はある。だが、理不尽に否定するばかりだけでなく理解しようという姿勢が、こちら側に少しでもあれば、彼らの対応ももう少し違ったのかもしれない。私は、そんな風に思ってしまう。何故なら、アメリカで生活していた当時、私自身同じようなことを日本から来た日本人より感じたからだ。韓国人も中国人も、皆外国では同胞として助けあう。ところが、日本人だけは、日本人同士で足を引っ張りあうのだ。信じられない理不尽さで。そのことを、戦争経験のある年配者に話したところ、戦時中の軍隊の中も、まったく同じであったと言っていた。日本人の敵は、アメリカ人でも中国人でもなく日本人であった、とその兵役経験のある、抑留経験のある老人はいっていた。一体、日本人のメンタリティーは、どうなっているのであろうか。国際化が進む21世紀だというのに
[PR]
by seizaikai_club | 2010-03-16 15:37 | 今日の独り言

浅田真央がキム・ヨナに金メダルを取られた敗因

浅田真央がキム・ヨナに金メダルを取られた敗因
2010年3月4日

 日本のマスコミは、浅田真央が金メダル確実とずっと報道していた。それだけに、浅田が金メダルを逃してからの取材合戦は、未だに続いている。確かに、4年に一度のオリンピックで、金メダルを逃したことは残念だ。だが、浅田にとってこの敗北は、大きな山を乗り越えるために意味のある負けであったように思う。

 まず理解して頂きたいことは、私も浅田真央を応援していたし、彼女に金メダルを取って欲しいと思っていた。だが、正直、今回のオリンピックでは無理かなとも思っていた。何故なら、オリンピック前から、キム・ヨナと浅田の間には、既に大きな差が出ていたように私の目には見えていたからだ。

 浅田真央は勝気だ。嫌みではない勝気さだ。勝負事に勝気さは必要だ。だか、あの勝気さが、彼女の敗因であると思っていた。持って生まれた性格もあるのであろう。また、前回のオリンピック直前より、メディアでも騒がれ続けてきたことにも影響されているのかもしれない。勿論、キム・ヨナも、常人よりはずっと勝気であると思う。そうでなければ、あの熾烈な二人の勝負に勝てるわけがない。

 私が思うに、同じような環境にあり、ライバル関係にある二人の勝敗が決まった要因は、一つだけだと思う。それは、テクニックではない。多分、テクニック的には互角であろう。唯一、勝敗を決した要因は、「勝気さ」にあるように私は思った。そのことは、浅田のここ数日の発言にもよく表れている。今回の負けで、少しは学んだかなと思ったのだが、未だ分かっていない部分もあるのかもしれない。

 私が、極真カラテの創始者大山倍達の傍につかせて頂いていた時、大山総裁はよく私に向かって、「若(私のことを若と呼んでいた)、継続は力なりだよ。そして、強い者はチャンピオンにはなれないよ。弱いからこそ、強くなれるんだよ。チャンピオンにもなれるんだよ。何故かわかるか? 強いものは、勝つことばかりを考える。だけどね、弱い者は、負けないように頑張るんだよ。だから強くなれるんだよ。チャンピオンにもなれるんだよ」と仰っていた。あの大山総裁の言葉が、浅田真央を見ていて蘇ってきた。

 彼女は強い。良い意味でも強気である。だが、それが過ぎると負けにつながるのだ。勝つことばかりに気を取られ、負けないようすることが見えなくなるのだ。今回のオリンピックの結果は、正にそんな浅田の姿勢に要因があるように思う。

 浅田とは対照的にキム・ヨナは、終始負けないように謙虚に頑張っていた。既に追われる立場になっていたにもかかわらず、まるで浅田とキム・ヨナは逆で、キム・ヨナの方に追うような謙虚さが見て取れた。このことが、唯一勝敗を決した原因であったのではないかと思う。

 確かに、浅田のトリプルは凄い。女性スケーターが誰も成し得なかったことかもしれない。だが、演技全般に渡って見ると、キム・ヨナのスケーティングは美しかった。動きも滑らかで自然であった。4年前の荒川静香の金メダルの演技を彷彿とさせた。あの時荒川の演技を見て思った。「何と、フィギアースケートらしいフィギアースケートなのだろう。本当に美しい。フィギアースケートは、スポーツでありながら芸術だと」多分、キム・ヨナは、荒川静香を掘り下げて研究したのではないだろうか。そして、負けないように、オリンピックの加点制をも研究しつくし、技で勝負するよりも、美しさで勝負したように思う。その結果が、金メダルになったのだと思う。難しい技を試みて不安定になるよりも、自分の身体にしみついた技をより一層体得させ、自然にわき出るような動きにすることで、観客や審判員を唸らせるような美しさを醸し出すことに努力したのだと思う。

 しかし、勝負であることも事実だ。だとすれば、浅田はまだまだ分かっていない。帰国後の会見で、あんなに挑戦的に、「キム・ヨナの記録を塗り替える」だの、「4年後に金を取る」だのと公言すれば、当然ライバルであるキム・ヨナ陣営の耳にも届く。オリンピック後、引退という噂も囁かれている状況下、わざわざ寝てる子の目を覚まさせるような必要はない。浅田にとっても、金メダルのチャンスは、オリンピックでは次回のオリンピックだけであるはずだ。もっと慎重に、そして、謙虚に、勝つことばかりを考えるのではなく、負けないようにスケートと向き合って欲しい。

 それから、今回の選曲には、色々ないきさつがあったようだから仕方ない。だが、キム・ヨナが天使のイメージで臨んできたのに対し、浅田の選曲とイメージは、対極の悪魔のイメージで重く暗かった。やはり、金メダルを狙うのであれば、天使のイメージでいかなければ難しいように思う。そもそも、浅田の性格やノリは、悪魔のイメージよりも天使のイメージがピッタリくるのであるから。浅田が天使のイメージで勝負を賭けていれば、或いはライバルのキム・ヨナは、対極で今回のような選曲ではなく逆に悪魔のイメージ、重い曲と演技を選んでいたかもしれない。いずれにしても、今回の勝負では、最初からキム・ヨナに軍配が上がっていたような気がする。実際、キム・ヨナの演技は素晴らしく、美しかった。

 最後に付け加えておく。キム・ヨナ側が、審判員を買収していたというような噂までもが流れているようだ。確かに、前サマランチIOC会長の時代は、韓国の金雲龍氏が副会長を長年務め、商業ベースのオリンピックを定着させたのは金氏の功績とさえいわれている。確かに、IOCに於いて、絶大なパワーを持っている。私も、テコンドウの雑誌を出していた関係で、何度もお目に掛かったこともあり、当時は韓国への取材旅行をいつも面倒みてくれていたので、金氏の力は知っている。故朴大統領時代の秘書室長(日本の官房長官のような地位)で、朴大統領が暗殺された時も、直ぐ横にいた人物だ。サマランチが巨額の富を築いたのも、金雲龍氏の力だと言われている。真央とヨナの試合の審判員に、日本人を入れず韓国人を入れるぐらいのことは彼にとっては容易い。そのことが事実だとしても、あのキム・ヨナの演技は、悔しいが真央を上回っていたように思う。荒川静香のスケーティングを思い出させるような、フィギアースケートらしい美しさがあった。ここは謙虚に負けを認め、4年後に向かって頑張るべきであるように思う。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-03-04 08:51 | 今日の独り言

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧