政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

マスコミの余計な報道が花の命を絶つ

マスコミの余計な報道が花の命を絶つ
2008年5月3日

 二つ前の記事でも書いたが、最近のマスコミの報道姿勢に大きな疑問を感じる。日本各地で、花が大量に切断されるという事件が発生している。これこそ、マスコミが余計な報道をすることによって、面白半分で何の罪もない花の命を絶つという心無い犯罪を、全国に伝播させていると言っても過言ではない。花が切断されたことを、何故こんなにも大々的に報道しなければならないのか? 余計なことを報道するから、愉快犯的な良心の欠片もない模倣犯が、同じようなことを全国で繰り返すのだ。これが、人の首ならこんなにも広がらないはずだ。ところが、物言わぬ花ということで、罪の意識もなく命を絶つ。精神的に弱い卑怯な人間が為していることは間違いない。一部任侠達が、超党派で若衆を張り込ませ、花を切断する輩を見つけたら現行犯逮捕し、その場で犯人の手首を切り落とす準備をしているという噂が、実しやかに流れている。それに引き替えマスコミは、真剣に取材し報道しなければならない案件が山積しているにもかかわらず、未だに花切断のニュースを流し続けている。花に、何の罪があるのか。どれだけ大変な思いをし、あそこまで成長して開花しているのか、そのことを思ってほしい。

 最後に一言。罪のない花の命を絶つようなことは、何の意味もない悲しむべきこと。そんな自分の顔に唾を吐くようなチンケなことは、如何なる理由があろうとも、何人であろうとも、しないで頂きたい。心底よりお願いする。
[PR]
by seizaikai_club | 2008-05-03 14:59 | マスコミ
<< チベット問題、ミャンマー被災救... 長野聖火リレー参加者のレポート転載 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧