政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

小沢一郎と西松建設の事件は氷山の一角

小沢一郎と西松建設の事件は氷山の一角
2009年3月4日

 今回の小沢一郎第一秘書逮捕によって、永田町に広がる波紋は大きい。なぜなら、これは小沢一郎にとどまらず、全ての政治家が抱えている問題であるからだ。

 そもそも、政治資金規正法による現行制度自体が、今回小沢一郎第一秘書逮捕で表面化した抜け道方程式ありきで作られた法律だからだ。政治には金が掛かる。ところが、時代の流れで、昔のように政治家が政治資金を集めることに手枷足枷が掛けられてしまった。そこで、あの手この手でお金を作る抜け道を考えだして作った法律なのだ。そんなことは、よくよくこの規制法を見極めてみれば最初から一目瞭然のことである。当然、頭のいい企業は、そんな抜け穴を見逃すわけがない。彼らの価値観は、利権と金なのだから。そして、今回小沢一郎第一秘書逮捕で明るみに出た企業から政治家へのお金の流れが、その方程式なのである。

 問題は、これが国策捜査であったのか否かだ。マスコミが騒ぐほど、昔のように国策捜査などということがまかり通る時代でもないし、政党や政治家が力を持っている時代でもない。ただ、一部同じ考え方を持つ永田町や霞が関に巣喰う魑魅魍魎が、合致した利害思想の元、損得抜きで動くことがあるということだ。そこには、特定の人間や集団の欲得は存在しない。自分達の力で、世の中、政界、時代を動かしたという自分勝手な満足感だけだ。今回の小沢一郎第一秘書逮捕も、そのような理由によるものであることは間違いない。近年、一度同じようなことがあった。それは、ライブ・ドアの堀江氏逮捕の時の捜査だ。

 本来、小沢一郎と西松建設の問題以外にも、かなりのレベルで立証されている自民党の現役役員に関わる巨額事件も浮上しかけている。だが、そちらの問題が果たして世にでるものか、検察が捜査しだすのか、全ては先に述べた長老と呼ばれる一部政治家を中心にした魑魅魍魎次第なのかもしれない。この問題は日の目をみず闇に葬られる可能性は高い。なぜなら、その長老様に近い政治家の事件だからだ。いずれにしても、今後の展開を見守りたい。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-03-05 00:05 | 政治
<< 北朝鮮に漂う不穏な動き 非常識極まりない麻生総理の本日の発言 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧