政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

世界で起こるテロリズムに思うこと

世界で起こるテロリズムに思うこと
2007年10月24日

 世界中で、テロリズムが起こっている。悲しむべき出来事である。人によるエゴによって、全ては始まった。エゴがエゴを呼び、思惑が新たなる思惑を生み、人々を狂気へと導いている。

 人間とは、愚かな生き物である。人が人を恨み、殺し合い、奪い合う。自らを守ろうとするが故に、愛する者を守ろうとするが故に。しかし、そのために、他人を傷付け、自らも傷付くことになり、その連鎖はエンドレスに継続している。

 嘗て、冷戦時代には、国と国が戦った。冷戦終結後、民族と民族が戦った。そして、今、宗教と宗教が戦っているかのようにも、テロリストと大国が戦っているようにも見える。しかし、そうではない。今、この地球上では、個と個が戦っているのだ。それぞれの人間のエゴを正当化し、それぞれの人間のエゴに翻弄され、他を認めず、自分だけが正しいと思い込み、他を傷付けることが、自らの幸せに繋がると勘違いし、自己中心的な身勝手な思想を信じ、宛のない道を彷徨っている。いや、思想とも呼べない、ただの我欲でしかない。そのことは、個人も国も変わらない。皆が、自分のこと、自国のことしか考えていない。その証拠に、この地球が、自然が、悲鳴をあげているではないか。

 我々は、大切なことを忘れている。誰もが、同じ考えのもとに行動しているということを。テロリストと呼ばれる人々も、テロリストと呼ぶ人々も、皆、それぞれの愛する人を守るために戦っている。皆、愛する人々を守るために、戦い、そのために他人を傷付けている。恨みは恨みをかい、エンドレスに恨みの連鎖は悲劇を生み続ける。そのことに気付かない限り、この地球上から、悲劇の連鎖は消滅しないであろう。寧ろ、悲劇の連鎖は広がり、ますます収拾のつかぬことになってしまうであろう。

 本当は、簡単なことである。自分が愛する者を守ろうとしているように、相手も愛する者を守ろうとしている。もし、自分の愛する者が傷付けられれば、痛みと悲しみ、そして、復讐の念が体内に生まれる。相手の愛する者を傷付ければ、同じように相手も、痛みと悲しみ、そして、復讐の念を体内に宿す。ならば、争うのではなく、手を繋ぐ努力を、理解し合う努力をすれば良いではないか。しかし、現実問題、それは至難の業である。何故ならば、もう、悲劇の連鎖は、遠い昔より始まってしまっているからだ。悲劇の連鎖が、さらなる悲劇の連鎖を呼び、複雑に絡まりあってしまっているからである。今こそ、その過ちに気付き、絡まった糸を切り捨てるのではなく、解かなければならない。そうしなければ、この地球は、温暖化などで自然破壊する前に、人間同士が、傷付けあい自滅してしまうことにもなりかねない。感傷的な平和主義と言われるかもしれないが、最近、私は、そんな風に思うようになった。

 何人だからとか、何の宗教だからとか、そんな、肌の色も、宗教も、生まれ育ちも関係ない。皆、人は、この地球で生まれ、育ったのだ。全ての人間の故郷は、同じこの地球ではないか。ならば、自己中心的なミクロな発想に陥るのではなく、地球規模でのマクロな発想に転換し、皆が手を繋ぐべきであるはずだ。難しいことではあるが、そう努力すべきである。

 人とは、愚かで、浅はかな生き物である。個も、衆も、常に仮想的な敵を想定することによって団結し、大きな力へと導かれる。今、世界では、その人間の心理が裏目に出ている。民族単位、宗教単位で、徒党を組み、敵を作り戦い合ってしまっている。そして、そのような紛争は、エンドレスの様相を極めている。もし、そのような状況が解決されるチャンスがあるとすれば、それはこの地球上に住む人類が、共通の敵を持った時であろう。即ち、地球外よりの敵が現れた時なのかもしれない。そうなれば、きっと、示し合わさなくとも、自然に、争いは止み、皆手を取り合って、地球外よりの外敵に立ち向かい、地球上に平和が訪れるのかもしれない。だが、その地球上での平和と引き換えに、新たなる争いを地球外よりの敵と持たなければならない、という宿命を我々人間は覚悟しなければならない。いずれにしても、人間とは、本当に悲しく愚かしい生き物であることだけは、間違いない。最近、つくづくそんな風に思うようになった。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-10-25 10:37 | テロリズム

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧