政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コムスンの問題も社保庁の問題も全て厚生労働省管轄

コムスンの問題も社保庁の問題も全て厚生労働省管轄
2007年6月14日

 案外、皆気付いていないが、実は現在巷を賑わせているコムスンの問題にしても、社会保険庁や社会保険事務所による社会保険料の問題にしても、全て管轄は厚生労働省なのである。社会保険庁にばかり白羽の矢が向いており、厚生労働省の責任問題は、あまり浮上してこないが、実は、厚生労働省、嘗ての厚生省というのは、昔からこのような問題を多々抱えた省であったのだ。何故なら、旧厚生省、現厚生労働省が管轄する分野は、利権の巣窟であるからだ。

 その最大なるものが医療界である。医療の世界を統括しているのも厚生労働省である。医師会をはじめ製薬会社等は、皆厚生労働省の指導のもとに動いている。医師会と政治家の距離が近いことは、昔から周知の事実である。また、医薬品を扱う薬品会社が、新薬の認可をめぐり、厚生労働省の役人達に近づこうとする行為を繰り返していることも、よく知られていることである。そして、今大きな問題になっている社会保険庁も、この厚生労働省に帰属しているのだ。

 社会保険事務所の所長クラスなどは、厚生労働省の官僚が出向している場合が非常に多い。そのことは、交換した名刺を見れば一目瞭然である。やはり、厚生労働省の官僚たちは、出向していても、自分達は社会保険庁の人間ではなく厚生労働省の官僚であるというプライドと意地があるのであろう。必ず、名刺には厚生労働省の人間であることがわかる記載がされている。そして、社会保険庁で行われるほとんどの決断は、最終的にこのようなトップ達が為してきたものである。ということは、今噴出している社会保険庁ならびに社会保険事務所で起こっている社会保険料にまつわる諸々の問題の責任は、社会保険庁にとどまることなく、厚生労働省にもあるということを我々国民は認識しなければならないということだ。

 まだ、検証したわけではないので定かではないが、多分、社会保険庁ならびに社会保険事務所に出向している厚生労働省の官僚達も、社会保険庁や社会保険事務所に出向している間に、かなり甘い汁を吸っていることが想像できる。何故ならば、社会保険庁ならびに社会保険事務所というのは、他の省庁や役所とは違い、少々特異な形態で構成されているからだ。社会保険事務所に勤める人々は、純粋な公務員のように我々は思い込んでいるが、実は100%純粋な公務員ばかりで構成されているのではない。それぞれの社会保険事務所で、独自に雇い入れた人々が多々働いているのだ。彼らは、公務員試験を受けたわけでもない。だが、扱いは準公務員的で処遇されているのだ。勿論、納税者である国民に対しても、まるで上級公務員であるかのような態度で接してくる場合が多い。

 当然のことながら、彼らも人である。このような背景がれば、本当の官僚である厚生労働省から出向している官僚達に、媚を売って当たり前である。出向してきている官僚の方も、一段高いところに祭り上げられて当たり前という感覚があるはずである。この関係が、不正を生み出す環境であることは容易に想像できる。

 それでは、何故山積されている諸々の問題を、マスコミは取り上げないのか。疑問に思う人も多いことであろう。それは、こういうことだ。誰でも、健康に関し悩みや不安を持っているものである。医療関係を話題にしたり、叩いたりすれば、いざという時に、最善の医療を受けられなくなるのではないか、という人間本来持ち合わせる不安と防衛本能が働いてのことだ。この心理は、マスコミにとどまることなく、政治家や官僚にも同じように働いている。万が一、自分の健康に何かが起こった時、できるだけ便宜をはかってもらえるような関係を維持したい、という防衛本能が人々の中で潜在的に働いてしまうからにほかならない。厚生労働省の官僚達をはじめとする関係者達は、その辺の人間の心理を充分に承知しているのである。よって、高を括って色々なことを為してしまうのだ。社会保険に関する問題も、まったく同じ構造である。人々は、やはり老後の不安と自分の老後を守ろうという防衛本能が働くため、今までは泣き寝入りしてきたのだ。

 次に、コムスンの問題であるが、折口という男は、防衛大学にトップで入学し、トップで卒業したある意味優秀な男である。しかし、防衛大学卒業後、自衛隊には入隊せず、そのまま大手商社へ入社してしまった。言うなれば、税金で大学を卒業し、色々なことを多々学び、人脈も広げたが、後ろ足で砂をかけて自らの道を歩みだしたということだ。

 大手商社入社後は、直ぐに頭角を現し常に注目され続けた。彼が世間に名前を認知されたのは、バブルの時代に一世を風靡した芝浦の「ジュリアナ東京」の設立と成功劇でのことである。その後、時代の変容を逸早く察知した折口氏は、一番のピーク時に、ジュリアナ東京を終結させ、そこで得た金を手にし、帰属していた大手商社を退社し独立した。この時も、ある意味、後ろ足で砂をかけて去ったという形だ。引き際の見極めと後ろ足で砂をかけるという方程式が、彼のスタイルということなのかもしれない。

 価値観、判断基準は「金」とハッキリ言い切るような男である。非常にドライで、クール、ある意味非常に冷酷な一面を持った男だ。ジュリアナを閉鎖し、商社を退社した折口氏は、グッドウィルという会社を立ち上げた。当初より、彼の中では、介護業界ということが頭にあった。そのことは、当時、彼自身がハッキリと言っていた。ジュリアナを閉鎖する前から、彼の意識は、介護業界へと向いていた。そして、彼の口癖が、「医療保険制度ほど、美味しい制度はない」ということであった。同時に、当時、彼は介護保険制度の設立ならびに導入を、必死で政治家達へ働きかけていた。ありとあらゆるルートに接触をもち、政治家とのパイプを模索していた。その先に、彼は介護保険制度の確立、そして、独占という野望を抱いていた。それは、当時の彼の言動からしても、誰の目にも明らかであった。

 彼の言動で印象的に今でも記憶されていることは、医療保険制度の甘い汁を吸っている医師や官僚があれだけいるのだ、それらを暴くことで官僚達に圧力をかけ、介護保険制度を導入させるように働きかける起爆剤にすればよい、と言って数々の医療保険制度にまつわる不正問題を我々マスコミに持ちかけていたことである。ある意味、恫喝ともとれる手法である。裏でマスコミに、医療保険の不正を暴かせ、その代価として介護保険制度を導入させるきっかけを作る。非常に頭が良いと言えば良い。しかし、ある意味、少々怖い男でもあると言えよう。

 ただすごいのは、彼がそれを実現してしまったということだ。当初、マスコミはじめ、各界からは、介護ビジネスなど、慈善事業のようなことであってビジネスになどならない、と多くの批判等を受けていた。しかし、彼の頭の中には、介護保険制度という打ち出の小槌、魔法のランプが描かれていた。そして、最終的に、彼はその打ち出の小槌を手に入れたのだ。コムスンは、ここ5~6年で、驚異的な成長をみせた。ある意味、独占状態に近い、介護業界のドンと言っても過言ではないところまで、折口氏は上り詰めた。そんな折口氏は、当初、介護保険制度導入を働きかけていたころと同じような手口で、政治家や厚生労働省の役人達を手中に丸め込んでいた。だが、一つだけ、当時と違うことがあった。それは、株式上場を果たし、介護保険という打ち出の小槌も手に入れた折口氏には、昔とは違う潤沢な資金ができたということだ。彼は、その資金を利用して、人脈を広げ、名誉欲を満足させ、自らの世界を作り上げようとしていた。しかし、結果、金を追い、金に頼った彼は、自ら金に溺れ、沈没することになってしまった。彼の周りには、その金目当てにコバンザメのように群がった、多くの政治屋や官僚達がいた。だが、彼らが、窮地に陥った折口氏を助けてくれるはずもない。皆、我が身を守ることに必死で、恩などという言葉さえ彼らの辞書にはないような輩である。そのことを、今一番実感しているのは折口氏自身かもしれない。

 少々話が長くなってしまったが、結局のところ、役人と政治家ばかりがいつも美味しい思いばかりをし、最後に貧乏くじを引かされるのは民間人と関係のない一般庶民である消費者のみである。これは、何も折口氏を庇っているわけではないので誤解のないように。彼の価値観、経営姿勢は、明らかに間違っている。それだけは、確かなことだ。ただ、彼の才能は、図抜けたものがあるのかもしれない。その才能で、今度こそ、万人に認められる経営者に成長してほしいものだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-06-14 13:45 | 社会保険

振り込め詐欺とかわらない社会保険事務所の取立て方法

振り込め詐欺とかわらない社会保険事務所の取立て方法
2007年6月13日

 社会保険事務所ならびに社会保険庁のやり方の汚さに関しては、どこのメディアよりも早くより取り上げ糾弾し続けてきた。何度も、記事にし、挙句の果て、突然我が社の全ての銀行口座が差し押さえられ、倒産の危機へと追い込まれた。まったく、社会保険事務所を無視し、連絡もしていないというのであればこちらにも非があるのかもしれない。それならば、差し押さえをされても致し方ない。しかし、そうではない。毎週、多忙の中、社会保険事務所に足を運び、事情を説明し、業績が回復するまで支払いを小額にしてもらうよう交渉にも、お詫びにも行っていた。実際、約束した小額での納付はしていた。にもかかわらず、予告もなく突然差し押さえは行われた。

 本来、差し押さえに関しての予告が事前にあり、双方での差し押さえに関しての話し合いがあり、実際に社会保険事務所の担当官が、会社を訪ねて実情を把握して、初めて差し押さえはできるはずである。ところが、弊社の場合は、事前に差し押さえの話など、一言も聞いたことがなかった。前記したように、月に最低でも2回は、所轄の社会保険事務所に赴き、話し合いもしていた。しかし、その際も、差し押さえなどという話は一度も聞いたことがなかった。だが、差し押さえは、突然行われた。

 突然、一通の手紙が会社に届いた。それは、差し押さえがされたという知らせであった。同時に、メイン・バンクの担当者から、社会保険事務所によって差し押さえがされた旨の報せが電話で入った。狐につままれた思いであった。直ぐに、顧問契約をしていた社会保険労務士と会計事務所に電話で相談してみる。すると、「社会保険事務所が差し押さえをするなど聞いたことがない。たまにあっても、それはよっぽど悪質なケースで、滞納が長期間続き連絡も取れない、という場合であり滅多にないことだ」と言って信じてくれない。「大体、ちゃんと社会保険事務所と接触し、前向きに話もしているのに、そんなことがあるわけがない」とけんもほろろにあしらわれてしまった。

 専門家である彼らが、そんなふうに言うのも当然である。調べてみると、普通、社会保険事務所が滞納者に対し差し押さえをするケースは、年間で一桁の数字ということだ。まったく無い年も多々あるという。ところが、弊社が差し押さえをされた2004年は、差し押さえをされた件数が全国で39件に上ったそうだ。過去に比較すると、差し押さえ件数は突然30倍近くになったと言われているので、それまでなかったことが突然起こったということのようだ。奇しくも、この年は、社会保険事務所ならびに社会保険庁の不正が多々発覚し、マスコミが騒ぎ出した年だ。その先陣を切っていたのが弊社であった。確かに、社会保険事務所を訪れた際には、無言ではあるが不快感が露に伝わってきていた。弊社の差し押さえと、弊社の記事との因果関係は定かではない。しかし、被害者の弊社としては、差し押さえ自体が異例だというのであれば、何らかの因果関係と悪意を感じざるを得ない。

 企業の銀行口座を差し押さえすることは、社会保険事務所の人間にとって、簡単なことなのかもしれない。しかし、会社には、多くの社員が働いており、その社員達の後ろには、家族が連なっているのだ。会社の運営を阻害する行為は、そこに帰属する人々の生活を脅かすことに等しい。本来、国には、国益を死守する義務がある。そして、その国益の一義は、国民ならびに国民の生活を守るということにある。社会保険庁が司る社会保険制度とは、本来国民が安心して老後を送れるようにという発想から誕生した制度であるはずだ。ところが、その社会保険庁ならびに社会保険事務所は、国民を不安に落としいれ、国民の生活を脅かし、国民が汗水流して稼いだお金を天引きという形で徴収し、その大切なお金を勝手に流用し、本来、満額が支払われると信じている国民を足蹴にして、難癖をつけ、支払いを拒み、守らなければならない国民を奈落の底へと蹴落としているに等しい行為を繰り返してきた。それが社会保険庁ならびに社会保険事務所と、そこに帰属する役人達のやってきたことである。これは、明らかに詐欺行為に匹敵すると言っても、決して過言ではないのではないか。国民を騙した、最悪の行為であると言っても過言ではないはずだ。

 国民の汗の結晶である給与所得から、老後を保証するという名目で、大きな比率の金額を天引きしてきた。国民は、老後の安心のためにと信じ、生活を切り詰め我慢してきた。しかし、蓋を開けてみると、そのお金は流用され、領収書がなければ支払ったことも認めないとけんもほろろに切り捨てられてしまう。年金とは、国のお金で老後を保証してもらうと国民は思い込んでいる。だが実は、自分が額に汗して稼いだお金を、社会保険庁という積み立て機関に、積み立てていただけのことではないか。ところが、その積み立て機関である社会保険庁ならびに社会保険事務所の人間達は、その国民の大切な老後のお金を、まるで自分達の金と勘違いし、流用して、老後を迎えた国民達に、あの手この手で年金を払わなくてすむように悪知恵を働かしてきた。これは、企業でいえば、背任や横領と同じような罪であるとも言えるのではないか。まったくもって、信じがたいことである。

 これは、私がある会社を設立した直後に、実際に起こったことだ。顧問契約を結んだ社会保険労務士を介し、その新会社の社会保険の手続きをした。社会保険料に関しては、未払いがないようにと会社の銀行口座から引き落とす手続きをした。ところが、その社会保険労務士のミスで、間違えた銀行口座を引き落とし銀行口座として指定してしまった。しかし、幸い直ぐにそのことに気付いた私は、その社会保険労務士にそのミスを直ぐに修正するよう指示した。その社会保険労務士は、その日の内に直接管轄社会保険事務所に赴き修正を行った。ところがだ、翌月になって早々、誰の目にもとまるように大きく「督促状」と印刷された、真っ白い葉書が私の元へと郵送されてきた。シールを剥がし、内容を見てみると、第1回目の引き落としができず、社会保険料が徴収できなかった旨が簡潔に印刷されていた。私は、直ぐにそこに記載されている電話番号に電話をした。すると、担当官だという、非常に横柄な応対をする男が電話口に出てきた。まったく人との対応ということを知らないと思われる、小学生でもあのように失礼な対応はしないであろうというように横柄な態度の担当官であった。こちらの話を何も聞きもせず、頭ごなしに、まるで犯罪者か何かに話をしているように、高飛車な物言いをしてきた。さすがに頭にきた私は、まず怒鳴りつけ、その対応を叱咤した。そして、ことの一部始終を説明した。そして、あまりにも常軌を逸した対応なので、再びこう怒鳴りつけた。「そこから逃げずに、待っていろ。直ぐに、そっちへ行くから、直接顔を見てそういう暴言を吐けよ」と。我ながら、大人気ないとは思った。しかし、こんな言葉をこちらも吐いてしまうほど、その対応は失礼千万であったのだ。そんな言葉を吐いた私は、修正作業を直接行った社会保険労務士に電話し、ことの一部始終を説明して、今から社会保険事務所に行くので、そちらも来るようにと指示した。ところが、その社会保険労務士は、自分は社会保険の専門家であり、社会保険事務所と接触する立場にあるし、他のクライアントのこともあるので波風はたてたくないので遠慮するという、情けのない返答を返してきた。ご自分の名誉のためにも同席するべきではないか、と促したが結局その社会保険労務士は来られなかった。

 30分程度で、私はその社会保険事務所に到着した。直ぐに受付に赴き、大きな声で事情を説明し、担当者を出すように言った。ところが、案の定、担当者は出てこない。その上の部長とやらが出てきて、担当者は不在だと言い、私を応接室へと案内しようとした。しかし、私は、応接室へ入ることは断り、その場で、そこに訪れている他の客達と同じように、そのカウンター前に立ったままの状態で話をすることを希望した。

 その部長とやらは、開口一番こう言って頭を下げてきた。「申し訳ありません。調べたところ、こちらのミスだということが判明しました。確かに、口座引き落とし指定口座の変更は、御社の顧問の先生によってなされておりました。こちらの処理ミスで、督促状を送ってしまいました」と先手を打ってきた。私は、それでも大きな疑問を感じていた。その疑問を飲み込んで帰れるほど、人間ができていない。消化不良で気が変なってしまうであろうと思った私は、遠慮なく質問を浴びせかけた。

 引き落としが出来ず、3日も経ってない内に、その督促状は郵送されてきた。調べるでもなく、電話で確認を取るでもなく、いきなりの督促状である。きっと、社会保険事務所というところは、普通、社会や企業では当たり前で為されている手順というものを一切省略して、ただ事務的に、人を傷つけるような「督促状」というものを無神経に送りつける体質があるに違いない、と私はそのように察していた。何故なら、あの電話での担当官の横柄な対応を見れば、一目瞭然である。まるで振り込め詐欺を仕掛けてくる人間の電話のように横柄で、圧力的な対応は、普段からやっていなければできない。慣れていなければ、あのように居直ったような、高圧的な態度を普通の人間はできないものである。私は、そのことに関して、対応にでたその部長に問いかけた。するとその部長は、こう答えた。「私も、その電話の時横におりましたが、横柄で高圧的とは感じませんでした」と返答してきた。抜けぬけとよくもまあ、そんな白々しいことが言えたものだと正直呆れ返った。やはり同じ穴の狢ということなのだろう。その答えに、私の血は、さすがに沸点に近いところまで上昇した。真っ赤に茹蛸のように変貌を遂げた私は、矢継ぎ早に、疑問に感じていたことをその部長に浴びせかけた。しかし、返ってきた答えは終始一貫していた。「取り扱っている件数が多いので、一つ一つ丁寧に対応はしきれません。また、滅多にはないのですが、時としてミスが出ることもあります」と繰り返すばかりであった。こんなやり取りをしている横では、別の人が、私が電話で受けたと同じように、横柄な対応を受け小さくなっていた。結局のところ、弱いものには強く、強いものには上目遣いでという、典型的な役人体質ということなのだろう。

 事後、こんな話を聞いた。その話をしてくれた人は、以前社会保険事務所に勤めていたという。彼曰く、督促状を郵送し、横柄に、そして、高圧的に対応するのは、ある意味マニュアル化されたような、社会保険事務所の徴収方法だそうだ。呆れて、開いた口が塞がらない。こんな言い方はしたくはないが、我々の税金で雇われている公僕ではないか。それが、何故、あんなにも偉そうに、我々納税者である国民に対し、あんなにも見下した物言いができるのであろうか。それどころか、我々の大切なお金を勝手に流用し、納めたお金も納めてないとまで言い張る。これは、国が国民を騙した詐欺だと言われても仕方がない。こんな言い方をすると、名誉毀損だと騒ぐ社会保険事務所や社会保険庁の人間がいるかもしれない。しかし、事実ではないか。我々が老後を保証されていると信じ積み立ててきたお金を勝手に使ってしまっているからこそ、今世間を騒がしているような問題が噴出しているのではないか。5000万件の不明徴収分があるとか、コンピューターに切り替えの際に大量の不明加入者ができてしまったとか、色々なことを言っているが、結局のところ、お金の問題ではないのか。その5000万件の不明分のお金はどうなっているのか? そのことを問い質したい。金高の帳尻が合わなくなったから、5000万件の不明分が出てきたのではないのか。国民が、そういう風に勘繰っても仕方がない。誰でも、自分のお金を納めていたが、そのお金が不明になれば、当然のことながら勘繰る。当たり前のことである。今起こっている全てのことは、国民から徴収した社会保険料を、どれだけいい加減に、この何十年間、社会保険制度発足以来、社会保険庁ならびに社会保険事務所が扱ってきたかということの証ではないか。

 新たに補正予算を組んで、などという呆れた案もでている。しかし、とんでもないことだ。これまで、これだけいい加減にやってきたものを、新たに10億円だ、20億円だ、30億円だ、という多額の税金を使って解明したところで、今まで社会保険庁ならびに社会保険事務所がやってきたことの恥の上塗りでしかない。大切な税金を捨てるだけのことになりかねない。それならば、ある時期で線を引き、それ以前の人々には、納付を証明できようができまいが、きちっと年金を支払うということにした方がよい。それは不公平を生むという人もいるかもしれない。しかし、納めたことを認められず泣き寝入りする国民が出ることの方が、許しがたい不公平であると私は思う。戦後の大変な時期を、日本を復興させるべく頑張ってきた世代ではないか。家族も省みず、ここまで頑張って、日本をこれだけの経済大国にしてくれた人々ではないか。そんな先人達の老後を保証してあげて、何の罰が当たるであろうか。

 そして、その線を引いた時期以降の国民に関しては、新たなシステム下での対応にすればよいのである。何も、片意地張って、日本は社会主義的民主主義国家でござい、社会保障制度も充実しているなどと偉そうなことを言わなければよいのだ。出来ないことは出来ないということで、選択肢のある社会保険制度を確立し、それぞれの国民の判断を尊重すればよいではないか。ある程度、自己責任の範疇で行えば良いのではないか。私は、そう思う。

 北欧諸国やカナダのように、社会保険制度を根付かせることは、日本では無理である。何故なら、国民性が違う。政治風土も違う。大体、政党政治で、各政党が、選挙戦に消費税をはじめとする税金問題を持ち出し、低俗な選挙戦を繰り広げるような政治体質がある限り、国民全体に平等な社会保険制度など確立できるわけがない。社会保険制度を充実させるには、国民の意識を高め、消費税率を大幅に引き上げられるような政治風土を、まず作らなければ夢のまた夢であり、絵に描いた餅でしかない。ならば、背伸びをせずに、アメリカのように、格差は生じるが、それぞれの国民の自己責任の比率を高めた、社会保険制度にすればよいではないか。日本人の国民性からすると、その方が合っている気がする。

 いずれにしても、今のままでは、日本は国としての体を成さない。国民を守らなければならないということは、国としての義務である。その国としての義務を怠るどころか、国民をだまし討ちに近い状態で苦しめているということは、国としての根本を揺るがす非常に大きな事柄である。こんなことでは、いくら経済大国だといっても、国際社会で国としては認められなくなってもおかしくはない。この社会保険庁の問題は、それほど罪深いことである。そのことを、社会保険庁ならびに社会保険事務所に帰属する人々には、真摯に受け止めて頂きたい。その罪の重さを自覚できれば、自ずとその身の処し方はわかるはずである。組織を解体し、新たなる組織へ横滑りなどということでは許されない大きなことであることだけは、自覚して頂きたい。そして、国民が心底憤慨していることも。その罪は、非常に重いのである。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-06-13 17:37 | 今日の独り言

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧