政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ムカデの巣窟

ムカデの巣窟
2007年3月25日

 昨日は、学期末の恒例行事、息子の通う学校で、委員による厨房の大掃除があった。以前にも何かの折に書いたと思うが、この学校の男子部では、最低月に1回の割合で、食事当番というのが回ってくる。生徒達は全国から集まり寮もある。学校自体は、東京のはずれに位置している。当然のことながら、地方生の父母は参加できないが、学校近郊、即ち東京を中心に近隣地域に居住する父母によって、子どもたちや先生方の昼食が、毎日作られる。大きな厨房で食事当番の父母が、栄養士の先生の指導のもと料理するのだ。それこそ、石川五右衛門の釜ゆでを彷彿とさせるような大釜がいくつもあり、料理というよりは、カンフー映画でよく目にする修行のような賄い作業である。お茶ひとつ沸かすにしても、市中のラーメン屋の寸胴の何倍もある大きな寸胴と格闘する、というような少々やり応えのある作業内容だ。

 余談だが、女子部では、ご飯も薪を使った二つの大釜で炊く。一度、経験させてもらったが、これは非常に勉強になる。思っているよりも、薪の場合短時間で炊きあがる。一瞬の油断が、焦げを作ったり、芯のあるご飯を炊いてしまったりということになりかねない。真剣勝負である。一生懸命、火と格闘しないと美味しいご飯はたけないのである。

 二年前、息子が入学した後、初めての食事当番の際は、勝手もわからぬため、まだ寒さも残っていたので、少々防寒を考えた服装で当番に臨んだ。しかし、大きな間違いであった。暑くて暑くて、汗をかきながらの作業。結局、脱水症状のようになり、折角作った昼食を、味わう余裕さえなかった。以来、真冬でも、半袖姿の上に、割烹着を纏うというスタイルが、私の中で定着した。

 その厨房を、学期末と学期始めに、委員が総出で大掃除をするのだ。隅から隅まで、これでもかというほどに奇麗に掃除する。案外、力仕事である。しかし、こんな努力が代々受け継がれてきたからこそ、80年という歴史が積み重ねられてきたのであろう。そして、その結果が、国や都の重要文化財として、校舎も含め保存され続けられてきているのであろう。これ以上の宝はない。

 そんな大切な厨房の外側、食材を受取り洗う洗い場の壁を洗っていたら、どこからともなく中型のムカデが現れた。私がかける水に驚き慌てて飛び出してきたらしい。ヒヨロヒョロと壁を逃げ惑うムカデ。どことなくぎこちなく、水をかけたら瞬く間に地面に落ちた。後はまるで波乗りをするがごとくに、水に流されていった。大事な厨房に、不届き千万、と憤りを覚えつつ壁掃除を続けた。すると、それどころではない騒ぎへと発展してしまった。

 壁際に、嘗て食材置きに利用されていたと思われる古い木製の棚が置かれていた。既に使用されていないことは一目瞭然であった。が、しかし、そこにあるからには掃除をしなければ、と水をかけた。そこからが大変である。さっき波乗りよろしく流されたムカデの仲間とおぼしきムカデの大軍が、あふれ出てきたのだ。これでもか、という勢いで何百匹ものムカデ諸君があふれ出てきた。都会暮らしで、ムカデの姿を拝むこともめっきり少なくなった昨今、さすがの私も正直少々驚かされた。

 女子部の寮に、ムカデが出るという話は娘から聞いたことがあった。しかし、男子部の方で、ムカデを見たという話を、私は聞いたことがなかった。帰宅後、息子にも訊いてみたが、息子も厨房近くでムカデを見たことはないといっていた。あんなにも大量のムカデがいるにもかかわらず、一度も目撃されたことがなかったとは、敵もさるもの、なかなかシタタカなムカデどもめ、と思いつつ水で全てのムカデを流し去った。

 しかし、ムカデ達、なかなかシタタカで、流しても流しても、また舞い戻ってきてしまう。側溝に流しても、また泳いで戻ってくる。結局、木製の棚を処分し、かわいそうだが側溝に消毒液を流し、成仏してもらう作戦をとった。騒動は、治まった。幸い、戻ってくるムカデもいなくなった。

 全ての作業を終わり、一部始終を反省会の場で報告した。だが、後になってよく考えてみると、あのムカデ達も、姿一つ現さず、生徒や我々に危害を加えることもなく、ひっそりとキャンパスの片隅で、生きてきたのかもしれない。たまたま、大掃除で、私が彼らの住処に水をかけたが故に、不本意ながらも私達の前に姿を現す羽目になり、結局退治されてしまった。

 確かに、子供たちの日々の生活を考えると、毒を持つムカデを放置することは考えものだ。しかし、ムカデの立場になって考えてみれば、余計な御世話で、人間の勝手だったのかもしれない。一事が万事、自然界は、こんな風に、人間様のご都合主義で乱されているのかもしれない。目先の問題として、対処したことが、実は自然界の大きな長きにわたる流れにおいては、とても大きなことで、そのような人間様のご都合主義による勝手の積み重ねが、地球が病んでいる今のような状態を生みだしてしまったのかもしれない。

 一匹のムカデから、何だか壮大な話へと思いが巡ってしまったが、こういう目先の小さなことを大切にしていくことの積み重ねこそが、地球を救うことに繋がるのでは、と実感させられた出来事であった。

 「地球を救う」などという言い方自体が、人間の勝手な言い分なのかもしれない。「こんな地球にしたのは、他でもない人間、お前達だぞ」という地球の憤怒の叫びが、地底から轟き聞こえたような気がした。ごめんなさい。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-03-25 11:10 | 今日の独り言

この世の不思議(喪服の脱げぬ日々)

この世の不思議(喪服の脱げぬ日々)
2007年3月23日

 この世の中には不思議なことが沢山ある。こんなにも長きに渡り人が生をこの世に受けてきても、まだまだ我々人間の知恵の及ばぬ世界があることを、時として思い知らされることがあるものだ。人の生き死にということもその一つである。

 亡父が他界した四年前にも、同じようなことを感じたことを思い出した。癌と長年家族共々闘ってきた亡父も、私達家族も、心の片隅のどこかで、近い将来必ず「別離の時」が来ると覚悟はしていた。にもかかわらず、実際にはやはり人が一人亡くなると、不意を突かれたように度肝を抜かれてしまった。それだけではない、付随して不思議なことが次から次へと起こった。

 昔から、よく、人の生き死には潮の満ち引きが関係ある、などと言われている。確かに、何かの因果関係があるような気もする。それが、潮の満ち引きなのかは定かでない。しかし、生あるものが亡くなることが、時として続くということがあることは確かだ。亡父の時もそうであった。顧問弁護士の先生をはじめ、長年亡父の身近にあった人々が、予期せずして立て続けに亡くなった。まるで、最初に逝った人、即ち亡父が皆を道連れに引っ張っていったかのように芋づる式に、数人の亡父の親しき人々が亡くなられた。あの時も、不思議を感じた。

 そして、先週からの一週間、いや、このままいくと10日間が、また4年前と同じような状況になりそうだ。来週予定されている祖母の七回忌が終わるまでは、喪服が脱げぬ様相である。

 先週の木曜日、俳優の船越英二が亡くなった同じ日時に、母方の伯父が亡くなった。84歳の亥年生まれで、今年は年男であった。故船越氏は誕生日であったというが、伯父は誕生日の三日後であった。日蓮宗の僧侶であった。朝のお勤めの最中に心臓発作で突然他界したという。甲府で、大きな寺の住職をしていたので、多くの僧侶に囲まれての密葬であった。私も、家族共々月曜日の夜まで東京を離れていた。その帰路の車中、新たなる訃報が立て続けに入った。

 一件は、遠縁の親族の訃報。そしてもう一件は、私が非常に親しくさせて頂いている御方の御身内が立て続けに御二人も亡くなられた、という報せであった。通夜、告別式に参加させて頂くため、一昨日東京を離れ、昨晩帰京した。

 何を隠そう、明日明後日、またまた通夜と告別式がある。これでもか、というように続く。明後日は、友引だというのに告別式があるという。彼岸であるとはいえ、そんなにも寺社は多忙なのか。これもまた、人智の及ばぬ不思議であるような気がしてならない。

 やはり、潮の満ち引きなのだろうか。不思議、不思議、実に不思議である。来週は、祖母の七回忌がある。これで打ち止めにしてもらえるよう、今朝は珍しく願を込めて仏壇に手を合わせた。普段、「神仏を敬い、神仏に頼らず」を実践している私だが、これ以上身近で不幸が起こるのは御免とばかり、思わず願をかけてしまった。お亡くなりになられた皆様のご冥福を、心底よりお祈りさせて頂き、筆を置くこととする。 合掌
[PR]
by seizaikai_club | 2007-03-23 16:18 | 今日の独り言

国会はワイドショーでもなければバラエティーショーでもない!!

国会はワイドショーでもなければバラエティーショーでもない!!
2007年3月8日

 どうも最近の代議士達の言動を見ていると頭にくる。与党も野党も、政治とは何ぞや、政治家の使命とは何ぞや、という根幹を忘却しているようにしか思えない。兎に角、レベルが低すぎる。特に、野党のレベルが低い。鋭い切り込みができる野党のもと、良い与党が育つ。そう言っても過言ではない。ところが、今の野党の有り様を見ていると、まるでワイドショーである。政策論争ではなく、ワイドショーさながらのスキャンダル合戦での足の引っ張りあいばかりが目につく。

 国会とは、政治を議論し、国民のため、国のために時間を費やす場である。スキャンダルを糾弾ばかりする場ではない。ましてや、きちんと調査もせず週刊誌の受け売りのような質疑には、呆れ返ってモノも言えない。対する閣僚も、公人としての自覚を持ち、無意味に長引かせるような対応をせず、素早く対処し、本来国会で論議される問題へと速やかに流れをつくってしかるべき。国会は自我でモノを言う場でもなければ、閣僚とは自我でモノが言える役職でもない。松岡代議士も、民主党の議員諸氏も、もっと政治家としての自覚を持ち、国民のために汗水流すことを肝に銘じて頂きたいものだ。あまりにお粗末すぎて、開いた口が塞がらない。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-03-08 16:01 | 国会

まだまだアメリカの動向を注視する必要がある世界市場

まだまだアメリカの動向を注視する必要がある世界市場
2007年3月1日

 昨日の朝は、株式市場の大暴落一色であった。しかし、不思議なことに、嘗て経験したような緊張感を感じなかったのは、私だけではなかったはずだ。中国市場の影響を受けての暴落連鎖だという。急成長途上にある中国の市場が、いよいよ世界に影響を出しだした証だ。裏を返せば、中国人達へ資本主義の甘い汁を吸わせることに、アメリカが成功したともいえる。

 アメリカにとって一番大切な経済政策の一つに、アメリカ$を基軸通貨として死守し、拡大するということがある。それには、中国市場は見逃せない大切な市場なのだ。今は、アメリカが、中国にカンフル剤として資本主義の甘い汁、即ち贅沢と選択肢を、あらゆる場面で打ち込んでいる。一度甘い汁の味を覚えた人間は、絶対に後戻りはできない。一昨日までの株式市場の高騰は、その証であった。そして、その焦りを表したのが、昨日の中国に始まる大暴落であった。

 今年、このような暴落があることは、ある程度予測されていた。それが、いつになるかはわからなかった。だが、間違いなく、このような暴落が、北京オリンピックまでに何度か起こることを、投資家は誰も予想していたはずだ。そのような状況下、昨日の暴落は起こった。しかし、これは、本番ではない。まだ、イントロダクションである。今後、このようなことが数回起こるであろう。そして、一度、大きな暴落が起こるはずだ。そのことは、歴史を振り返ればわかることだ。一つの国が急成長する段階での、登竜門とでも言えるのではないか。ただ、その規模が大きい。中国の規模は、歴史上類を見ない大きな規模だ。よって、一度、バブルが弾けた後が、中国にとっては本番であろう。その時こそ、中国を中心にして世界の経済が回りだすことであろう。中国がクシャミをすれば、きっと世界中がクシャミをすることになるのであろう。

 だが、これだけは、見誤ってはならない。中国中心になりつつはあるが、その中国の市場を巧みに操っているのは、アメリカの経済戦略であるということをだ。アメリカのドルを基軸通貨とした戦略は、我々他国人から想像できないほど、アメリカ人にとっては重要な経済政策なのである。そして、それは、アメリカが世界の中心にいられる唯一の武器なのである。よって、アメリカは、あの手この手で、中国を肥らせ、そして、ドルという自分達の手中で転がそうとするのだ。少なくとも、中国でバブルが弾け、本当の意味で中国が自立するまで、暫くの間はこの構図が続くに違いない。

 最後に、今回の暴落は前哨戦であって、市場に小さな影響は出ても、大きな影響を与え続けることはないであろう。しかし、間違いなく第二の波、第三の波が、近い将来押し寄せてくることを忘れてはならない。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-03-02 10:53 | 経済

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧