政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

軸足

軸足
2009年11月27日

 今の日本を見ていると、政治家も、国民も、1億3000万人の日本国民全体の軸足が定まっていない気がしてならない。物質文明に翻弄され、贅沢に溺れ、自分自身さえ見失い、自分本位の自己中心に皆が陥っている。自分さえ良ければ、他人のことなど構わない。自国さえ良ければ、他国のことなどどうでもよい。それが、今の日本である。正に浮足立ち、地に足が付いていない。それが、今の日本の姿であるように私は思う。

 政治も然り。いくら民主党が政権を奪取し、50年以上続いた自民党政治を打破するような政治革命を起こそうとしていても、それぞれの民主党員の軸足が定まっていない以上、どうあがいてもそこからは何も生まれないし、何の変化を生むこともできないのではないか。民主党としての軸足が定まっていないのだから、本当の意味での改革などできるはずがない。本気でこの国を変えようと思うのであれば、まず民主党自体が軸足を定め、地に足を付けなければ、国民に対し何の説得力もない。

 沖縄基地問題にしろ、仕分問題にしろ、表面的には確かに改革を行っているように見える。だが、民主党としての軸足がしっかりと地についていないことが、鳩山総理の決断をも鈍らせ、民主党の言動をも鈍らせているようにしか見えない。国民からしたら、「何だ、結局、自民党とあまり変わらないではないか」と思ってしまうのだ。今回のオバマ大統領訪日がたったの24時間であったことも、そんな民主党の軸足が定まっていない様子をアメリカ側が察知してのことであったように思う。軸足が定まっていないのに、何の議論をしても時間を無駄にするだけ、と言う風にアメリカ人は思ってしまったのであろう。

 勿論、全ての民主党議員がダメだといっているのではない。鳩山総理をはじめ、老若男女を問わず、期待できる政治家が民主党にもいることはわかる。だが、彼らでさえ、党に帰属している党員という立場を慮るばかりに、個人として定まっている軸足さえも揺らいでしまっているように見える。何故なら、民主党内には、余りにも右から左まで幅広い思想の持ち主が存在してしまっているからだ。そうでなくとも十人十色というように、人の考えることは皆それぞれ違う。にもかかわらず、民主党の場合は、右から左まで様々な人間が、政権奪取という御旗の下に集ってしまったから、軸足が定まらなくてもある意味当然なのかもしれない。だが、それでは我々国民は困る。

 本来、政党とか派閥とかの意味は、主義主張を共にするものが集うということだ。ところが、民主党の場合、主義主張を異にしていても、妥協して政権奪取という目的の下、目を瞑って手を繋いでしまっている。このことは大きな問題だ。多分、鳩山総理の軸足は定まっているのであろう。だが、民主党の代表として、その軸足が揺らぐのであろう。仕方がないといえば仕方がない。だが、一国の総理である以上、党利党略、私利私欲はかなぐり捨てて、国益を最優先して決断、行動してほしいものだ。

 まあ、今回の選挙の大勝も、小沢一郎に因るところが大きい。だが、その小沢一郎が、果たして今の民主党で満足しているのであろうか。そこには大きな疑問を感じる。彼の性格を考慮すると、やはり小沢一郎党として政権を奪取したいと思っているに違いない。決して、今の民主党が小沢一郎党だとは思っていないはずだ。だとすると、来年の参議院選挙後、次の衆議院選挙に向かい、小沢一郎が民主党員にとって予想外の行動を起こす可能性がないとは言い切れない。そんなことも、鳩山総理の決断力を鈍らせているに違いない。

 まあ、結局、今の政治の状況も、大きな変革の経由地でしかないのかもしれない。本当に、55年体制を脱却して、新しい政治体制、統治体制を確立するには、まだまだ時間も犠牲も労力も掛るのであろう。いずれにしても、今のままでは子孫らに明るい未来を継承することなど叶わない。兎に角、今は、私利私欲を捨て、私心を捨て、ただ国益だけを思い、政治を行ってほしいと願う。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-11-27 11:42 | 政治

鳩山首相に山積する金問題

鳩山首相に山積する金問題
2009年11月27日

 鳩山首相にまつわる金の問題が続けざまに噴出している。極めつけは母親からの10億円を超える金の問題だ。相変わらず鳩山首相は「知らなかった」と言っている。親子の間で知らない訳がない。政治家と秘書の関係で、知らない訳がない。大いに問題がある。そして、そういう鳩山総理の態度自体に、有権者である国民は信頼感を喪失する。

 だが、何故このタイミングでこの問題が浮上したのか? そのことに私は大きな疑問を感じる。鳩山氏に関しての金の問題は、知る人ぞ知る事実であった。鳩山氏を金の問題でつるしあげるのなら、何もこのタイミングでなくともできたはずだ。母親から多額の金が流れていることも、多くのマスコミ関係者が知っていたはずだ。民主党設立に当たっても、40億円近い金が流れたことは知る人ぞ知る事実だ。その金の問題が、鳩山氏と小沢氏の微妙な関係と確執を水面下で醸し出していることも、政治担当の記者の多くが知っているはずだ。特に、小沢氏の金の問題が出た際に、金がありながら党のためには金を出さない小沢氏へ対し、多額の金を党につぎ込んでいる鳩山氏が快く思っていない感情を露わにしたことがあることは周知の事実だ。にもかかわらず、何故今更、このタイミングでこの問題をマスコミが取り上げるのか。その背後に、自民党の影がチラホラ垣間見える。

 悪いことは悪い。鳩山氏の金にまつわることは、例え個人の金だとしても大いに問題である。何故なら、彼は政治家であり、総理大臣であるからだ。公人である以上、やはり公明正大でなければならない。だが、そのことをワイドショーよろしく、政争に利用する自民党には情けなささえ感じてしまう。政治という土俵で正々堂々と対峙できないのか。そんな自信も失ってしまったのか。政治をワイドショーよろしく、スキャンダルを利用して行うことは許し難い。その尻馬に乗るマスコミの程度の低さにも呆れてしまう。こんなことだから、日本は奈落の底に落ちていくのだ。結局、その皺寄せは国民に寄せられる。だが、そんなワイドショー的なノリに乗ってしまう国民にも大いに問題はある。兎に角、もっと真面目に、真剣に、政治に目を向けなければ、この国に未来はない。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-11-27 11:06 | 政治

仕分けの意義を履き違えた仕分け人たちの勘違い:スパコン

仕分の意義を履き違えた仕分人たちの勘違い:スパコン
2009年11月27日

 無駄を無くすのは良いことだ。自民党政権下では無駄が横行していた。しかし、この50年以上続いた悪習を一掃するのは容易いことではない。権益を死守しようとする輩や慣習が、永田町や霞が関に深く根っ子を生やして寄生しているからだ。だが、中には必要な無駄もある。その一つが、スーパーコンピュータをはじめとする宇宙開発など先端技術開発に関連することであろう。ノーベル賞受賞科学者たちが記者会見を開き、仕分人を批判したニュースは大々的に取り上げられた。あの科学者たちの憤りを理解できた日本国民が、どれだけいたのか。あの科学者たちのいっていることは、私利私欲を離れた国益を考えてのことと理解した人はどれだけいたのであろうか。

 新しい物を開発するには、無駄な投資が必要なのだ。無駄から発明は生まれると言っても過言ではないであろう。「無駄」を連発し、出る芽を叩いたり切り落としたりしてしまえば、技術開発や発明などあり得ない。資源が極端に乏しい日本にとって、技術開発は生き残りのための大きな資源であることは周知の事実だ。にもかかわらず、その技術開発にまで仕分人が手を付けることは、彼らが仕分による無駄削減の意義を履き違えたとしか言いようがない。あんな間違った仕分をして、先端技術開発まで無駄と斬り捨ててしまえば、あの記者会見に参列したような優秀な科学者たちの多くが、アメリカに移住してしまうであろう。何故なら、アメリカは先端技術開発者たちに、惜しみなく研究費や永住権や市民権を出してくれるからだ。

 アメリカは、昔から、教育予算を軍事予算の次に大きく割いている。何故なら、教育も軍事と同等の戦略の一つと捉えているからだ。そんな観点から、アメリカは留学生を広く受け入れている。そして、優秀な学者をアメリカに招き入れ、多額の研究費を与える。そのことが国益に繋がると考えているからだ。そもそも、日本人は、国益の意味すら理解していないのではないか。政治家でさえ、国益の意義を忘却してしまっているとしか思えない。そこのところから改革しなければ、この国を再生することはできないのかもしれない。悲しい現実だ。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-11-27 10:40 | 政治

民主党が苦渋する沖縄基地問題

民主党が苦渋する沖縄基地問題
2009年11月27日

 鳩山政権発足以来、鳩山首相はじめ民主党が一番苦渋している問題の一つが、沖縄基地問題である。沖縄基地問題は、日米安保問題に大きく関わる等閑にできない問題である。そして、日本の思惑だけではなく、国際社会、特にアジア地区における軍事戦略上のことも考慮して結論をださなければならない問題であることは周知の事実だ。しかし、選挙のことや、自民党との違いを見せたい民主党としては、この問題で強硬に出たいという気持ちがある。だが、現実とそんな思惑との狭間で苦渋している。民主党には、旧社会党系などの左派が党員として大きな比率で存在する。この沖縄基地問題で安易に動くことは、党内分裂を起こす引き金になりかねないという鳩山氏の配慮もあるのであろう。だが、そんなことを言っていたら、国益に叶う決断は下せない。

 現実問題として沖縄基地問題を考えて欲しい。それは、国益という観点に立ってということだ。確かに、沖縄県民には不公平な負担を掛けていることは事実だ。米軍基地が存在することで、騒音をはじめ、米軍兵士による不祥事など、迷惑千万なことは山積している。だからといって、それでは基地を県外もしくは国外に排除するということが、現実的なことであるのか? 答えは、ノーである。心情的に言えば、それは国内に米軍基地があるということ自体、論外と思ってしまうのが当事者であろう。だが、アジア地区の軍事戦略上のバランス等を考えれば、現状暫くは沖縄に基地があることが、日本にとっても大きな国益になっていることは、実は誰の目にも明らかなことである。だが、当事者である、沖縄県民がそれを認める訳にも受け入れる訳にもいかない。それが現実だ。

 であるのならば、時の総理ならびに政権が、その辺の事情をも呑み込んで決断するべきではないか。もしくはそんな複雑な事情を腹の中に呑み込んだ上で行動するということが、国益を考えた場合賢明であることは明らかだ。また、それが政治家としての役目ではないか。大人の対応ということだ。

 真摯に沖縄県民ならびに県知事に頭を下げればよいのだ。格好を付けずに土下座をしたっていいではないか。民主党としての方針や色を濁すというのも、大人の対応、政治家としての賢明な対応であると私は思う。騒動を大きくするよりも、総理が大人の対応をし、現状を打破することが日本にとってもアジアの関係諸外国にとっても大きな意味を持つのではないか。「何としても基地を県外もしくは国外に移動させる」などという子供じみたことを言わなくてもいい。今、現状では、沖縄に米軍基地があることが、軍事戦略上大きな意味を持っている以上、アメリカだって、そのような日本側の大人の対応を理解するはずだ。「10年掛けて、米軍基地の返還もしくは県外か国外へ米軍基地を移転する交渉をする」と言えばよいではないか。10年後まで鳩山氏が総理大臣をやっている可能性は極めて少ない。10年後に、アメリカがどうなっているか、中国がどうなっているか、日本の政治がどうなっているかなど、誰にもわからないのだ。神様にだって、そんな10年先のことはわからないはずだ。実際、戦後60年間、日米安保の下、沖縄米軍基地をおくことで、軍事的均衡を保ってきたのだ。それを一朝一夕にチャラにできるはずもない。色々なことを交渉すれば、今すぐやると言ったとしても10年以上の年月が掛るであろう。であるのならば、時には「嘘も方便」。要は、この国の国益、即ち国民の平和と安全維持をできればよいのだ。そんな大人の対応も必要なのではないか。

 結局のところ、綺麗事を言って、馬鹿正直に進もうとすれば、結局国民も相手国をも大きく欺くことになり、取り返しのつかぬことになりかねない。軸足を定めていれば、大人の対応をしたところで、それぞれがそれぞれの利害と思惑にたって物を言ったとしても、それを実現するために強硬策をとるということはないであろう。皆、暗黙の了解の上で、それぞれの思惑と利害が最大限満たされる形を模索することになるだけだ。それでよい。何も、今すぐ基地を排除するなどという角の立つ、確執を生むようなことを言う必要はない。後は、政治家の手腕である。強かに相手国と対峙すればよい。だが、敢えてアメリカを敵に回す必要はない。賛否両論はあろうが、実際に戦後60年間日米安保の下、平和は維持されたのだから。外交とは、そういう強かさやずるさをも含めてのことであると私は思う。あまりにも、日本の政治家達は、馬鹿がつくほど生真面目過ぎるような気がしてならない。それでは、結局墓穴を掘ることになりかねない。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-11-27 10:06 | アメリカ関係

オバマ大統領が来日を延期した本当の理由

オバマ大統領が来日を延期した本当の理由
2009年11月9日

 オバマ米国大統領が、乱射事件の追悼式典参列を理由に来日を延期してきた。だが、それは建前で、延期の本当の理由は、沖縄の基地問題に対しての不快感を意思表示したと見る方が妥当だろう。

 日本側の主張に異議を唱えているのではない。鳩山政権に、基地問題への確たる主張主義が定まっていないことへの不快感を、来日延期という形で表したのであろう。

 アメリカの大学の授業におけるディベートを体験すれば、どういう状況をアメリカ人が一番不愉快に思い、取るに足らないと思うかは理解できるはずである。それは、独自の主義主張がないこと、定まっていないことだ。例え間違っていても、人真似や風見鶏での意見ではなく、自らの意見や主張を持ち、それを相手に意思表示することを非常に重んじる国民性であるのだ。それは、多分、アメリカ人に限らず、白人社会では最も重要視されることであるように思う。

 オバマ大統領も、アメリカ政府も、鳩山政権の沖縄基地問題に関する軸足、日米同盟に関しての軸足が依然定まっていないことに、大きな不快感を覚えているのであろう。アメリカで教育を受けた経験のある鳩山総理なら、そのようなアメリカ人気質理解しているはずである。にもかかわらず、このように軸足定まらぬということは、即ち、民主党内がまとまっていないということを露呈し、鳩山政権は、内に大いなる問題を抱えていることを露わにしていると思われても仕方がないのではないか。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-11-09 23:31 | アメリカ関係

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧