政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

10月末から11月の解散総選挙の可能性が急浮上

10月末から11月の解散総選挙の可能性が急浮上
2008年6月30日

 ここにきて、10月末から11月の解散総選挙の可能性が急浮上してきた。これは、民主党側からの動きではなく、自民党の古参幹部議員達から出だした動きだ。来年は、今年と比較して2倍から3倍以上の狂乱物価になることが予想されるため、そんな厳しい状況下、無理をして政権を取っておく必要もない、ということらしい。どうせ、風当たりが強くなる要素があるのならば、一度下野して、あれだけ「政権奪取」を声高に叫んでいる民主党に政権交代してしまおうという腹らしい。どうせ民主党が政権をとっても、狂乱物価では、国民の支持も下がり、そう長く政権を持ちこたえることもできないであろうという楽観的な見方のようだ。ある意味、勝ち目がなくなってきたので、開き直り戦法に打って出たともいえなくもない。彼らの勝手な目論見だが、一度下野しても、狂乱物価の追い風で、結局来年秋には、また政権を取りも出せるという計算らしい。

 ただ、何故年内かという理由は、やはり以前の記事でも指摘した通り、離脱組による政界再編阻止という意味合いが強いようだ。年を越して解散総選挙になれば、政党助成金が離反組による新党にも付いてしまうので、それを阻止する意味が大きいようだ。年内解散ならば、政党助成金が新党に付くことはない。政界再編を目論む一派も、綺麗事ばかりで、霞を食って政治をやっていくわけにはいかないので、ある意味、自民、民主両党による、離脱組に対しての兵糧攻め作戦といえなくもない。

 そうはいっても、永田町には魑魅魍魎が巣喰い、一寸先は闇である。まだまだ、どんなどんでん返しがあるかは、天のみぞが知ることなのかもしれない。どちらにしても、今の政治は、国民不在の戦後最悪政治であることには間違いない。
[PR]
by seizaikai_club | 2008-06-30 18:47 | 政治
<< 中央官庁官僚によるタクシー・チ... 発売日延期のお詫び >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧