政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

民主党が大敗した理由

民主党が大敗した理由
2005年9月12日
http://www.seizaikai.com/seizaikai_club/index.htm

 民主党が大敗したのには、それなりの理由がある。国民はちゃんと見ていたのだ。結局、この世の中は、人によって全て為されている。全ての原点は人である。小泉首相をはじめ、小泉首相の改革を助ける政治家達を見れば、その人柄は宣伝しなくとも一目瞭然である。誰が、騙すような人で、誰が正直で純粋な人かは、見ればわかる。しかも、腹黒くドロドロした、旧態依然とした永田町の妖怪どもを自民党から追い出して選挙に臨んだ小泉首相の姿勢は、誰の目にも信頼に値した。
 野党や自民党の離反議員達は、小泉首相の政治手法は独裁的だとか、こんな政治手法がまかりとおったら日本は終わりだとか、郵政を解散総選挙で国民に問うたのだから、他の案件の場合も、その度ごとに解散総選挙で国民に問うべきだ、などと本当に意識の低い反論をする方々が多い。呆れかえってしまうというか、悲しくなってしまう。
小泉首相をはじめ、小泉推進派の自民党議員達が言っている民主主義の原点に立ち返り、という意味は的を射ており、本当に大切なことである。彼らの言う民主主義の原点、即ち、政党というのは、党利党略私利私欲のためにあるのではなく、同じ政策意識を持った者同士による、同志の集まりなのである。政策に対し意見を異にする者同士が同じ党に席をおいている、と言うこと自体がおかしなことなのだ。
 衆議院議員は代議士である。その名の通り、有権者の代理人なのである。参議院議員にしても、国民から選ばれた以上、代議士ではなくとも、有権者の代理人であることに間違いはない。この大原則を理解していない政治家が多すぎる。特に離反議員や野党議員は、あまりにも勝手な我欲が強すぎる。一部の既得権を維持しようとする人々を背景にしての政治など、国のためにも国民のためにもならない。にもかかわらず、もっともらしいことを言われる離反議員の方々。彼らこそ、看板、鞄、地盤にしがみつく旧態依然とした政治家達であり、これからの日本には必要のない政治家達だ。そういう彼らを追い出した小泉首相を、国民は評価したのだ。本来、野党第一党である民主党こそが、改革を叫び、自らの党の若返りもはからなければならないのに、まったく与党と野党の立場が逆転してしまったかのようであった。滑稽でさえあった。その辺のことを、国民は肌で感じていたのだ。
 民主党は、盛んに二大政党化、政権交代を、と叫んでいた。しかし、これも驕りとしか思えない。誰の目にも、今の民主党に国の舵取りを預けられないということは、一目瞭然であった。多くの国民が、二大政党化することを望んでいることは間違いない。小泉首相だって、そう望んでいる。首相に就任する直前の「首相公選制の会」で、小泉さんはハッキリとそう言っていた。自民党の旧態依然とした体制をブッ壊し、利権と金に塗れた欲深い爺様達を追い出したことを見ていれば、小泉首相のそういう気持は言わずとも知れる。そんなことを、岡田党首をはじめ民主党の人々は、わからなかったのである。それは、国民が民主党に票を入れるわけがない。わかっていなかったのは、民主党の議員達だけであったような気がする。ある海外メディアが、ドンキホーテのような民主党、と揶揄していたが、その通りだった。
 にもかかわらず、民主党は、明けても暮れても誹謗中傷合戦のワイドショー政治しかしてくれなかった。いくら格好良くマニフェストだなどと言っても、地に足のつかない机上の空論では、誰も国民はついてこない。大体、自民党の悪口ばかり聞いていたら、有権者は嫌気がさし、それ程の器しかないのかと思ってしまう。まったくもって浅はかなことである。
 それにひきかえ、小泉首相の選挙手法は、未来の二大政党制選挙を予感させるようでさえあった。イギリスやアメリカの選挙を見ていればわかるが、二大政党制になれば、自ずと選挙の論点は政策になる。国民も、それぞれの党が示す政策案を基に、どちらに投票するかを決める。今回の選挙は、まさに郵政民営化という法案の是非を国民に問うた、二大政党制選挙を予感させる選挙展開を小泉首相は導いた。
 同時に、自民党がこれだけ大勝したということは、小泉構造改革に国民がそれだけ大きな期待を寄せているということであり、裏を返せばそれだけ注目しているということでもある。よって、小泉首相にとっては、背水の陣なのである。少しでも小泉改革に疑問が生じれば、次の選挙では、間違いなく野党側に大きく振れるであろう。言うなれば、民主党は大敗したが、この大敗の後に、政権交代を勝ち得る大きなチャンスを得たと言っても過言ではない。そして、そのチャンスを与えたのは、他でもない小泉首相なのだ。小泉首相が、首相に就任する直前に参加した「首相公選の会」での発言を思い出してみると、この自民党の大勝の後には、政権交代の可能性ということまで見越してのことでは、とさえ思えてくる。
 大体、今の民主党では、とてもではないが政権は任せられない。しかし、この大敗をバネに、次の選挙まで死にもの狂いで頑張れば、民主党にとって、政権交代、二大政党制も夢ではない気がする。間違いなく、小泉という人はそこまでよんでいる。
 自民党も大きく変革しだした。しかし、近未来の選挙で、今度は自民党が大敗して、政権を失った時、本当の新自民党に生まれ変わるのではないか。その時こそ、真の二大政党制のスタートだ。そこへ向かっての扉を、小泉首相は開いたのだ。間違いなく、二大政党制への扉をも、今回の選挙で小泉首相は開いた。これだけ、勇気があり、行動力のある政治家は、近代稀に見る存在ではないか。今は、皆わからないのかもしれない。しかし、きっと将来、日本を改革した名首相小泉純一郎と言われる時がくるに違いない。少々褒めすぎですかな。
[PR]
by seizaikai_club | 2005-09-13 16:24 | 政治
<< 「個人情報」保護への意識の低さ 投票結果を批判するマスメディア... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧