政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

良識ないテレビ報道で各種犯罪が伝播

良識ないテレビ報道で各種犯罪が伝播
2008年4月28日

 ここのところ、硫化水素自殺が相次いでいる。まるで伝染病のように日本全国に伝播し、連日硫化水素自殺が報道される。多分、報道を見て、触発され実行に移してしまうのであろう。そのことは、硫化水素自殺にとどまらない。例えば、殺人事件にしてもそうだ。同じような身内を殺めるような殺人事件が、やはり日本全国で起こり連日報道される。マスコミの報道姿勢を考え直さなければならない。何でも、見境なしに報道するべきではない。視聴率や購読者数獲得のための競争で、愉快犯のごとく報道するのではなく、その影響まで考慮して報道すべきだ。

 今回の北京オリンピック聖火ランナー騒動にしても、やはり世界的に報道され、映像がメディアを通じて流されるから、ドンドンドン騒動はエスカレートしていった。関係のない思想的組織までもが、騒動に便乗し暴力的行為を繰り返すという事態にまで発展した。平和の祭典であるはずのオリンピック。その聖火リレーは、全世界の人々を失望させた。時代は変革し、メディアもどんどん変化している。インターネットなどのウェブを中心に広がり、人々の情報量も各段に広く大きく進化した。その変革の加速度に、それらの情報を受け止める人々の意識向上が必ずしも比例してはいない。そこのところにも、大きな問題がある。

 本来、人間には「理性」というものがある。だが、昨今、「人間の理性」とは、儚いものになってしまった。人々の「自制心」に頼ることは、もはや期待できない。だとすれば、報道するにあったって、今まで以上に慎重に、どのように報道し、どのような報道姿勢で臨むか、ということを報道人側が真剣に考慮して報道しなければならない。そんな時代なのだ。メディアの影響力は絶大である。だからこそ、報道する側の責任も重いのだ。その辺の認識を、マスコミ人は今まで以上に強く持って欲しい。面白おかしく報道する、視聴率や購読率だけを意識した、愉快犯的な報道姿勢だけは、勇気を持って払拭して頂きたい。
[PR]
by seizaikai_club | 2008-04-28 14:36 | マスコミ
<< 長野聖火リレー参加者のレポート転載 横綱審議委員会の差別的言動への疑問 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧