政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

カテゴリ:中国関係( 2 )

シンガポールと華人パワー

シンガポールと華人パワー
2011年5月31日

 28日土曜日昼に日本を経ち、30日夕方に帰国という強行軍でシンガポールを訪問した。訪問の理由は、アメリカ時代のルームメートで以来30年以上兄弟のように親しくしている華人、中国系インドネシア人の一番上の兄の70歳の誕生パーティーに招待されたためである。パーティーは、シンガポールのリッツカールトン1階にあるグランド・バルーン・ルームで700人以上の招待客を招き催された。

 彼のファミリーが、インドネシアでは有名なファミリーで、インドネシア経済の要を握っていることは知っていた。18年前に、スラバヤにゴルフ場をオープンした際に行ったパーティーにも招待して頂き参加したが、その際には5000人以上の招待客が列席していて驚かされたものである。今回は、700人強であったが、彼のファミリーに極めて近い人々のみが招かれたようで、世界中から華人・華僑の仲間が集まっていたという印象であった。

 18年前のパーティーでは、当時シンガポール首相であった李光耀を紹介してもらった。だが、まだ青二才であった私は、その意味の大きさを理解していなかった。今回は、李光耀元首相、吴作栋(呉作棟)前首相、李显龙(李顯龍)現首相、セラパン・ラーマ・ナザン現大統領、在シンガポール中国大使、在シンガポールインドネシア大使など名立たる人々が列席していた。それも、顔だけ出すという参加ではなく、午後7時より開始されたパーティーの終わり午後11時半過ぎまで、全員中座せずに残っていた。彼のファイミリーとの親密さを感じた。私は、1テーブル10席ずつ70テーブル以上ある会場の中、左側二列目前列から二つ目の来賓席より二つ横の非常に良い席に座らせて頂いた。お陰で、彼らVIPの様子をよく観察することができた。だが、生憎日本で言うSPが私と同じ席に着いたので、彼らの写真を撮ることは制止され叶わなかった。

 私の隣に座った、ベトナムから来たビジネス新聞社と海産物関係会社を数社経営するという華人の女社長と色々と話しをさせてもらった。彼女曰く、世界中の華人仲間の中でも、このパーティーの主催者である私の友人のファミリーは、人望的にも、経済的にも指折りだということであった。私は、今まで友人として、兄弟のように学生時代と変わらず彼とはバカをやって30年間を過ごしてきたが、どうもその様子を見た彼女たちは驚いていたようだ。知らぬが仏とは、よくいったものだ。インドネシアでは、指折り企業であり、証券取引所の株までかなりの数を持っていることは知っていた。だが、そんなに凄いとは知らなかった。

 それには理由がある。彼も、彼の兄弟たちも、まったく鼻高ではなく、いつも笑顔でスノブなところがまったくないのだ。億万長者のいやらしさが30年お付き合いしているがまったくない。それは、やはり彼等の両親も、彼らの両親が亡くなった後は、このパーティーの主賓である長男も、どん底から這い上がり家族を支えてきた立派な人たちだからであると私は思っている。頭が低く、正直で、謙虚で、非常に家族想いで、誰に対しても差別なく非常に優しいからだ。インドネシアの社会環境は、少々複雑で、経済的に恵まれ経済を動かす彼等中国系インドネシア人は、ネイティブ・インドネシアより差別されることが多く、嫉妬心から危害を加えられることさえある。よって彼等華人にとって、シンガポールは非常に安全でリラックスできる地であるとのことだ。

 私の友人も、アメリカ時代、ネイティブ・インドネシアンよりナイフで太腿を刺されたことがあった。生憎、その際彼はロスで私はサンフランシスコにいたので彼を守ることができなかった。だが、一緒に住んでいた頃は、空手などの武道をやっていた私は、彼を守るような役目も自然な中で果たしていた。彼から言われた訳でも、私からそう言ったわけでもなかったが、大学内で少林寺拳法のデモンストレーションをやったりしたことがあり、皆私が武道をしていることを知っていたので、彼と一緒にいるだけで、多少の効果はあったのかもしれない。

 話しが少々横道に逸れた。元に戻す。彼の兄が、お礼のスピーチでこんな話をしていた。「私の人生哲学は一つ、人間は独りでは生きられない。だから、皆仲良く手を合わせて、今この時を一生懸命に生きる。血が繋がっていても、繋がっていなくとも、一度ファミリーになったら、ずっとファミリー。そして、いつも笑顔を忘れない」素敵な言葉だ。私が常々思っていることと同じことを仰っていたので、非常に感激した。娘のスピーチでは、「世界中で一番優しいお父さんは、何時でも、どんな時でも、どんなことがあっても、自分たち子供は勿論、ファミリー全体を大切に思い守り、誰よりも努力して私たち皆を支えてくれる、こんなに素敵で偉大な人はいない」と涙ながらに言っていた。それは社交辞令ではなく、彼を見ていれば良く理解できることなので、こちらまでもらい泣きしてしまった。私の友人にとって、このお兄さんは、22歳上で正に父親同然である。アメリカ大学卒業式にも、父親が既に他界していたのでこのお兄さん夫妻が参加していた。私も亡父のことを思いだしてしまい、涙が止まらなかった。

 彼らの特徴は、非常に家族を大切にするということだ。これは、もう並外れている。人目を憚ることなく家族を守る。傍から見ていても素敵なことだ。それが、とってつけたような様子ではなく、心からの言動なのでこちらの心にも響く。華人や華僑の強さは、ここのところにあるのかもしれない。親を大切にし、家族を大切にする。素敵なことだ。

 これは私の私感だが、華人や華僑の人々と日系人の人々には、多くの共通点を見いだせるように思う。皆、古き良き時代である意味時計が止まっている。それは勿論良い意味である。中国人の良い部分を大切にして、華人・華僑の人々は国境なく世界中を母国としながら一生懸命生きている。日系人の人々も、古き日本人の良い部分を大切に、母国日本を離れても、日本人としての誇りを忘れず一生懸命生きている。そして、どちらも、皆謙虚で正直であるということだ。

 アメリカ時代、私は、日系人の方々と日本から来た日本人とは違うという思いで見ていたし、お付き合いしていた。日系人は、真面目で同胞である我々日本人を守ってくれる。ところが、日本から来た日本人は、日本人同士で足の引っ張り合いをする。そのことは、帰国後戦争経験のある老人と話した際に、同じようなことが軍隊の中でもあったことを聞き納得した。だが、どうも華人や華僑の彼らの中にも、同じような感情がメインランドの中国の人々へ対してはあるように今回感じた。決して誹謗中傷や悪口は言わない。だが、こんな一言にそんなことを感じた。「メインランドの人々は、国のお金だと思い、湯水のようにお金を無駄遣いする」この一言に、彼らの思いが集約されているように思えた。彼等は、やはり外国で苦労し、努力して今の地位を手に入れている。よって、謙虚なのだ。そこに彼らの強さがあるように思う。

 そんな彼らが安心して滞在できる場所がシンガポールであるそうだ。差別なく、皆優しく、襲われることもない。そして、そんなシンガポールの変容ぶりは、目を見張るものがある。マーライオンは、今や大都市に埋もれ目立たない。小さな国だが大都会だ。市民の声に耳を傾けると、色々なことがわかってきた。昔は、工事などは日本企業が中心であった。ところが、現在は、中国の企業が占める比率が圧倒的に高くなったそうだ。その理由は、格段に費用が安いとのことだ。地下鉄工事現場を見て見たが、日本企業名は清水建設の名前があった。だが、その他は全て中国企業名であった。そういう現場での労働人口比率の80%以上が、外国人だということだ。シンガポール全体に占める中国系の比率は圧倒的だが、3Kと言われるような仕事現場では、インド系の人々が多いように感じた。マーライオン前の湾は海と遮断され、湾内の水を淡水化して、水不足解消策が施されているとのことであった。また、その周囲は埋め立てられ、新しい高層ビルが乱立しカジノには多くの人々が溢れていた。カジノには、メインランド・チャイナからとインドからの人々が圧倒的に多いように感じた。一言で言えば、開発ラッシュという感じである。また、街の様子も非常に恵まれている感じであり、日本と全く変わらない。ブランドショップが乱立し、伊勢丹、高島屋などの日本系デパートもあり、日本食は超人気料理らしい。街中には、なんと牛丼の吉野家まである。北朝鮮と変わらない独裁国であるのに、こちらは非常に明るい自由経済独裁国という印象である。

 最後に、今回の旅で一番驚かされたことは、お互いバカをやっていた友が、別人のように子供や家族に対して全てを傾注し優しく、思い遣りを持って接している姿であった。非常に嬉しく思った。同時に、子供や家族の意味の大きさを実感させられた。昔の彼からは、想像がつかぬ姿であった。彼も、私に対し、まったく同じことを感じていた。数年前、彼は息子と奥さんを伴い、アメリカで彼が学んだ場所を案内して歩いたといっていた。実は、私も6年前、まったく同じことをした。

 そして、その彼の息子は20歳。私の息子は18歳、お互いに彼らが私たち同様の仲になれることを思いつつ別れた。彼の息子は、非常に素直で、好奇心旺盛で、なかなか良い息子であった。「お父さんの兄弟は、自分にとって親同然」と言って、パーティー準備に忙しい私の友人に代わって、私の面倒をよくみてくれた。またよく懐いてくれ、私も自分の息子のように感じ、非常に親しみを感じた。同時に、人の歴史を感じ、感慨深い思いがした。私たちの想い出は、息子たちへ引き継がれていくのだなと思うと胸が熱くなった。シンガポール滞在時間は36時間程度であったが、非常に意味ある素敵な時間であった。感謝、感謝、感謝。
[PR]
by seizaikai_club | 2011-05-31 10:00 | 中国関係

安全保障に関わる中国人による土地買い漁り問題

安全保障に関わる中国人による土地買い漁り問題
2011年1月9日

 今朝のフジテレビ報道番組の中で、北海道での中国人による土地の買い漁りの問題が取り上げられていた。この問題は、私も昨年夏に所要で北海道を訪れた際、地元の人たちから聞かされ非常に興味を持ち、記事も何本か書いた。その後、尖閣諸島の問題が勃発した際に、離島の土地売買に関しても記事にした。安全保障上問題が生じると予想される土地に関しては、何らかの法的整備をするべきであると強く思う。

 問題は、沖永良部の時もそうであったが、自衛隊の基地から3キロ以内、即ち隣接地までもが、中国人に買い占められようとしているということである。地権者の気持ちとしては、現金買いをしてくれる中国人にという私的感情や経済状況からそういうことが頻発しているのであろう。だが、日本の安全保障上非常に大きな問題であることは明白だ。日本の土地を売買する外国人、特に中国人地権者たちからは、批判の声が聞こえてくる。しかし、日本以外の他国に於いては、安全保障上問題がある土地の売買が制限されることは当たり前のこととして法整備されている。アメリカやフランスなどでは、土地の売買に関して、安全保障上の問題が認められれば、大統領権限において阻止することさえできるようになっている。日本では、大正時代に法整備がされて以来、改定もないまま現在に至っている。確かに、大正時代には、現在起こっているような問題は皆無に近かったはずだ。だが、時代は変わり、現在は外国人による日本の土地の買い漁りは、日本人の代理人や代理会社による取引など目に見えない部分も含めると非常に大きな問題である。

 確かに、外国人地権者からしたら、差別だという声が上がって当然だ。だが、そこは知恵の絞りどころで、何も特定の民族による買い占めを阻止するような差別的法整備ではなく、自衛隊基地周辺であるとか、離島であるとか安全保障上問題がある土地や、水源地など日本の国として大切に確保しておかなければならないような条件に当てはまる土地に関しての売買は、勝手には行えないように法整備すればよいのだ。その上で、そういう土地の地権者へ対して、何らかの特別措置、例えば固定資産税の免除であるとか、補助金を出すとかという措置を取れば、国がそういう土地を全て買い取って国有地にせずとも、経済的負担は抑えられはずである。

 今日の北海道のケースを報道していた番組の中で、中国人地権者へのインタビューが行われていた。複数の中国人地権者は、近未来の水不足へ向けての水源確保のためと答えていた。果たして日本人に、水源確保などという発想自体があるであろうか。なかなか中国人はあなどれない。

 日本に住んでいると、水は当たり前に蛇口をひねればでてくるものと思ってしまう。だが、多くの国々では水は非常に貴重な資源である。約180を超える数の国々が世界中に存在する。しかし、蛇口をひねって飲める水が出ている国は、多分30ヵ国にも満たない。日本は、世界でもトップクラスの水大国なのだ。その所為で、水に対する感覚が日本人は非常に鈍感だ。今世界中で、水は大いに不足している。近い将来、水は石油よりもはるかに貴重な資源になることは間違いない。そこを見越して日本の水源を確保する中国人は、なかなか天晴だ。

 それだけではない。中国は共産主義国なので、土地を個人が保有することができない。土地は国の所有物なのだ。よって、中国人は、近くて投資価値の高い日本の土地の所有に奔走するのだ。気持ちはよくわかる。香港がイギリスから中国に委譲される直前に、カナダのバンクーバーの土地が、香港系の中国人に買い漁られたことがあった。現在では、バンクーバーの中心街に乱立する高層ビルのほとんどが華僑所有になっている。日本も他人事ではない。だが、その見返りとして、そのような土地は、格段に栄える。バンクーバーも、華僑所有物件が増える前と後では、経済的には目を見張る発展を遂げた。

 長年北海道は、経済的に厳しい状況にある。多くの酪農家も潰れ閉鎖されてしまった。そういう土地が、中国人のターゲットになっている。その上、北海道には、全国でも最も自衛隊基地が多い。それら自衛隊基地近隣の土地も買い漁られているそうだ。恐ろしい気がする。中国人は、商売上手だ。彼らが地権者となった自衛隊基地側の土地が、例えばアラブ系のテロリストによって高値で買い取り希望が入れば、中国人地権者は、利益がでるのであれば迷うことなくその土地を売り払うであろう。そうなれば、その土地内で、どのようなテロ準備が行われても、不法侵入はできないので如何ともし難いことになってしまう。恐ろしいことだ。

 昨年夏に北海道を訪れた際、一番驚かされたことは、千歳空港が見違えるように大きくなり綺麗になっていたことだ。そのことを現地の人たちに訊いたところ、「中国人が観光もふくめ沢山来るようになったので、空港を大きくし国際線ターミナルが別に作られた」という答えが返ってきた。それだけではない。リゾートマンションなどでも、日本人が8000万円程度で売買する物件を、中国人には4億円の値段を提示しても現金で瞬く間に売れてしまうらしく、地元不動産業者は目の色を変えているというのだ。

 今朝の報道の中でも、千歳空港と金網で仕切られた土地17万坪が、現在売りに出されているという話を取り上げていた。この土地は、本来坪200円程度の土地だが、洞爺湖サミットの際、警察車両の中継基地になっていたこともあり、現在坪20,000円で、中国人限定で売りにだされているそうだ。ところが、坪20,000円でも、中国人の買手が付くそうだから恐ろしい。それは、現金取引の方が地権者にとってはありがたい。また、高値で売れるという一石二鳥ということだ。

 だが、千歳空港と金網越しの隣接地が、外国人に売り払われることが、安全保障上何の問題がないことなのか? 答えは否である。万が一テロリストの手に転売されたらどうするのだ。また、電波妨害施設など設置されたらどうするつもりだ。千歳空港は民間と自衛隊の併用空港だ。米軍にも利用許可のだされている空港である。大いに問題だ。

 しかし、一番の問題は、日本人、地方自治体、そして、日本政府の危機管理意識の低さだ。他国では考えられないオメデタさだ。呆れて開いた口が塞がらない。それだけではない。今日の番組で、非常に興味深い報道がされていた。それは、多くの中国人地権者が、市営住宅に住み、自国では職業を持ち裕福でありながら、日本では生活保護の受給者になっているというのだ。帰化しなくとも、生活保護は受けられるそうだ。あまりにもずさん過ぎるのではないか。日本人の中にも、生活苦でありながら、無知から生活保護も受けられず、市営住宅にも入れず待機し、飢えと寒さに震えている人たちが沢山いるとうのに、これは一体全体どういうことなのだ。日本という国は、国の体を為していない。まったく理解に苦しむ。

 これらの問題は、国としての責任や役目がなされていない証といっても過言ではない。勿論、民主党政権のみを責めるわけではない。自民党政権下でこういうことが、当たり前で、役人や地元政治家の私利私欲でなされた結果の痴態であると思う。しかし、こういうことを、誰が悪いと責任転嫁ばかりするのではなく、迷うことなく迅速に処理することこそが、民主党政権の役目ではないか。そうすれば、国民は民主党政権をもう少し支持するようになるように思う。如何なものか。
[PR]
by seizaikai_club | 2011-01-09 18:33 | 中国関係

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧