政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

カテゴリ:自衛隊と防衛問題( 5 )

医療に関し直ぐに改正すべき自衛隊法

医療に関し直ぐに改正すべき自衛隊法
2011年3月21日

 案外知られていないが、自衛隊には非常に多くの優秀な医師がいる。通常、防衛医科大学を卒業すると、渋谷や所沢の防衛大学病院に配置される。当然のことながら、彼らは医師である前に自衛官である。彼らの医療レベルは非常に高い。そして、他の病院の医師のように、出身校による閥などもなく、全てが階級で統制されるので、患者の立場からしても防衛医科大学病院は非常に良い病院であると私は個人的に思っている。そのことは、看護師についても同じことがいえる。彼らの忠誠心と愛国心、患者へ対する思い遣りある看護や治療は秀でている。

 医師は、防衛大学普通科の卒業生とは違い、防衛医科大学卒業後は、医科幹部候補生として陸上・海上・航空の各幹部候補生学校で約6週間の教育訓練を受け、医師国家試験に合格後、幹部自衛官(2等陸・海・空尉)昔でいう中尉に任官され、2年間の初任実務研修を防衛医科大学校と自衛隊中央病院で臨床研修を受け各地の自衛隊基地の医療施設や艦船などに配属される。彼らの忠誠心と医療レベルの高さは、非常に高い倍率を勝ち抜き防衛医科大学に入学し、その後生活費から学費まで全てが配給され、大学在籍中から給料もでることにある。これは、アメリカを始め諸外国でも同じシステムだ。我が母校SFSUでもそうであった。しかし、万が一卒業後9年間以内に除隊して民間医療施設へ移れば、約5000万円のそれまでに国庫から支払われた金額を返納しなければならない。よって、防衛大学で問題になっている卒業後、自衛隊に身を置かずに民間にいく隊員は少ない。

 少々話が横道にそれた。私が問題にしたいのは、彼らの多くは、被災地支援で医療活動をしたいと思っている。ところが、自衛隊法で、自衛隊の医官は、所沢の防衛医科大学付属病院と渋谷の防衛大学中央病院以外での民間人への医療行為が認められていない。彼らが災害救助に派遣されることもあるが、一般民間人への医療行為が認められていないのだ。被災地に派遣されている自衛官へ対しての医療行為しか認められていないのだ。その理由は明らかではない。だが、そう自衛隊法で決められている。しかし、これはおかしなことである。あれだけ優秀の医官が沢山いるにも関わらず、彼らは自衛隊法で縛られ、民間人に医療行為や治療をしていけないとは。

 現状、被災地では医師不足が続いている。現在被災地にいる医師は、この10日間ほとんど不眠不休である。何故、自衛隊医官によっての一般人に対する医療行為が禁止されているのか? その意味が理解できない。医官がアルバイトを始めることを阻止するためなのか? そうであるならば、災害時には特例を設けるとか何か方法はあるように思う。被災地医療を経験することは、彼らの医官としてのスキル・アップにも役立つはず。私はそう思う。こういう法律を、臨機応変に改正することも、政府の役目ではないか。
[PR]
by seizaikai_club | 2011-03-21 11:05 | 自衛隊と防衛問題

中国漁船衝突事件に関する新情報

中国漁船衝突事件に関する新情報
2010年11月11日

 昨日、映像をネットに流出した海上保安官が自首したというニュースが、日本中を駆け巡った。本人の態度は、悪びれることもなく、国民に真実を伝える必要があると判断したということであった。そして、あの映像は、海上保安庁内では、機密扱いではなく誰でも見れるようになっていたということであった。俄かには信じられない話であった。だが、ここにきて、新たなる情報が入ってきた。未だ検証はできていないが、この情報が本当と仮定すると、全ての辻褄が合うことになる。

 あの衝突事件で、やはり二名の海上保安官が殉職しているということだ。二人は、第十一海上保安区所属の海上保安官で、入庁8年以上のベテラン保安官だということだ。名前も既に出てきているが、まだ確かめられていない状況なので、名前を載せることは控える。状況としては、決死の覚悟と忠誠心から、中国漁船に飛び映ったそうだが、一人は鉄パイプで殴打され海上に転落。もう一人は、衝突の衝撃でやはり海上に転落。そして、一人はスクリューに接触し即死。もう一人は、巡視船に救助されたが、意識不明の重症。しかし、残念ながら、今月4日未明に病院で亡くなったということだ。

 あの映像から、当初言われていたような銛で刺されたり、という緊迫感は感じ取れないが、あの映像に映っている段階では、あそこに映っている海上保安官たちは、まだ仲間が海上に転落したことを把握していないので、あの程度の緊迫感であったらしい。その後、状況は一変しているとのことだ。

 仙谷が、映像を隠蔽しようとした理由は、やはりここにあったのかもしれない。また、今日自主した第五海上保安区所属の海上保安官は、仲間の殉職を隠蔽する政府の方針に納得がいかず、映像を一般公開することを思い立ったらしい。

 もし、このことが本当であるならば、菅も仙谷も辞任では済まない。政治生命も、当然のことながらおしまいであろう。この国を死守しようとして殉職した保安官の死を隠蔽してまでも、中国との関係を優先したということは、彼らが国益の意味を全く理解してない証拠である。国民の生命と財産、そして領土を守ることが、国益の第一義であり、殉職した保安官たちは、忠実に自分たちの任務を果たそうとしたのだ。にもかかわらず、ああいう暴挙をなした中国人船長を処分保留で釈放し、彼は帰国後英雄扱い。本当の英雄である海上保安官は、国益を死守しようとして殉職したにもかかわらず、その死は、菅と仙谷によって隠蔽されてしまうという、この上ない理不尽としか言いようがない。それだけではなく、義憤から映像を流した海上保安官までをも逮捕するという、日本史上前代未聞の恥ずべき行為を民主党政権は為したのだ。これは、許しがたいことであり、この国を国際社会に於いて限りなく貶めたに等しい、国賊といってもよい行為であるように私は思う。

 これでは、現場の人間たちは、命懸けでこの国の領土を守ることなどできない。そして、他国は、このことで日本を舐めてかかることは間違いない。本当に悲しむべきことである。仙谷は、何でもかんでも法律的にはと、法で解決しようとするが、国を司るということは、法律では及ばないこともあるのではないか。結局のところ、彼らに国を運営するなどという大それたことはできないということだ。これは、一人一人の国民が、このことを真剣に受け止め、大きな動きにつなげていかなければ、本当にこの国は立ち直れないことになってしまう。自国民の名誉を踏みにじるような彼らが為した行為は、如何なる理由があろうとも許せるものではない。

 最後に、殉職されたお二方のご冥福をお祈りして筆を置く。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-11-11 01:08 | 自衛隊と防衛問題

自衛隊でクーデター?懸念すべき動きと噂

自衛隊でクーデター?懸念すべき動きと噂
2010年10月17日

 一昨日10月16日土曜日、東京の中国大使館の周囲を、民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(田母神俊雄会長)を先頭に、約2800人の反中市民運動家たちが包囲デモ行進をし、抗議文を中国大使館のポストに入れた。老若男女、色々な人々が集った。必ずしも思想的に同じ方向を向いている人間ばかりが集まったわけではない。だが、人海戦術という意味では多くの人々が集まった。近年稀にみる大きなデモ行進の一つとなった。

 これに対し、中国国内では、四川省成都市、陝西省西安市、河南省鄭州市などで大規模な反日デモが同日起こり、在中邦人に対し日本大使館や各地の日本領事館は注意を呼びかけた。こちらの様子を見てみると、圧倒的に若年層、学生世代の参加が多かった。現在、中国は、胡錦濤氏の後継を巡って権力闘争が水面下ではあったり、少数民族が独立運動へ向かっての暴動を画策したりしている。必ずしも中国国内は安定しているとはいえない。胡錦濤氏と温家宝氏は、中国史上を振り返ってみても、非常に優れた政治家である。しかし、この体制後、ポスト胡錦濤が、この路線を必ず継承するとは限らない。北朝鮮のような先軍政治路線を突き進む人間が継承する可能性さえある。昨今の中国海軍の動きをみていると、尖閣諸島の問題だけではなく多くの問題を抱えており懸念せずにはいられない。

 このような状況下、昨日の中国大使館包囲デモは、間違いなく中国側の活動家や政府、そして、現政権の足を引っ張りたい権力闘争かの反対勢力を刺激し、色々な意味で次のステージへ中国を動かしてしまう可能性が高い。だが、ここで問題なのは、昨日の中国大使館包囲デモ行動を煽動した人たちは、そうなることを意図的に狙っていた可能性があるということだ。中国が理不尽で暴力的な行動を起こすことを、期待しているのかもしれない。中国側が、何らかの強硬策に出た際、こちら側も強硬策を実行しようとしていると考えることもできなくはない。

 昨日の中国大使館包囲デモ行進を煽動した民間団体「頑張れ日本!全国行動委員会」は、あの退官に追い込まれた田母神俊雄元航空幕僚長が会長を務め2010年2月2日結成された。田母神俊雄氏は、トークも面白く自衛隊内でも人気は非常に高かった。彼を支持する自衛官は今でも多い。筋金入りの軍国主義者ではないであろうが、愛国者であることは間違いない。現在の日本の在り様に、色々な意味で強い憂慮を抱いていることは、彼の言動から読み取れる。そんな強い思いが、今回の抗議行動に繋がったのであろう。彼自身は、「中国側の抗議行動は暴力行為をもって為されているが、自分たちの行動は紳士的に行われている」と昨日の抗議行動後発言している。

 だが、ここで少々怖い噂話が聞こえてきた。自衛隊内で、226のようなクーデター計画が隠密裏に進行しているというものだ。誰が煽動しているかは定かではないが、あまりにもタイミングが良すぎる気がしないでもない。少なくとも、クーデターを画策する自衛隊青年将校たちが、田母神俊雄氏の考え方に影響されている可能性は高い。田母神俊雄氏は、誰よりも愛国心の強い方なので、非合法な方法で何かをされるような方ではないと私は信じている。だが、もし、そんな兆候が現実的に自衛隊内にあるのであれば、逆に逸る青年将校たちを、田母神俊雄氏は宥めて欲しい。

 確かに、今の日本の外交政策や政治を見ていると、尖閣諸島のことも勿論含め、決起する人々が出る気持ちはよくわかる。その上、事業仕訳で、防衛省や自衛隊でも、大きな削減がなされ、現場では精神論に頼らざるを得ないほどの人員削減が為されている。防衛大学病院でさえ専門医が大幅に解任されてしまい、患者や医務官の先生たちが大いに困っているという。自衛隊内での不満は、非常に高まっている。そのことはよく理解できる。だが、もし、クーデターを起こしてしまえば、戦後60年、日本人が築いてきた国際社会での信用が、一瞬にして失われてしまう。それでなくとも、アジア諸国は、ずっと日本人が再び軍国主義化することを懸念し続けてきた。そんなアジア諸国の件に対し、多くの日本人は、「絶対にあり得ないこと」と一蹴してきた。だが、もし逸る人々がことを起こせば、もう何も言えなくなってしまう。そのことが、日本にとって、日本人にとって、決してプラスにはならない。そんなことは、冷静に考えれば一目瞭然だ。

 いずれにしても、もし万が一、そんな動きが本当に自衛隊内であるのならば、このことが表面化する前に、国際的に報道される前に、隠密裏に沈静化する必要がある。日本政府、民主党、特に仙谷氏は、意固地にならず、肩を張らず、背伸びをせずに、余計なところで出しゃばるばかりでなく、もっと頭と心を柔軟にしなければ、結局足を掬われ取り返しのつかない大事態になりかねない。引き締めることばかりでなく、追い詰めるばかりでなく、不満を抱く人々のガス抜きをすることも、官房長官の大事な仕事の一つではないか。

 本来であれば、こういうことは、きちっとした形で記事にするべきであるが、ことは急を要するので、敢えてブログに記載することとした。何卒ご理解ください。根も葉もない噂であってくれることを心底より祈るばかりだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-10-17 11:54 | 自衛隊と防衛問題

幕末の尊皇攘夷のような沖縄基地反対運動

幕末の尊皇攘夷のような沖縄基地反対運動
2010年4月26日

先週の日曜日、
徳之島で行われた島民1万5000人による、
基地移設反対運動に続き、
昨日は沖縄本島で、
9万人を超える人々によって、
反対集会が行われた。
傍観していると、
さながら幕末の尊皇攘夷運動のように見えてくる。
果たしてただ遮二無二、
アメリカ軍を追い払うことが、
本当に日本の国のためになるのであろうか?
私は大きな疑問を感じる。

確かに、
沖縄県民にとって、
差別的で不公平さを感じることはよく理解できる。
沖縄の日本全土の比率に対し、
基地の集中率があまりに高すぎる。
そのことで、
差別意識を沖縄県民が感じるのは当然だ。
また、
反対を唱える多くの日本人が、
それでは自分の土地にくることを歓迎できるのか、
ということを考えると、
大抵の場合、
答えは「NO!」であろう。
そのことに
沖縄県民が大きな不信感を抱いていることも理解できる。
ただ、
ここで冷静に考えなければいけないことは、
日本の国益ということだ。
まず日米安保の問題。
そして、
次に抑止力という問題だ。

日米安保が崩れることは、
明らかに日本にとっては不利益だ。
日米関係があるからこそ、
今の平和日本はある。
そのことは、
素直に認めるべきである。
もし、
アメリカが、
先の戦争直後、
日本を植民地化してしまっていたならば、
こんな議論も成り立たない。
日本は間違いなくアメリカの一部になっていたはずだ。
日本とアメリカは、
他国とは違う運命共同体として、
この世に存在しているように、
私は感じている。
歴史を振り返って頂きたい。
黒船が来航する以前、
運命の歯車はすでに動いていた。
中浜万次郎(ジョン・万次郎)は、
漁の最中難破し、
孤島に流された。
その万次郎を救ったのは、
アメリカの捕鯨船であった。
それから10年、
彼はアメリカを見聞し日本に帰国した。
そして、
黒船が来航し開国を迫った。
ジョン万次郎の存在ほど、
歴史上運命的な存在はないと私は思う。
彼の見聞が、
語学力が、
開国への一つの大きな歯車になったことは間違いない。
これほど運命的なことはないのではないか。
そして、
あの頃、
アメリカを見聞して帰国したジョン万次郎が、
帰国してやろうとしたことが、
勝海舟や坂本龍馬や幕府、
薩摩藩などを巻き込んでの日本海軍創設だ。
これは、
何も戦争をするためではない。
武士道の原点である、
抑止力をつけるためであったのだ。
武士道を極めれば、
いかに剣を抜かずして、
相手を制するかということに至る。
その剣の極意を、
彼は海軍という力に委ねようとしたのだ。
なぜなら、
彼はアメリカの力を目の当たりにしたからだ。
その頃のアメリカ軍には、
抑止力という発想はまだなかった。
抑止力という発想は、
正に日本の武士道に由来するのだ。
ところが、
今の日本では、
抑止力ということが等閑にされようとしている。
剣を抜かずして相手を制する。
これは究極の剣術の極意だ。
平和のための極意ということだ。

もし、
アメリカ軍を沖縄から追い出したら、
何が起こるであろうか。
台湾海峡での紛争、
朝鮮半島での紛争、
北朝鮮による拉致など諜報活動の激化、
沖ノ鳥島の破壊活動による排他的経済水域の損出。
尖閣列島への侵略。
台湾への中国の侵略。
1949年から1959年にかけての
中国人民解放軍によってなされた侵略が、
再びアジアを席巻する可能性は高い。
だが、直接的なことではないので、
日本も他国も、
内政干渉はできないという理由から、
見守ることしかできない。
だが、その経済的な影響は非常に高い。
これらのことをも考えながら、
結論をだすべきである。

アメリカ軍が沖縄にいる意味は、
単純な理由ではないのだ。
物理的な理由も大きい。
給油せずにターゲット地域に急行できるのは、
沖縄しかない。
だとしても、
海兵隊が沖縄にいる必要はない、
と一部の人たちはいう。
だがそれは違う。
海兵隊は、
上陸部隊が中心だ。
大量の人間を救出するにあたっては、
海兵隊の存在は必要不可欠だ。
アメリカ軍は、
台湾と朝鮮半島での有事を想定し、
海兵隊を万が一に備え、
沖縄に駐留させているのだ。
韓国にも駐留軍はいる。
だが、当事者である韓国にいる軍は、
防衛に専念するしかなく、
救出ならびに援護のための後備は、
沖縄なのだ。
これらのことは、
アジアの平和を維持するためにも、
非常に重要である。

今の反対運動を見ていると、
そんなことは関係なく、
ただ自己中心的な発想のもと、
沖縄基地反対が唱えられているような気がしてならない。
また、
鳩山政権は、
あまりにも無責任すぎる。
なぜ、ここまで騒動が大きくなるようなことをしたのか。
まったく理解できない。
国益とは何か。
それは、
国民の生命と財産を守ることだ。
そして、
国土を守ることだ。
自分さえよければというものではない。
そこには差別とか不公平という発想はない。
いかにして守るかということのみなのだ。
確かに、
沖縄の方々にとって、
基地の存在が不愉快であることは理解できる。
申し訳ないと思う。
だが、
国民として、
敢えて甘んじなければならないこともあるように思う。
私自身も、
米軍基地のある土地に住む人間として、
もう一度、
冷静にこの問題を考えて頂きたいと強く思う。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-04-26 15:23 | 自衛隊と防衛問題

潜水艦と民間タンカー接触:浮上時機動力が低下し衝撃が大きい潜水艦の弱点

潜水艦と民間タンカー接触:浮上時機動力が低下し衝撃が大きい潜水艦の弱点
2006年11月22日

 昨日21日午前9時50分頃、宮崎県都井岬沖約60キロ付近の公海上で、海上自衛隊の練習用潜水艦「あさしお」が、航行中のパナマ船籍「スプリング・オースター号」に接触したという。「スプリング・オースター号」は、長さ86メートル、幅10メートル、高さ10・5メートルのケミカル・タンカーだそうだ。定員は約70名だが、接触時は17人だけが乗り組んでいたという。乗組員にケガはなかったらしいし、双方とも損傷はしているが航行に支障はないということであった。だが、「スプリング・オースター号」には、船底部に複数の穴が空き、寄港後修理が必要だという。一方、「あさしお」は、船体後部の舵が損傷しているという。

 海上自衛隊の記者発表によると、「あさしお」は、海中で深度変更を繰り返す訓練をしていたという。その訓練中、海面に向かって急浮上をしたところ、水中音波探知機(ソナー)に、船舶反応を確認し、急遽下降に転じたが間に合わなかったということだ。

 横須賀の基地に停泊している海上自衛隊の潜水艦をよく見るが、米軍の原潜に比べると、形はまったく同じでも小振りだ。小型な分機動力は高いのではと思っていた。しかし、あのようなお粗末な事故が起きてしまうということは、そうでもないようだ。あるいは、訓練が充実していないのか? やはり、車の運転でも、飛行機の操縦でもそうだが、運転時間や飛行時間が、操縦する人間のキャリアになるはずだ。経験が多ければ、危機を咄嗟に回避する危機管理能力も自然と向上するはずである。

 それとも、朝鮮半島の緊張状態にともない、日本近海の海底も海上も、ことのほか混み合っているということなのか? 先日、アメリカの航空母艦キティーホークに8キロまで接近した中国潜水艦といい、普段より日本近海には多くの潜水艦が航行しているのか? 通常、日米合わせて、常に10数隻の潜水艦が、日本の周囲の海中を隠密裏に航行しているとは聞き及んでいる。しかし、広い海、海上の船と接触する確率は、そんなに高くないはずだ。

 ただ、潜水艦というのは、浮上する時が、一番危険を伴い緊張するとも聞いた。実は、私も、一度、ハワイで米軍の原潜に搭乗させてもらったことがある。海底に潜れば静かで揺れもなく快適なのだが、浮上する時と沖合で海上に浮上停泊している時は、海上の気象の影響を非常に受ける。それこそ、身体が宙に浮くようなこともあった。つかまっていたパイプに頭をぶつかけ、掛けていたメガネのフレームがグンニャリと曲がってしまったことを思い出した。
[PR]
by seizaikai_club | 2006-11-22 16:30 | 自衛隊と防衛問題

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧