政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

カテゴリ:政治( 126 )

ねじれ国会ではなく本来の民主主義の時代到来

ねじれ国会ではなく本来の民主主義の時代到来
2010年7月12日

 第22回参議院議員選挙が終わった。私の記事を読んでいてくださる方々はご承知のように、予想通りの結果が出た。民主党は大敗し、みんなの党が大躍進を果たした。しかし、これはあくまで政界再編の途中経過であって、まだ本当の意味で日本政治が戦後政治から脱皮できたわけではない。今正にさなぎになり、これから成虫になるべく最終脱皮へ向かっての第一歩を踏み出したところといえよう。

 世間ではマスコミなどが、この選挙結果の上辺だけを見聞し、つまらぬ経験値から、再び「ねじれ国会」の到来だと騒いでいる。だが、私はそうは思わない。ねじれではなく、これこそ本来の民主主義政治の始まりであると強く思う。何故なら、これで、本来の民主主義政治らしく、議席数を過半数確保することによる党派閥政治ではなく、政策ごとに正常な形で政治家の本来の職務である議論を戦わせることができるようになるからだ。「ねじれ国会」という発想自体が、非常に前近代的な発想で、無知なマスコミが創った造語であり、何の意味もない不毛な発想でしかない。ある特定の党や派閥が過半数を取り、政策論議を戦わせても、多数決で全てが決せられる民主主義では、何の意味もない。にもかかわらず、過半数を取ることが本当の民主主義のように誤った解釈や報道の仕方をしてきた、政治家やマスコミの誤解でしかなかったのだ。そのことは、民主主義の本場アメリカをはじめ日本以外の民主主義国家を見聞すれば、一目瞭然でわかることである。必ずしも一党が、複数の議会で独裁的に過半数を確保していることはない。アメリカでも、上院と下院で、日本のマスコミ風にいう「ねじれ」が生じていることは当たり前であり、決して不健全でもなんでもなく、これこそ政策を真面目に論議するために必要不可欠な形なのである。そういう意味では、日本政治も、やっと本物の民主主義に近づいたということだ。今までの戦後政治は、あの時代だから成り立ったが、今となっては唯のまやかし政治としかいいようがない。金と力でゴリ押しが成り立ち、政策論議など形骸化していた。しかし、それは本来の民主主義ではなく、発展途上の高度経済成長期であったからこそ許された政治の姿であったのだ。

 今回の民主党の敗因は複数ある。まず、最大の敗因は、守りに入ったことであろう。山梨選出で前民主党参議院幹事長の輿石氏の選挙後の発言が、そのことを端的に物語っている。「支持者が守ってくれた」と。そんなことを言い出したら、政治はお終いだ。政治とは、そして、政治家とは、常に前向きで、猪突猛進できる者だけに許された職務なのだ。そのことを忘れ、守りにはいれば、その党のためにも、国のためにもならない。早々に退場願うのが得策であろう。有権者は、バカではなかったという証だ。「NO」をきっちりと突き付けた。二つ目の敗因は、消費税問題を口にだしてしまったことにある。私も、過去の記事の中で、消費税アップの必要性を説いている。未来の日本を考えれば、必要不可欠なことだ。だが、選挙に向かい、消費税の論議をすれば負けるというジンクスが、日本の選挙ではある。そのことは、過去の日本政治史が明確に物語っている。にもかかわらず、管総理は消費税を語ってしまった。これは、民主党の驕りとしか言いようがない。選挙のプロである小沢一郎は、地団駄を踏んでいたに違いない。

 最後に、快進撃で大躍進を果たしたみんなの党渡辺代表が、参議院議長を与党ではなく野党から人選するべきとの提案を早速出した。これは、正に政界再編、政界健全化の第一歩である。みんなの党が、これから始まる新たなる政界再編の核となっていることを示しているように思う。彼らみんなの党は、党としての連立を否定した。だが、個別政策での協力体制は、個別案件で論議するといっている。これこそ、正当な民主主義政治のあるべき姿である。何度もいうが、もしみんなの党がもし連立に乗るようなことがあれば、私はみんなの党を見限るし日本政治に希望はまったくなくなる。みんなの党が、マニフェストではなく、アジェンダを最優先するといっているが、行動計画という意味のアジェンダを最優先することこそ、偽りではない本物の政治を行うと宣言していることに他ならず、やっと本物の民主主義政治に向かい政界再編の舵は取られたと私は思っている。今後の政界に、大いに期待を持ちたい。今こそ、若い力、新しい世代の政治家が、本領を発揮する時だ。そして、発揮できる環境が整いだしたということではないか。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-07-12 08:37 | 政治

大きな不安を覚える参議院選候補者選び

大きな不安を覚える参議院選候補者選び
2010年7月2日

いよいよ参議院選挙本番。
候補者ポスターも一斉に張り出され、
選挙運動も本格化した。
しかし、
昔の選挙前に比較すると格段に静かなモノだ。
街宣カーの数も少ない。
有権者の関心度や投票率は、
昔に比較して格段に上昇しているというのに。
それにしても、
各党の候補者の顔ぶれを見ていると、
本当にこれでいいのか、
と不安を覚える。
彼らが本当に命懸けで、
この国のために政治を行えるのか、
心配になってしまう。
人は、
顔を見れば、
自信やその人の思いを読み取ることができる。
自信なげに、
不安な表情で、
迫力もない辻説法など聞きたくもない。
第一意味がない。
心に響かないのだから。
結局は、
どの党も、
議席確保のための人選と選挙対策ということだ。
これでは、
日本の政治が良くなるわけがない。
いい加減に目を覚ましてほしいものだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-07-02 23:41 | 政治

逃げ足の速い山田宏前杉並区長と中田宏前横浜市長

逃げ足の速い山田宏前杉並区長と中田宏前横浜市長
2010年6月22日

 ダブル宏の区長と市長が、公職をほっぽり出して日本創新党を発足した。まず、中田宏が市長の座をほっぽり出し逃げだした。続いて、山田宏区長が一目散に逃げ出した。どちらも、政治家として評価する部分も多いので非常に残念だ。何故なら、彼らが逃げ出した理由が、政治のためではないからだ。あたかも、日本創新党設立、日本の将来を憂いてのことのように謳っているが、そうではない。

 週刊現代が、中田宏氏のことを以前報道した。女の問題は、致し方ない。英雄色を好むというではないか。だが、中田氏が遁走した最大の理由は、地検に起訴される寸前だったからだ。勿論、女の問題ではなく金の問題だ。市長の座を投げ捨てて、一目散に逃げ出した姿は、市民の目にも、国民の目にも奇異であった。

 そして、今度は、山田宏氏が逃げ出した。参議院選挙出馬がその理由だが、真意は違う。週刊朝日による、女性スキャンダル報道が原因だ。どちらの事件も、彼らに近い周囲の人間は早くから知っていて懸念していた。私の親友にも、山田氏、田中氏、両氏と非常に近い人間がおり、早い段階から、その話は聞いていた。だが、政治は下半身でするものではないし、政治さえしっかりやってくれれば良しと思い、敢えてワイドショー的なスキャンダルは書かないことにしていた。だが、日本創新党結成の理由が、そんな逃げのためにあるとなると話は別だ。政治は、純粋に愛国心を持ってやってもらいたい。ましてや、国民の血税から政党助成金が支給されるとなれば、そんな不純な理由も含んで結党などということは言語道断である。

 人を好きになることは素晴らしいことである。結婚していても、異性を好きになることは、政治家でなくともあることだ。結婚というシステムは、人間の理性と頭で考えだしたモラルという人工システムだ。愛がない人間に、政治は任せられない。国を思う愛国心も、人を思う恋愛も、大きな目で見れば同じ線上にあると私は思う。だが、公人である以上、その線を明確にし、筋を通して愛を貫くべきではないかと思う。

 山田氏は松下政経塾2期生、松下幸之助翁から直接教えを受けた塾生だ。民主党代表選に名乗りを上げた樽床氏は3期生。5期生以前の諸氏は、日本のためにこれから頑張ってもらわなければならない人たちだ。中田氏は10期生。彼らとは、松下政経塾を背負う意味が全く違う。その自覚を持って、身を清めて頂きたい。敢えて、苦言を呈させて頂く。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-06-22 15:29 | 政治

自民党議員の政治家としての品位の低さを露呈

自民党議員の政治家としての品位の低さを露呈
2010年6月11日

 昨日の自民党両議院総会で、京都の選挙区選出自民党の参議院議員西田昌司の「人間の顔をしているが人間ではない、ゴロツキ集団・・・」という民主党を罵倒する発言は、現自民党の程度の低さを露呈するものである。確かに民主党には問題が山積していた。国民の期待も裏切った。だが、あの言い様はないだろう。そういう西田議員の方が、人間の顔をしているが人間ではないのではないか。政治家たるもの、最低限のマナーがあるはず。もってのほかだ。非常に差別的で、気分が悪くなる発言だ。あんな発言を許しているから、谷垣総裁も、ダメだなんだといわれるのだ。西田みたいな議員こそが、自民党のゴロツキ議員ではないか。偉そうに教育だ福祉だと言っているが、あんな発言をする議員に何ができるというのだ。本当に程度が低すぎる。そんなことをしているから、国民は自民党に愛想を尽かし、民主党に期待を寄せるのではないか。どうしようもない、救いようがない自民党。大体、党首討論さえ管に勝てる自信が谷垣になく、受けないというのだから全ては推して知るべしである。もしかしたら、もう自民党は解党して、若い心ある議員たちで新たに生まれ変わった方がよいのかもしれない。そんな風にさえ思ってしまう。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-06-11 08:23 | 政治

自民党の定額給付金と変わらぬ子供手当

自民党の定額給付金と変わらぬ子供手当
2010年6月9日

 子供手当と美味しいことを散々いっていたが、結局は自民党の定額給付金と変わらない。税金から支出しての、有権者獲得のための現金バラマキだ。派閥をグループと呼び、上辺だけは変ったようなふりをしているが、結局は何も変わっていないではないか。

 本来、先日の代表選にしても、個人個人が自由に自分の意思で投票すべき。グループが支持者を決め、グループメンバーはそれに従うでは、自民党時代と全く何も変わらない。本当に呆れかえる。

 管代表選出直後、小沢一郎は地元へビデオメッセージを送り、「9月の代表選では自らが先頭に立ち~」などといっているが、これも勘違い発言甚だしい。本来有権者である我々が、選べるシステムでなくてはおかしい。例え党の代表だとしても、その代表が総理になる可能性があるのであれば、自分が自分がと偉そうな。これでは、日本の政治など、何もかわらない。国民は、別に好んで民主党を選らんでいる訳ではない。自民党がどうしようもないから、仕方なく選んでいる有権者の方が多いのではないか。そのことをよく自覚するべきだ。

 日本は今、あまりにも皆自己中心的で手前勝手過ぎる。誰が、この国を本気で憂い、この国の未来を真剣に思うのか。本当に世も末である。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-06-09 22:17 | 政治

松下政経塾開塾30年にして初の首相へ王手

松下政経塾開塾30年にして初の首相へ王手
2010年6月4日

 管直人代議士が民主党代表に就任し、第94代内閣総理大臣の座を射止めた。残念ながら、樽床伸二代議士は162票という大差で敗北した。だが、樽床氏が立候補した意味は非常に大きかった。何故なら、彼は、松下政経塾卒業生の中で、初めて総理大臣の椅子に王手を掛けたからだ。開塾30年にして、故松下幸之助翁の夢を叶えるべく誰よりも早く首相への第一歩を標したのだ。

 そもそも、今回の樽床氏の役目は、言い方は悪いがかませ犬であった。選挙もなく、管氏で決まってしまえば、国民の民主党への不信感は一層大きくなってしまうと判断した執行部の演出という一面もある。そんな役目とわかっていながら、樽床氏は手を挙げた。何故なら、これまで未だ閣僚経験がなく有権者へ対しての知名度も低い樽床氏にとっては、例えかませ犬であったとしても、自己PRには絶好の機会であったからだ。

 彼は、知る人ぞ知る存在で、人脈も人望もある将来性豊かな中堅の良い政治家の一人である。政経塾では第3期で、直接松下幸之助翁から教示受けた世代だ。樽床氏にとってのヒーローは、小沢一郎でも、鳩山由紀夫でもなく、松下幸之助翁以外の何者でもない。さすがに、未だ総理の座はちょっと早かったが、今日の演説を聞いても、その熱意と迫力は、誰にも負けないものがあった。将来非常に有望な一人であることは、十分有権者へ伝わった。故松下幸之助翁も、賞賛の拍手を送っていたに違いない。民主党の新たな一歩というよりも、もしかすると松下政経塾の貴重な第一歩であったのかもしれない。その意味が大きかったことだけは、間違いない。何故なら、現在既に松下政経塾卒業生の国会議員は衆参合わせて35人。地方議員や地方首長も合わせると100人以上の大所帯になってきた。気付かぬ内に、間違いなく一大勢力になってきている。彼らの動向を、見逃す訳にはいかない。期待しつつ、見守りたい。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-06-04 17:08 | 政治

死なば諸共鳩山首相

死なば諸共鳩山首相
2010年6月3日

 昨日、突然鳩山首相が辞意を表明した。就任以来色々あった。ある意味、彼の良い部分を見るチャンスもあまりなく、総理の座から去っていく形になってしまった。これも運命であろう。あまりにも沖縄基地問題や金の問題等、就任当初より大きな壁が立ちはだかり、本領発揮とはならなかったように思う。ただ、総理としての資質面では、問題があったように思う。もしかすると、経験不足によるところも大きかったのかもしれない。昨日小泉純一郎氏が、「自分の言葉で自分の首を絞めてしまった」と言っていたが、正にその通りであるように思う。政治家とは、言論で生きているものなので、やはり言葉には人一倍重みも責任もなければならない。そこのところを、鳩山氏は軽んじていた結果が、このような形になってしまったのであろう。

 鳩山首相の辞任により、政局は混迷を極めている。だが、こういう政局だからこそ、それぞれの政治家の本性が見えるかもしれない。今後の日本の未来を占う良いチャンスかもしれない。特に、参議院選挙を目前に控えたこの時期に首相が辞任したことで、永田町の魑魅魍魎たちが本性を露わに蠢きだすことで、政治家たちの本質を見極めることもできるような気がする。真っ直ぐに、正直に、この国を憂い、思い、言動を為す政治家は、こういう混迷の時こそ、自ずと光を発するように私は思う。

 就任以来、自分らしさをまったく発揮できずに辞任を決断しなければならないところまで追いつめられた鳩山総理であったが、彼の日露問題への対応は見てみたかった気がする。鳩山家は、祖父の代から、日露問題のエキスパートだ。あるいは、鳩山総理であるならば、北方領土問題を、宇宙人らしく思わぬ形で解決できたかもしれない。だが、これも運命だ。日露問題より先に、普天間の問題、金の問題が大きくなってしまった。

 ただ、昨日の辞意表明の会見は、もしかすると最も鳩山総理らしい姿だったのかもしれない。初めて自分の意思のみで、言動できた瞬間であったのかもしれない。死なば諸共、小沢一郎を道ずれにし、このタイミングで辞意を表明したことは、彼の思いの表れであったのかもしれない。そこには、彼の純粋な心が表れていたような気がする。小沢と刺し違え、郵政改革法案を力ずくで可決させた亀井の思惑を頓挫させ、鳩山総理の思いがあの瞬間に集約されていたように私は思う。あとは、今後の小沢一郎、亀井静香の動きを見守りたい。彼ら魑魅魍魎どもが、次にどんな手をうつのか・・・。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-06-03 07:59 | 政治

やっと揚がった日章旗

やっと揚がった日章旗
2010年5月20日

5月19日、
大分遅ればせながら、
国内からの批判を受け、
日本館にやっと日章旗が揚がったとのこと。
閉幕まで、
今日からは毎日掲揚するとのこと。
当たり前のことが、
何故当たり前ににできなかったのであろうか。
まあ、
兎に角良かった。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-05-21 02:04 | 政治

日本政府と民主党に強い憤り

日本政府と民主党に強い憤り
2010年5月18日

現在開催されている上海万博の日本館のみが、
一切自国の国旗を掲揚していないそうだ。
フラッグ・ポールさえ立てていないという。
外務省は、
中国人への配慮といっているようだが、
中国政府側からは、
そのような要請は出したことはないとのこと。
他の参加国は全て、
何本もの自国旗を
自国館の周囲に
はためかせている。
にもかかわらず、
日本館のみが、
一切自国の日章旗を排除しているとのこと。
万博を訪れた、
諸外国からの来訪者たちも、
中国人を含め、
奇異で不思議に思っているとのことだ。

やはり
民主党は、
組合や日教組によって成り立っている党ということなのだろう。
民意よりも、
組合や日教組の意向を優先するということのようだ。
非常に大きな憤りを覚える。
国民に民意を問うたのか?
決して過半数の国民の民意ではないはず。
国際的な場で、
そのような痴態をやってのける民主党に、
政府を任せるわけにはいかない。
日章旗を変えたいということを国会の場で議論もせず、
教育の場や国際的な場で、
勝手にこのようなことを為すということは、
国益に反する。
どこの国も、
自国の国旗に礼を尽くしている。
それは当たり前のことで、
その国の信用にもつながる。
自国の国旗に対し、
国際的な場で、
このような非礼を政府が為すことは、
国際的にも、
信用を失墜することであり、
国益に反する行為だ。
これは断じて許しがたい。

以前よりいっているように、
日本人の国旗に対する意識は
低すぎる。
寄せ書きと称して、
国旗に書き込むことも、
世界中で日本人のみがすることだ。
オリンピックなどの国際的な場でも、
寄せ書きされた日章旗を、
はずかしげもなく振り回している。
ああいう行為は、
他国人からしたら、
信じられない行為にしか見えない。
外国人が一番驚くことなのだ。

アメリカでは、
国旗を汚す行為は、
非常に厳しく罰せられる。
法律でも明文かされている。
国旗に書き込みをしたり、
焼いたりしたら、
執行猶予なしの実刑だ。
そもそも、
逮捕される前に、
自国民になぶり者にされる。
この日本人の体質は、
国際社会において、
恥ずべき体質だということを、
本来政府が率先して
国民に知らしめてしかるべきである。
にもかかわらず、
政府自体が、
自国の国旗を恥じるとは何たることぞ。
何が中国人への配慮だ。
その前に自国民への配慮だろ。
非常に強い憤りを覚える。
日本人のアイデンティティーは、
どこにいってしまったのだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-05-18 10:27 | 政治

民主党山岡国対委員長発言のお粗末

民主党山岡国対委員長発言のお粗末
2010年5月6日

本日、
民主党山岡国対委員長が、
沖縄の基地問題に関し言及し、
「普天間の話、あるいは政治とカネの話は、直接国民の生活には影響していかない。普天間は雲の上の話で...」
などと述べた。
呆れて開いた口が塞がらない。
基地問題は日本の安全保障問題に直結する問題で、
国益の最優先課題の一つである。
この問題が、
直接国民の生活に影響しないというならば、
どの問題が直接国民生活に直結するというのだ?
確かに、
経済問題は国民生活に直結するもんだいであるが、
平和が維持されているからこその経済問題であり、
平和維持が保たれなくなれば、
経済問題は平和維持問題の次の問題になるはず。
にもかかわらず、
このような詭弁で逃げる山岡国対委員長の政治家としての感性を疑う。
そもそも、
ニコニコ笑いながら話す問題ではない。
国対委員長を継続する資格がないどころか、
政治家としての資質の欠落である。
即刻議員辞職してもしかるべき発言だ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-05-06 22:46 | 政治

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧