政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サンタへの手紙

サンタへの手紙
2007年12月19日

 以前にも、記事で書いたことがあるが、我が家では、子供達が15歳になるまで、サンタクロースが本当にいると信じられるように、様々な演出をしてクリスマスを迎えることにしている。サンタクロースの存在を信じることで、心に「信じる」という小部屋を作ることができるからだ。我が家の子供達が通っていた幼稚園の牧師先生が、「心の小部屋」という話をしてくれ、その話に感銘を受け実践してきた。無事、長男は15歳を迎え卒業した。今年のクリスマスは、長女にとって15歳になるまで最後のクリスマスだ。

 こんな話をすると、大抵の人がそんなことをいくらなんでも中学生にもなる子供達が信じているわけはない、と言われる。しかし、不思議なことに、子供達は、疑心暗鬼ながら信じてくれている。その証拠に、毎年、一生懸命サンタクロースへ手紙を書く。

 ハラハラしたことも何度となくあった。何故なら、周りのお友達が、「サンタなんかいるわけないじゃない。サンタは、お父さんやお母さんだよ」と余計なことを言う。かなり疑ってかかった頃もあった。しかし、今はまた落ち着いている。周囲の言葉に惑わされなくなった。ある意味、知ってはいるが、信じてくれているのかもしれない。

 親の私は、それなりの努力をこの15年間してきた。サンタへの手紙に書かれている望みのモノとは別に、私自身からのクリスマス・プレゼントをそろえることは勿論、クリスマス・イブには、ツリーの根元に温かい紅茶とクッキーを用意する。子供達を早く寝かしつけ、寝息を確認するや、眠りの記憶に残るようにトナカイの鈴の音を微かに響かせる。そして、そそくさと隠してあったプレゼントをツリーの下に並べる。早朝、大抵は日の出の頃、5時30分から6時過ぎぐらいを狙って、「今年も、サンタ来てくれたみたいだよ」と目を擦りながら、子供達を起こす。寝ぼけ眼でツリーの元へと子供達が向かうと、彼らの目にプレゼントが飛び込んでくる。これが、我が家の恒例行事だ。クリスマス・イブには、私は徹夜。サンタの宿命だ。

 今年は、少々問題が発生した。例年通り、子供達はサンタへ手紙を書いてくれた。ところが、我が家のツリーには、息子の手紙しか飾られていなかった。驚いた私は、娘に直ぐ電話をした。娘は、私立中学の寮に入っている。寮に入ってはいるが、ほとんど毎週末帰宅する。というか、私が土曜日の午後の授業後迎えに行き、翌日曜日の夕方の門限には寮へ連れて帰る。それはどうでもよいのだが、娘のサンタへの手紙がない。私にとっては一大事である。何故なら、娘が何をサンタへ頼んでいるかわからないからだ。その上、今年は、終業式まで3週間は寮で友達と過ごすから帰らないという。終業式は、22日の土曜日。それからでは、とてもではないがプレゼントが間に合わない。私は慌てた。

 電話の向こうの娘に、「サンタへの手紙はまだかな?」と冷静を装って訊いてみた。すると娘は、「大丈夫だよパパ、サンタへの手紙は寮のツリーに飾っておいたから」と何事もないように答えた。私は、「えっ、何で?」と動揺した。「何でって、寮にいるから」と娘は、当たり前という様子で言い放った。「あっ、そうか。だけど、サンタわかるかな?」と、私はかなり動揺した。すると娘は、「サンタは空飛んでくるのに、大丈夫に決まってるでしょ」と言う。私は焦った。そして、挙句の果てこう切り出した。「そりゃ、そうだよな。だけどね、サンタは手紙が置いてあった場所にプレゼントを持ってくるらしいよ」そう私が言うと、「ウソ」と今度は娘が動揺した。「クリスマスの時は、冬休みだから寮は閉まってるよな。困ったな」と私が続けると、娘は間髪を入れずこう言った。「明日一番で、サンタへの手紙送るから、忘れずにお家のツリーに飾っといてよ」私は胸を撫で下ろし、「わかった。パパにまかせとき」と、娘を安心させた。実は、私の方が一安心であった。

 一件落着である。正直、一時はどうなるかと思った。しかし、嬉しかった。やはり、娘は、まだサンタクロースを信じてくれている。14歳になっても、サンタが来ることを信じてくれている。これほど、嬉しいクリスマス・プレゼントはない。思わず15年間のクリスマスの思い出が蘇ってきた。長かった。でも、よかった。素敵なクリスマスばかりだった。これからもずっとそうであってほしい、と心底より思った。Merry Christmas!!
[PR]
by seizaikai_club | 2007-12-28 16:39 | 今日の独り言

有権者置き去りの大阪府知事選挙に思うこと

有権者置き去りの大阪府知事選挙に思うこと
2007年12月14日

 来年1月10日公示1月27日投開票の大阪府知事選挙に、テレビで人気の橋下徹(はしもと・とおる)弁護士(38歳)が出馬する意向を表明した。彼が現在作成しているマニフェストを検討した後、自民党が公認するということだ。しかし、それは形式的なことで、事実上自民党公認での出馬表明だ。

 少し前まで出馬はないとマスコミに言っていたにも関わらず一転した理由は、テレビ出演ならびに弁護士活動の調整ということであった。それはそれで構わない。テレビ出演を続ける、ということもそれで知事の仕事にプラスになるのならば一向に構わない。ただ、今回の大阪府知事選挙に於いて、自民党、民主党、公明党、共産党が推薦する候補者の顔ぶれを見て、少々疑問を感じる。何故ならば、皆、大学教授だの弁護士ばかりだからだ。

 民主党は、大阪大大学院工学研究科の熊谷貞俊(くまがい・さだとし)教授(62歳)を推薦し、本人も出馬表明をした。共産党は、弁護士の梅田章二(うめだ・しょうじ)氏(57)の推薦を早くから決めていた。いずれも、教授だの弁護士である。彼らが悪いと言っているのではない。ただ、知事としての資質が本当にあるのか、ということに疑問を感じているだけだ。

 知事とは、同じ政治家でも、代議士や参議院議員など国会議員とは少々職務内容が違う。日本の地方自治体は、大統領制のようなものである。即ち、知事には政治家としての資質だけでなく、経営者としての資質も望まれるのだ。知事とは、それぞれの都道府県の最高責任者でありながら、同時に都庁、道庁、府庁、県庁職員を司る経営者、会社でいえば社長のような立場でもある。実は、この経営者としての力量が、知事の仕事にとっては非常に大きな割合になる。自社の社員を統率できずして、よい業務を為せるわけがない。そこが非常に難しいところである。

 有権者から選ばれ付託をうける知事でありながら、半分は有権者、半分は都道府県庁職員へ向いていなければならない、という複雑な立場にあるのだ。有権者にばかり顔が向いていれば、実務の部分で職員が言うことをきかない。そうなれば、どんなに良いことを為そうとしても実行できないことになる。逆に、職員の方にばかり顔が向いていれば、有権者を裏切ることになってしまう。このような難しい状況であるのだから、本来、議会が有権者の代表者として、もっと発言権も含めた権限や役割を果たすべきである。だが、現状、どこの自治体においても、議会や議長は、非常に形式的なものになってしまっている。ここのところに、今の日本の地方自治制度に問題があるように思う。

 少々話が横道にそれてしまったが、ということで、知事には、政治家としての資質のみならず経営者としての資質が望まれる。だとすると、経営経験のない学者や弁護士に知事の仕事が務まるのであろうか? 非常に大きな疑問を感じざるを得ない。

 大体、今回の大阪府知事選挙における各政党の体制を見ていると、有権者のことなど何も考えていない。兎に角、勝つことだけを考えて推薦候補を選んでいるようにしか思えない。知名度や人気のある人間を推薦し、何としても勝とうという思惑が余りにも露骨である。わかっていても腹立たしい。何故なら、知事を選ぶということは、その後のその地域の在り方を左右する大切な選挙だからだ。大阪府を立ち直らせるも、ダメにするも知事の手腕に掛かっている。にもかかわらず、どの政党も自分達の思惑だけで全てを進めているようにしか思えない。知事とは、地味だが遣り甲斐のある大きな仕事である。それだけに、人気だけではどうにもならないところがある。

 確かに、宮崎の東国原知事もタレントである。知事就任後も、テレビ等に多々出演している。しかし、彼は、立候補するに当たって、二束の草鞋ではなく政治家を目指すことに専念していた。そして、知事に就任してからも、宮崎の発展のためにテレビ出演等はしているが、きっちりと線引きをしてそのような活動をしているように見受けられる。ここのとことろが、非常に大切なところである。

 橋下弁護士も真面目な努力家だと聞き及ぶ。だが、今回の仕事調整のため立候補表明を隠していた様子をみると、少々違うような気がする。大阪府のために、広告マンとしてテレビなどのメディアへの出演もキープしようとしているのであろうが、誰の目にも東国原知事とは違い、二束の草鞋を履こうとしていることは一目瞭然である。ここのところが、実は非常に大きな問題である。そして、このことが選挙にも大きく影響することは、間違いない。苦戦を強いられることになるであろう。ただ、対抗馬も、ある意味似たり寄ったりである。そのような状況を考えると、橋下弁護士が優位に立てるのかもしれない。だが、その場合、投票率は低くなる可能性が高い。どちらにしても、これからの各候補者の立ち居振る舞いを見守る必要があることは間違いない。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-12-14 18:42 | 政治

野球のオリンピック地区予選大会を観て思ったこと

野球のオリンピック地区予選大会を観て思ったこと
2007年12月13日

 先日、星野監督率いる野球のオリンピック日本代表チームが、北京オリンピック・アジア予選で無事勝ち残り優勝を決め、北京オリンピックへの出場を決めた。喜ばしいことだ。一時は、瞬間視聴率が40%を超えたということで、国民の期待も大きいことが窺える。

 ただ、気になることが幾つかある。一つは、その出場資格の獲得方法である。前回のオリンピックを思い出してみると、オリンピック自体で、色々な国々と対戦していたように思う。ところが、今回の北京オリンピックでは、予選の段階で地区ごとの代表が決まってしまうという。単純に考えると、オリンピックでは決勝戦だけをするのではないかという風に感じてしまう。記憶が正しければ、前回のオリンピックでは、オリンピック自体で同地域の韓国やオーストラリアとも対戦していた。だが、今回は、もう同地区のチームとの対戦はないということのように思える。どうも腑に落ちず、調べてみた。すると、必ずしもそうでないことがわかった。

 北京オリンピック出場枠は、8カ国だそうだ。予選7カ国と開催国中国の枠で、合計8カ国ということになっている。

 まず、アメリカ大陸、ヨーロッパ大陸、アジアの三地域で、それぞれの地区予選を開催し、それらの地区予選で優勝したチームが北京オリンピックへの出場権を獲得する。アメリカ大陸は、北と南に分かれているからか、何故か1位と2位が出場権を獲得できることになっている。それなら、北米、南米に分けたらよさそうな気がするが、野球母国アメリカは、優位にチャンスを持てるということなのかもしれない。少々不公平な気もするが。どちらにしても、これら地区予選によって、4チームが出場権を獲得することになる。ここまでが、既に終わっている。結果として、アメリカ、キューバ、オランダ、日本が、北京オリンピック出場権を逸早く獲得した。

 それでは、中国を除いた残りの三枠は、どのようにして決めるのかということが、次なる疑問である。それは、アメリカ大陸地区予選での3位4位、それ以外の地区予選で2位3位のチームの6チームに加え、オセアニアから1カ国、アフリカから1カ国を加えた合計8カ国の8チームによって、世界最終予選が行われる。事実上の地区予選における敗者復活戦的な意味合いが濃い。この世界最終予選の上位1位2位3位が、残りの出場権を得るということのようだ。よって、北京オリンピックに於いても、前回のオリンピック同様、同地区同士の対決ということも有り得るということになる。

 もう一つ、私には気になったことがあった。それは、ユニホームに貼られたパッチのことだ。日本のチームは、前回のオリンピックでも感じたのだが、ずば抜けて素敵なユニホームを身に着けている。デザインもさることながら、素材も、機能性も抜群である。ある意味、浮き立っている。だが、それだけではなく、日本代表チームのユニホームが浮き立っていることがある。それは、ユニホームのあちらこちらに貼られたスポンサーのパッチだ。確かに、国家の威信にかけ闘う日本代表チームを、スポンサー企業は資金的に支えているのであろう。だから、多少の宣伝になるパッチは当然といえば当然なのかもしれない。全日本野球会議も、支援企業獲得のためにパッチを商品にしているのかもしれない。

 しかし、オリンピックはプロ野球ではない。また、他の国々のチームが同じように企業広告パッチを貼っているであろうか? 私が見ていた限りでは、他国のチームが企業広告パッチを貼っていることは確認できなかった。確かに、ロス・オリンピック以来、民営化されたオリンピックは、それまでのオリンピックとは異なる変貌を遂げてきた。それでも、やはり行儀よく、ということは参加する全ての国々が心掛けるべきことではないか。

 球場に広告を出すのはよい。テレビの宣伝で、オリンピック代表チームの映像を出すのも構わない。また、スポンサーをしていることを大々的に宣伝するのも構わない。だが、アマチュア・スポーツの祭典、オリンピックの代表チームのユニホームに、企業広告パッチを貼るのは如何なものか? お金を出せば、その代価として宣伝が許されることは、資本主義社会では当たり前のことである。だが、大きな利益を得ている大企業が、社会還元の一貫として、国の代表チームに資金援助するのは日本国に帰属する企業として当たり前のことである。どうも、品がない。折角、スポンサーをしているのなら、企業広告パッチなど貼らなくともよい。そんなことをしなくとも、そのことを国民には他の手段で認識させることはできる。その方がスマートであるし、より効果的であると私は思う。今の日本代表チームのユニホームは、どんなに高価で最先端の素材であっても、格好良さでは泥臭い他のチームのユニホームに負けている。モノが溢れる物質文明を文字通り突き進む日本らしい、という印象である。

 お金を出せば、良いものが作れるのは当たり前。だからといって、その豊かな資金力を見せびらかすようなパッチ広告は、国際試合においては余りにも品がないような気がしてならない。皆さんは、どのようにお考えか。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-12-13 12:25 | 今日の独り言

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧