政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

カテゴリ:政治( 126 )

Kindle連載「総理大臣のお仕事」

http://www.amazon.co.jp/Kindle%E9%80%A3%E8%BC%89-%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E6%81%A9%E7%94%B0%E5%B0%86%E8%91%89-ebook/dp/B00ITKD53M/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1394119166&sr=8-1&keywords=%E7%B7%8F%E7%90%86%E5%A4%A7%E8%87%A3%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B

kindle連載「総理大臣のお仕事」 恩田将葉著

 世界中には、二○○ヶ国弱の国が存在する。それらの国々には元首がいる。元首は、その国のシステムや成り立ちによって異なる。例えば、アメリカであれば大統領だ。お隣韓国では、大統領がおり、その下に首相がいる。イギリスは、女王陛下がおり、その下に首相がいる。日本の場合は、戦後、天皇陛下は象徴天皇になったので、総理大臣が元首ということになる。

 そんな総理大臣は、言わずと知れた日本の最高権力者である。勿論、国民にとっても大切な存在なのだ。その割に私たち有権者は、総理大臣とは何をし、何を考えているか、どんな行動をしているのか、ほとんど知らない。総理大臣がいる首相官邸はどんなところか、総理大臣の周囲には、どんな人たちがいて、どんな仕組みで政治が行われているのか、何も知らない。

 また、総理大臣の私生活はどんなものか、どういう人たちと友達で、どういう人たちと親しくしているのか、知っているという国民の方が少ないはずだ。そんな状況下、本来であれば、この国の最高権力者であり、我々の代表である総理大臣の表の顔だけでなく、裏の顔も知る必要があるのではなかろうか。

 莫大なカネをどんな方法で集め、どうばらまくのか。テレビのニュースなどでも頻繁に目にする身近な存在であるはずの総理大臣のことを、我々有権者は、案外何も知らない。身近でありながら、実は一番遠い存在であることに気付かされる。

 文字通り、血みどろの権力闘争を勝ち抜き手に入れた総理大臣の座を射止めた最高権力者とそれを取り巻く人々をよく観察してみると、案外、意外なほどに人間臭く、弱みや醜さなどがそこ此処に見え隠れする。

 いずれにしても、総理大臣と官邸を舞台にしたドラマが、永田町では日々演じられている。二十四時間眠らずに繰り広げられるそんな「政治」というドラマの主人公は、紛れもなく総理大臣だ。このドラマを十分に理解するためには、総理大臣という役柄を、十分に知っておく必要がある。総理大臣の本質を理解できていなければ、この「政治」というドラマ事態の本質を理解することさえ難しくなる。

 そんな思いから、複雑怪奇で秘密のベールに包まれた最高権力者の実態に、少しでもメスをいれようと思い立ち、本書を出版させて頂くことになった。
[PR]
by seizaikai_club | 2014-03-07 00:30 | 政治

参議院選挙前の陰謀と橋下市長慰安婦問題発言

参議院選挙前の陰謀と橋下市長慰安婦問題発言

 五月十三日、突然橋下大阪市長が慰安婦問題発言をぶら下がり会見で行い、波紋を呼び騒然となった。
 最初から、この報道は陰謀だと解っていた。何故なら選挙前のこの時期である。橋下人気や維新人気を崩そうとする、反橋本、反維新の会の者達の仕業であることは明白だ。維新の会の一人勝ちにしたくないのだ。
  彼らの意に反し、選挙は自民党が参議院でも議席数を大幅に増やすだろう。
  残念なのは、アジェンダで判断せず、思想信条で結論をだし、結局選挙を優先したみんなの党だ。
  歴史を繙いてみると、例外なくマスコミが火付け役で、巨大勢力に反発し選挙の流れを変える。そこには、国益を守るという正義感など微塵もない。
  ただの反骨精神で大勢批判し、追い落とすという理不尽なジャーナリズムだけが存在する。
  古今東西万国共通今昔を問わず、陰謀には方程式がある。その方程式を解いてみれば、陰謀の黒幕が解明できる。今回のケースも、例外ではない。
  だが一旦人の口に火が点いてしまうと、その火消しは容易でない。そうなると、白のモノも黒ということになってしまう。そういう理不尽な報道が、どれだけ日本国民の国益を損なうか、強い憤りを覚える。
  そもそも今回の橋下発言の一字一句を逃さず読み返せば、彼が一つも間違ったことを言っていないことは一目瞭然だ。
  敢えて問題と言うならば、米軍に対しての風俗利用発言ぐらいだ。
  長年、建前論ばかりを繰り返した政治家たちに一石を投じたと私は思った。
 だが、予想外な反応が世間を駆け巡った。似非フェミニストを上手に刺激して、反橋本のジャーナリストと政治家たちが火の手を上げたのだ。
そして、彼らにとって都合のよい部分だけを切り取り、まるで橋下氏が男尊女卑や人権侵害をしているかのように報道し、世界に広めてしまった。
 多くのジャーナリストが、まるで鬼の首でもとったように攻撃体制に入った。まあ、選挙前ということを考えると、そこまでは想定内と言ってもいいだろう。
しかし、橋下氏が米軍について言及してしまったことが、問題を国外にまで広げてしまう結果となった。
  結局、外国人記者クラブで、謝罪会見をする羽目になった。
  発言後は何を弁解してもまったく通らず、人々も訳がわからぬまま橋下批判を鵜呑みにした。
  ここで幾つか押さえなければいけないことがある。
  まず、アメリカ人は、人権問題を本音で語れないことを理解しなければならない。何故なら、人種差別の歴史があるからだ。
特に現オバマ大統領は、マイノリティーからの最初の大統領だ。必要以上に気を付けなければならない。そのことを理解しなければならない。
  男女平等や人権問題は、アメリカ人が、最も気遣う問題であることも理解しなければだ。
  だからといって、全てアメリカが正しいことをしてきた訳ではない。実際ネバタ州などでは、売春を未だに合法化している。
  二番目に、慰安婦をセクシャル・スレイブと訳したことにも、非常に意図的なモノと感じた。
 スレイブ=奴隷という印象が、アメリカ人に対しては、刺激的すぎる。
  だが実際に、アメリカ軍にだって、橋下氏が言及した通りの事実がある。
慰安所ではなくても、敗戦国の女性をレイプしたり略奪したりした事実もハッキリと残っている。エリザベス・サンダース・ホームなどはその証拠だ。
  もう一つ理解しなければいけないことは、アメリカ軍は、ベトナム戦争以前と以後で、まるで別組織のように変革された。
  例えば、ベトナム戦争までは、白人部隊と有色人種部隊とにハッキリと差別化されていた。正に、白人至上主義を実践していたのだ。
  ところがベトナム戦争から、初めて混成部隊となり、人権だの差別の問題などは根絶され、平等の精神にのっとり運営されたことになっている。
  だが実際には、ベトナム戦争時戦地では、白人と黒人の兵士間での確執が、混成部隊になったが故に、戦争犯罪として露呈した。
  映画「地獄の黙示録」や「プラトーン」などは、戦地での理不尽を訴えた映画だ。
  平気でレイプが行われ、殺人が行われるが、軍法会議にならないという現状を訴えていた。
  そういう歴史を経て、今の米軍がある。
  だが、当然のことながら、前戦に配属された兵士の緊張感や恐怖感によるアドレナリンの異常発生を考慮して、前戦部隊の部隊長クラスは、ある程度のことは黙認する傾向にある。勿論、士官たち一人ひとりの人間性に寄るところも大きいのだが。
  そして、知っておかなければならないことは、沖縄に配属された海兵隊は前戦部隊なのだ。
海兵隊は、四軍の中でも精鋭揃いの猛者集団である一方、行儀が一番悪いことでも知られている。
  アメリカに限らず、戦争に於いて、各国の軍人は、多かれ少なかれ慰安所や慰安婦たちの恩恵に預かるというような橋下氏の発言があったが、それも事実だ。建前では認めないが、間違いない事実である。
  だから、日本もやって良いという理論は当てはまらない。だが、事実は事実として認めるべきだ。
  もう九十歳を超えるロシアでの抑留経験がある弊社の元副社長は、よく言っていた。
  慰安婦たちは可哀想だったと。休む暇なく兵士たちの相手をさせられていた。可哀想だから俺は遠慮するといって行列に並ばなければ、部隊の中で自分がイジメに合うどころか、前戦で後ろの味方から鉄砲玉が飛んでくる。それが軍隊だ。
  強制連行に関しては、彼ら現場の兵隊たちには解らない。だが、韓国人女性たちは、韓国人女衒によって、日本軍に売られていたように聞き及んだと言っていた。
  当時は、貧乏に耐えかね娘たちを親が売っていたそうだ。
  色々なケースがあったに違いない。だが、間違いないことは、どうであれ人間は大きな過ちを犯したということだ。そのことだけは、肝に銘じなければだ。
  そして私たちは、先人の屍の上を踏み越えて、今の平和な日本に生きているのだということも忘れてはならない。
[PR]
by seizaikai_club | 2013-06-07 23:02 | 政治

心の声

「心の声」

 今般の橋下市長による慰安婦発言に於いて、感じることがある。それは、自分の「心の声」に耳を傾けるべきということだ。
昨今人々は、このことを忘れている。多分平和過ぎ、恵まれ過ぎて、素直に自分や他人の心の声に耳を傾けられなくなっているのだろう。
橋下氏の発言を一字一句逃さず読んでみれば、世間で今騒がれている問題など一つもないことが解る。彼は、男尊女卑的な発言はしていない、女性を蔑視していることもない、歴史を偏向して発言してもいない。ただ、発言を部分的に切り取って読めば、確かに報道されているような印象を受ける。だが、彼の発言の本質とは全く違う発言が報道され、捏造されている。
 そもそも、参議院選挙の直前だ。最初から、維新の会と橋下氏を陥れるための陰謀だと思っていた。だが、陰謀だとしても、日本以外の国々に於いても取沙汰され批評されれば、陰謀も成功だ。実際外国人記者クラブで、橋下氏は不本意ながらアメリカや慰安婦の女性たちに謝罪した。
私は、陰謀が為されるには「陰謀の方程式」があると、かねてから主張している。一個人が為す陰謀は、絶対に成就しない。だが、複数の人間の利害が合い起こった陰謀は成功し、時として歴史をも動かすことがある。アメリカで言えば「ケネディー大統領暗殺事件」、日本でいえば「本能寺の変」などはその代表的な事件だ。「陰謀の方程式」に関しては、別の機会に触れることとする。
 橋下発言報道に関しても冷静に見聞すれば、自ずと橋下氏が無茶苦茶なことを言っているのではないことが理解できる。ただ彼の長所でもあり短所でもある、本音で発言してしまったということが唯一の問題点だ。アメリカは、人権や差別に敏感に反応する国だ。それは、嘗て彼ら自身が大変な時代を経験しているからに他ならない。特に、オバマ大統領は、マイノリティーから初の大統領だ。綺麗事の建前論でしか発言できない。
 今回の発言は、今まで建前論でしか触れてこなかった慰安婦問題を、橋下氏が本音で発言したことで、大きな一石を投じたと私は発言直後に称賛した。ところが、反橋下を標榜するジャーナリストとメディアが、フェミニストと結託して鬼の首を取ったかのごとくに報道撹拌し、彼らに踊らされた人々が、橋下発言の一字一句を全て読むこともなしに、男尊女卑だ、人権蹂躙だと騒ぎ立てた。メディアの影響力を、今回ほど感じたことはない。
 一人ひとりが、偏向せず彼の発言を一字一句逃さず読み、自分の良心、心の声に耳を傾け道徳心を呼び覚ませば、こんな事態にはならなかった。
[PR]
by seizaikai_club | 2013-06-07 22:46 | 政治

選挙結果に思うこと。

投票結果が出た。
予想通り自民党の圧勝だ。
賛否両論あるが、
これでよかった。
自民党は、
安倍総裁ともども背水の陣でのぞまなければならない。
何故なら、
二度目はもうないからだ。

注目すべきは、
日本維新の会だ。
きちっと票を伸ばした。
そして、
何より注目すべきは、
東京都知事に猪瀬氏が当選したことだ。
これが橋下氏の戦略だったとすると、
諸葛孔明のような先見性だ。
大阪府知事も維新の会、
大阪市長も維新の会、
東京都知事も維新の会。
もとより、
今回の選挙で政権を取ろうなど
橋下氏は微塵も思っていなかったのだ。
だが、
間違いなく、
近い将来地方制度改革が現実化する。
そのための足掛かりができた。

今回自民党が大勝したことで、
自民党と政策単位で協力していけば、
十分維新の会の望むところは実現できる。
これで、
憲法改正も現実味をおびてきた。
参議院で多数をとっていなくとも、
衆議院に差し戻し決してしまえばよいのだ。
これで石原慎太郎氏が、
何故都知事を投げ出して、
突然国政に返り咲いたのかが
よく理解できた。
彼は、
橋下氏の考えを理解し、
この国のために橋下氏にかけたのだ。
維新すわち改革をかけたのだ。
これは本当に
明治維新に匹敵する大改革が
近い将来訪れるかもしれない。
夢物語でない維新が。
今回の選挙結果で、
俄に現実味がでてきた。
面白くなってきた。
日本の政治が息衝いてきた。
我々国民も
自らできることをしていこうではないか。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-12-16 23:48 | 政治

明日の選挙にあたって

いよいよ明日投票日。
一体この国の政治はどうなることやら。
予想外な結果がでるような気もする。
だが、
私としては、
以前にも書いたが、
今回は、
諸問題を考慮すると
安倍自民党が政権を取るのではないかと思っている。
安倍氏と石破氏の二人三脚で、
国難の今、
とくに領土問題を含めた外交問題を乗り切ってほしい。
そして、
その後にもう一度大きな政界再編が訪れ、
その時に、
大きくこの国の仕組みが変わるのではないかと思っている。
勿論維新の会が主役になり、
自民も民主も再編され、
志と思想信条を同じくする人々が
自然に手を取り、
新しい日本を導いていってくれるであろうことを期待する。
今回、
政党が多いとマスコミは批判的なことを言っているが、
今この段階で
この状況では、
小政党がいくつも誕生して構わないと私は思っている。
これらの小政党を経て、
新たな本物の政界再編が
近未来訪れ、
その時は迷うことなく、
それぞれの政党が真っ直ぐに主義主張を打ち出せばよい。
勿論合併も離散もあってよい。
色々な可能性を模索して、
最終的には、
二大政党のような形に落ち着いてくれれば良い。
今の民主、自民では、とても二大政党とはいえない。
本当の意味での主義主張を同じくし、
政策案も同じくする人々が
自分が所属すべき政党に帰属し、
烏合の衆のようなことはないように、
魑魅魍魎が永田町に溢れかえることのないように、
真面目に政治に取り組む人々だけが、
淘汰され生き残れば良い。
現状では、
それぞれの一政治家には、
この国を導くに値する一部の優秀な政治家としての人材を見て取ることできるが、
未だ、
党ということでは、
いずれの党もそれに値しないと私は思っている。
橋下氏と石原氏の二人三脚は、
この国のリーダーシップを取らせるに値すると評価している。
だが、
維新の党としては、
問題点も多いように思う。
安倍氏と石破氏の二人三脚も
リーダシップを取るに値すると評価している。
だが、やはらい自民党としては、
まだまだ大いに問題はある。
野田氏にかんしても、
野田氏個人は、
立派な総理大臣で信頼に値すると思う。
だが、
不幸なことに、
烏合の衆である民主党に帰属しているので、
野田氏という人材が総理として活かしきれていない。
そもそも、
党の代表である野田氏を
民主党内部の人間が批判したり
足をひっぱったりするようでは、
とても党として信頼できない。
多少意見は違っても、
自分たちが担いだ親分である代表野田氏の足を引っ張るなんてことは、
絶対にあってはならない。
そのことだけでも、
民主党は失格であるし、
返り咲くことはできないであろう。
大体、先の選挙で政権奪取のために、
数を集めただけで、
右から左まで蠢く烏合の衆である。
問題外だ。
「みんなの党」は、
非常に良い。
私も実際支持していたし、
一時期党員登録もしていた。
しかし、
残念なことに
少々守りになりだしたというか、
排他的な印象を最近感じる。
主義主張には説得力もあり、
真面目さも際立っており、
非常に良いと思う。
何より、
ブレない安定性は評価に値する。
公明党も、
多少陰りを感じる。
それに変わって、
まだまだだが、
幸福実現党が、
公明党の位置に取って代わる可能性もある。
あまり宗教色を表に出さず、
オームのような馬鹿げた選挙戦をせず、
まっとうに政治を考え言動すれば、
その可能性はある。
例え、
支持母体だとしても、
間違っても先日のように大川氏が
選挙戦の矢面に立つようなことをしていたら、
その可用性、芽はなくなるであろう。
それには、
揺らぐことのない党首が、
人望と常識がある党首を押し立てることが先決ではないか。
共産党は、
昔の共産党とは違い、
正直面白い部分もある。
だが、
如何せん「共産党」という名前が邪魔をしている。
時代は変わったんだ。
日本の国も変わったんだ。
もしかすると、
共産党の先生方が一番そのことを理解しているのかもしれない。
だが、
その名称から脱却できないジレンマが
彼らをもう一歩踏み出せなくしているのではないか。
社民党は、ハッキリ言って論外。
残りの小政党は、
これから変わり行くのでコメントを控える。
以上、
明日の選挙戦に当たって
思うことを自分勝手に綴ってみた。
感謝
[PR]
by seizaikai_club | 2012-12-15 17:48 | 政治

石原慎太郎が東京都知事を辞任新党結成

石原慎太郎が東京都都知事を辞任新党結成
2012年10月26日

 石原氏の辞任新党結成に関しては、賛否両論渦巻いている。
 正に彼らしい行動力だ。このままいっていたら、橋下「維新の会」の勢いが落ちてしまいかねないと判断した石原氏は、彼なりの鋭い洞察力と戦略で、都知事を辞任し、新党結成という荒療治に出た。

 安倍-石破自民党が、優位に立ってきた今、石原氏のこの一石は、永田町に大きな波紋を広げた。正にこのタイミングでの行動は天晴だ。石原氏の人気と橋下氏の人気を合体させれば、自民に勝てるかもしれない。また、橋下「維新の会」が弱い、外交や領土問題も、この組み合わせでいけば面白い。やはり、石原氏は、ここぞという時にやってくれる。ただ、年齢が年齢なので、厳しいという味方をする有権者も少なくない。

 そもそも、石原氏は、嘗て中尾栄一を中心に結集された青嵐会のメンバーだ。生え抜きの真保守である石原氏のみが、やはり真保守の安倍-石破自民党に対峙できるのではと思う。そういう意味では、このタイミングで乗り出してきた石原氏の政治家的洞察力は大したものだ。評価したい。永田町が、非常に面白くなってきた。

 片や「維新の会」に近くなった「みんなの党」の渡辺喜美氏、一方石原慎太郎。犬猿の仲とは言わないが、決して仲が良いとは言えない。主張も、政策も、正反対。ここのところが、結構ネックで、結局自民に有利に働くのかと上辺だけを見れば考えられる。
 だが、よく見ると、別の一面も見え隠れする。渡辺氏は、安倍政権で閣僚を経験している。また「みんなの党」には、嘗て石原氏が帰属した青嵐会の代表者中尾栄一氏のご子息もいる。非常に複雑な混戦状態だが、結局は志の強い人間が生き残ると私は思っている。それと、国民から共感を得ることができる人も党もということだ。

 兎に角、今、日本にとっての最優先課題は、尖閣、竹島などの領土問題、教育問題、拉致問題、そして、経済の立て直し問題だ。最優先課題は、これらの問題に付随する憲法改正、自衛隊法改正、地位協定の撤廃もしくは改正などである。それが、できるのは、安倍氏だけかと思っていたが、石原氏が出てくるとなると、石原氏も可能性を含んでいる。いよいよ選挙が近づき、秒読み段階に入り、永田町が面白くなってきた。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-10-26 13:20 | 政治

安倍新総裁・石破幹事長による新生自民党

安倍新総裁・石破幹事長による新生自民党
2012年9月28日

 総裁選が終わり、予想通り安倍新総裁が誕生した。決選投票の結果から、地方自民党員から賛否両論色々な批判が噴出した。しかし、昨日の段階で、石破氏を幹事長に据えることで最初の難関を安倍新総裁は早速回避出来たように思う。

石破にしても、いきなり総裁というより、今回安倍新総裁体制で、彼を担ぐことで実績を更に積み重ねた方が、未来に向かって色々な可能性が生まれるであろうことを考えたはずだ。それと、石破という人は、非常に頭の良い人なので、ここで恨み節を言っても、得にはならないと判断したと思わる。それよりも、案外この人は、潔良いところが、過去の言動からしても想像できる。

 そのような状況下、安倍氏が、石破氏を幹事長に据えたことは、英断であり、安倍氏にとっても吉と出るであろう。石破氏が幹事長で、党内をまとめることによって、派閥体制に違和感を感じる小泉進次郎など若手議員たちを纏めることも可能になり、また、総裁選直後に異議がある地方議員や地方党員たちのフラストレーションを消化できることにもなった。この人事は、案外、再生自民党にとって、非常に良かったと私は思っている。

 何故私が、安倍氏が総裁に就任して良かったかというと、彼が一度総理という役職を全うできなかった過去があるからだ。そもそも、その経験がありながら、総裁選に立候補すること自体、かなりの決意がいることだ。体調の所為とはいえ、一度は政権を投げ出した男だ。二度同じ過ちを犯しはしない。そこの部分に、戦後最大の国難の今、安倍氏に賭けてみようと私は思った。

今回は、命懸けで総理の仕事を為し、日本のために全力を尽くすはずだ。そして、彼は、言わずと知れた筋金入りのナショナリストである。小泉訪朝の際、平壌で金正日と刺し違えかねない勢いで、北朝鮮と対峙していたことはよく知られている。若さもあったが、警備を担当するSP達はハラハラさせたという話は有名だ。

 この拉致問題にしても、安倍が先頭にたつことで、小泉政権時代同様、新たな展開を期待できる。また、領土問題にしても、まずは憲法を改正しなければ、次の一歩が踏み出せない。そのような状況下で、安倍政権時代、憲法改正の一歩と成りうる国民投票性に関して、あと一歩というところでやり残しているという経緯がある。このことも完遂させたい。また、何より、竹島、尖閣の問題にしても、きっちと真正面から相手国と対峙できる勇気があるのは今、安倍晋三だけであると思う。そして、乳房役で石破が幹事長の座にいることで、党内調整が可能になり、また軍事問題の専門家である石破との二人三脚で、軍事戦略上、国際情勢を的確に判断し、この国の舵取りができると私は大いに期待する。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-09-28 09:24 | 政治

日本維新の会VS安倍自民党

日本維新の会VS安倍自民党
2012年9月10日

 今の段階で、日本維新の会VS安倍自民党などというと、自民党の総裁選も決まっていない内に、こいつは何を言っているのだと、諸先輩方からお叱りを受けそうだ。だが、敢えて今度の選挙の理想像だと私は思っていると申し上げる。

 その理由は、明確に政策論争を戦わせる選挙にしてもらいたいからだ。そして、日本維新の会が打ち出す政策案も、安倍自民党が打ち出す政策案も、今の日本にとっては、優先課題であると感じるからにほかならない。

 解り易く言えば、地方分権やそのシステムを改革しようとしている日本維新の会、対する、憲法改正へ向かって大手を掛けていた元安倍総理、やり残していたことが色々あったが、そのやり残していたことを、今実現するために絶好のタイミングであると私は思う。どちらも、今の日本にとっては大切な事柄だ。

 今回の自民党総裁選には、複数の候補者が名を連ねている。どの候補者も、悪い政治家ではない。石原氏にしろ、石破氏にしろ、安倍氏にしろ、ちょっと年長だが町村氏も、皆将来総裁になる可能性が高い人たちだ。谷垣氏には申し訳ないが、彼の任期中、決して落ち度はなかったが、総裁再任は難しいと思われる。そのような状況の中、それでは、誰が掲げる政策案が、今最優先で議論されるべきで、実現されるべきか、ということが、我々有権者である国民にとっては大切なことである。そうやってみると自ずと結論が導き出され、誰が総裁選で選ばれるか、ということになる。ただ、必ず例外はある。安倍さんが、自民党ではなく、自民党の外から立つという可能性だって無きにしも非ず。だが、その可能性は、非常に薄い気がする。それでも、薄くても可能性は可能性だ。

 次に、日本維新の会の現状抱える問題点を見てみる。今一番の問題点は、候補者をどう選択するかだ。昨日の討論会でも、何か釈然としてないものがあった。本当に立候補者皆が同じ方向を見ているかだ。懸念するのは、候補者は皆選挙に勝ちたい一心で、人気の維新の会に合流するであろう。その多くは胸中、民主主義の基本的原理である数の方程式を思い描いているに違いない。討論などをしても、現段階では、胸中を吐露しないであろう。何故なら、合流し立候補させてもらい、当選させてもらうことしか考えていないからだ。ここのところが、日本政治のシステムの良くない点ある。だが、結局、理由、方法はどうあれ当選してしまえば議員だ。この流れがあるから、政党というものが、同じ思想信条で、同じ方向を向いて、政治をすることができないのだ。その悪例の最たるものが、民主党である。

 維新の会も、政党とはどうあるべきか。すなわち、帰属議員が皆同じ方向を向いている。思想信条を同じくする。それが、政党の本来あるべき姿だ、ということまでは気付いている。だから討論会まで催したのだ。だが、その討論会に参加した、これから先合流しようとしている議員たちの様子から、昨日の討論会の現状を見ていると、本音が吐露されていなかった。何か中途半端なことになってしまっている。これが、ある意味、日本維新の会にとって、最も高いハードルなのかもしれない。

 そのような厳しい状況の中で、橋下氏の言動は一挙手一投足国民から見聞されている。だが、果たして、維新の会を構成する人々が、本当に橋下氏と100%意見を同じくしているかということには、非常に大きな疑問を感じる。中には、橋下人気にぶら下がっていこうという人々もいるはずだ。そこの見極めが如何に為せるか否かで、維新の会が、民主党と同じような末路を辿るか否かと言える。どちらにしても、ここ暫く選挙までが、正念場だ。しっかりと、我々国民も政治を見守って行くべき時である。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-09-10 10:22 | 政治

政局に明け暮れる日本政治に三下り半

政局に明け暮れる日本政治に三下り半
2012年6月15日

  民主党政権へ政権交代が行われて以来、我々国民は落胆することばかりが続いてきた。あまりに期待が大き過ぎたのかもしれない。だが、最初からもう一度大きな政界再編が行わなければ本当の意味での改革はできないであろうと思っていた。だが、やはりそういうことであると、多くの有権者たちがやっと気付きだしたのかもしれない。

  そもそも政治屋の皆さんは、明けても暮れても党利党略私利私欲、思惑ばかりが先行して、政局にばかり頭が120%翻弄され、国民のための政治など微塵も思っていない。本当にくだらない茶番の繰り返しだ。役者も、まったく代わり映えがしない。呆れ果てる。

  現状の日本の経済状態、国民生活、特に社会保険制度の崩壊や制度改革を思えば、こんな馬鹿げた茶番など繰り返している暇はないはず。だが、結局バカな政局に翻弄され、政治を蔑ろにしている。国会中継をみていても、足の引っ張り合いばかりで、政策論争の本質など微塵も感じられない。本当に政治家の意識は、地に落ちた感が否めない。大体、政治家としての資質もない人々が、私利私欲党利党略によって担ぎ出されたり、しゃしゃり出たりして、論争以前に論じるどころか思考すらできない魑魅魍魎が永田町には満ち溢れている。彼らを選んだ我々有権者にも、大いなる責任がある。だが、本当に日本の政治は地に落ちた。これでは、本当にこの国は、立ち上がることすらできないのではないかと本気で心配になる。そんな状況下、大切なことは、我々国民が、正しい目で、政治と政治家を見極めることだ。マスコミに翻弄されずに、自らの良心で彼らの言動を精査し、どの政治家が本気で国民のために汗水を流しているかを察知する必要がある。本気の人間の情熱は伝わるものだ。そうすると、案外マスコミが垂れる知ったかぶりの能書きとは違った答えが見えてくるかもしれない。誰が足を引っ張り、誰が本気で政策を議論しているか、政治家の仕事を見極める本質はそこにある。

  そもそも、政治家たちの視野があまりにも狭すぎる。物事を大局的に見ることができ、英断がくだせる資質を持ち合わせているのが、本来政治家という存在だ。子供が政治ゴッコをしているのではない。世界の中で、この日本という国を統治していかなければならないのだ。 覚悟も、勇気も、もっと必要だ。その辺のことを肝に銘じて、政治屋の先生方は、国民のために、この国のために、一度胸に手を当てて真剣に改心して頂きたい、そして、我々有権者は、澄んだ心の目を見開き本物を見極めることを切望する。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-06-15 12:15 | 政治

原発事故調での菅元総理の発言真意

原発事故調での菅元総理の発言真意
2012年6月2日

 はじめに、私は菅元総理の支援者でも後援者でもない。ただ、未来のために、今回の原発事故を出来る限り客観的に見詰めたいと思っているだけだ。正直、今回の事故調で、枝野や菅や諸々の民主党関係者の発言に対しては、呆れて開いた口が塞がらない。お互い足の引っ張り合いで、見苦しいことこの上ない。だが、菅元総理だけが、間違ったことを言っていないように感じた。彼は激情型の政治家だ。だが案外正直に、私利私欲抜きでモノを言うタイプであるように思う。

 巷では、イラ菅が感情に任せて原発や東京電力本社に乗り込んだので、現場の人間たちが迷惑して判断を誤ったと言っている意見が多い。だが、果たしてそうであろうか。私には、そういう人々の声に疑問を感じる。大体、東電幹部にしても、今頃菅元総理を責めるが、会長も社長も東京本社に不在で、地方や海外にいたわけである。本来二人ともが東京本社を離れることはせずに、片方は残るべきである。にもかかわらず、自分達の非を棚に上げて、菅ばかりを責める姿は見苦しいことこの上ない。あの状況下で、菅元総理が現場に乗り込んだのには、理由があったとように私は思う。巷で言われている、情報が総理官邸に上ってこなかったという理由は、一番大きな理由であるように思う。当事者であった菅元総理は、そのことを多分当事者として痛烈に実感し、現場に赴いたのであろう。世間やマスコミは、菅元総理をボロクソにいい、現場の人間が正しかったように自民党も含め盛んに囃し立てているが、果たしてそこに真実があったのであろうか。当時、あの状況を第三者的に見つめていて、私が強く感じたのは、原子力保安院の存在意味である。彼らが、本来東電と官邸の間の架け橋であり、ワンクッションになるべきであった。ところが、どう見ても彼らが役目を果たしているようには、私の目には映らなかった。彼等は、東電のみに責任を転嫁し、自分達の非は認めようとしなかった。それどころか、保身ばかりを最優先し、何をあの場で為さなければならないかという大切な問題を等閑にしていたように感じた。菅元総理も、そんな彼らの姿勢を間近で見聞し、現場へ乗り込み現実を把握するという行動にでたように感じた。菅元総理ばかりを責め立てるが、あの状況下、本来総理が現場に乗り込んだあの行為は、原子力安全保安委員が為すべきことであったはずだ。にもかかわらず、彼らは微動だにしなかった。故に菅元総理は批判を浴びながら自ら赴いたのであろう。よく理解できるリーダーとしての行動だ。状況が把握できない状態にあるならば、自ら赴くということは、組織のリーダーとして正しい判断である。私はそう思う。その証拠に、福島原発の吉田所長は、上の対応にヤキモキしてクレームをつけていたではないか。それは、東電幹部や原子力安全保安委員会が上に存在し、正しい情報が迅速に政府まで伝わっていなかったことへのフラストレーションの表れであった。

 そして、その状況を目の当たりにした菅元総理が決断を下すのだが、そのことに対し自民党などは非としているが、あの状況下で、腰抜け原子力安全保安院が適格な判断を、勇気を持って下せたであろうか? 答えは否である。あの状況下で、保身と責任を盥回しばかりしていた彼らに、そんな重い勇気ある決断はできなかった。その結果、現実問題として、後手に全てが回っていたではないか。菅元総理の迅速な判断があったからこそ、全てが動き出したように私は思った。後で、色々な屁理屈は言える。だが、誰かが英断をくださなければ、事態はもっと深刻なことに陥っていたように思う。

 そもそも、役人である原子力安全保安院にしろ、経済産業省にしろ、決断を下せるわけがない。彼らが常に考えていることは、責任を転嫁し盥回しにすることばかりだ。そんな輩が、英断など下せるわけがない。例え専門家だとしてもそんな英断は下せない。そういう英断を下せるのは政治家だ。確かに政治家は原子力の専門家ではない。だが、組織のシステムでは、専門家の役目は状況の把握と対処策の把握、そして、その状況を的確に判断し、そこで英断を下すのは政治家であってしかるべきだ。そこのところを間違えれば、また同じ轍を犯しかねない。私は、そんな風に思う。大体、今になって、誰が悪かった。ああすればよかったと綺麗ごとばかりいうが、現実にその場でそれを為したのは誰だ。あの危機を乗り越えたのは誰だ。そのことを素直に受け止め、その当事者である菅総理はじめ現場を知っていた人間の意見を反省意見として取り上げ、今後に生かして然るべきであると私は強く思う。足の引っ張り合いは、何の意味もない。生産性のないことに、時間も労力も費やすべきではない。今の政治には、民主党政権には、そういう無駄があまりにも多すぎる。私にはそう思えてならない。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-06-02 14:37 | 政治

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧