政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

選挙ばかりを意識した民主党の対応に大きな疑問

選挙ばかりを意識した民主党の対応に大きな疑問
2008年2月22日

 2月19日未明、千葉県房総半島沖の太平洋上で、海上自衛隊の最新鋭イージス艦「あたご」と延縄(はえなわ)漁船との衝突事故が起こった。漁船は船体が真っ二つになり沈没した。その漁船の乗組員だった吉清治夫(きちせいはるお)さん58歳と長男哲大(てつひろ)さん23歳は、未だ遭難したまま安否が気遣われている。事故直後のイージス艦「あたご」の対応に、被害者家族や漁師仲間、そして、マスコミから大きな批判が沸き起こっている。確かに、防衛省の石破大臣への報告も、事後1時間半を過ぎてから、福田総理への連絡は、それから更に30分遅れ、約2時間を過ぎてからのことであった。これが、もし事故ではなく、有事であったら一体日本という国はどうなってしまうのであろうか? 非常に大きな不安を感じる。

 これは、事故直後の被害を受けた漁船へ対する対応も含め、防衛省制服組に蔓延る隠蔽体質に大きな原因があるのではないか。現場では、上官への報告義務よりも、発生した問題を如何に小さく収め、表沙汰にならないように、ということにばかり気を取られていたようにしか思えない。結局のところ、現場責任者のミス隠蔽による責任回避ということが、日常茶飯事的に行われている制服士官組の悪い体質を露呈しただけであり、国民の信頼を大きく裏切る行為でしかなかった。

 通常、船だけではなく飛行機でも車でも、大型のモノの方が回避行動に時間を要するのは常識である。しかも漁船団は複数隻の小型船で群れていたので、軽はずみに右往左往すれば、別の惨事を招きかねない。そうならないために、大型艦船はできる限り直線航行するであろうことは想像がつく。あれだけの大型艦船が急に方向転換すれば、当然のことながら大きな波が起こったり、死角が増えたり、と他の弊害が数々でたはずである。また、イージス艦には、艦橋トップ以外に窓はない。前方艦橋から戦艦先端部両側は、角度的に死角となっており、あの大きさの漁船は、多分死角に入り姿を確認できなかったのではと思われる。その辺の詳細は、調査が進むにつれ明らかになるであろう。

 問題は、事故後の民主党の対応である。昨日20日の記者会見で、鳩山幹事長は、参議院で石破大臣の引責決議を求める可能性が高い旨を発表した。しかし、本当にそれが正しい判断で、国民が望んでいる判断であろうか? 大きな疑問を感じる。

 石破大臣ほど、防衛大臣に適任の政治家はいない。本人も、その役職に誇りと自信と情熱を持っている。その証拠に、旧態依然とした防衛省内を大改革しているではないか。民主党が言うように石破大臣を引責辞任に追い込んで、誰を次の防衛大臣に据えるというのだ? その方が、国益に反する気がしてならない。今回の件も、報告義務を遅滞させた制服組に問題があるのであって、石破大臣が過ちを犯したわけではない。確かに、防衛省の最高責任者としての責任はある。しかし、最高責任者であるからこそ、この悪習を改革することこそが石破大臣の責任であり、今回の事故の真相を突き止めることが正しい責任の取り方であるはずである。

 石破大臣就任後、間違いなく防衛省は意識改革されているのであるから。ただ、どんな改革にも、必ず反発が生じる。そのような反発行為に対して、一々大臣が揚げ足を取られ引責をつきつけられるのであれば、大臣なんか誰もやっていられない。民主党は、政治の基本がわかっていない。というか、次の選挙で勝つことしか考えていないとしか思えない。これまた、民主党の勝手理論の展開でしかない。大体、被害者家族も、大臣を引責するのではなく、事故の真相を究明し、自衛隊内の悪習を改革してくれるようにというような旨を言っているではないか。

 同じようなことが、道路特定財源の問題でもいえる。盛んに民主党は、道路特定財源に反対している。しかし、机上の空論であって、国民の立場にたっていない。

 確かに、道路に関しては問題点が多い。必要ない道路もある。だが、一番の問題は、道路建設の優先順位であって、道路建設自体ではない。宮崎などは、行けばわかるが、昔から本当に陸の孤島である。他にもそのようなところがたくさんある。その反面、こんなところに、こんな立派な道路が何本も必要なのか、と疑問を感じるところも多々ある。問題は、道路を作ることではなく、それに携わる役人や政治家にあるのだ。そのことを等閑にして、ただ選挙を意識しての目先の点数稼ぎ的に道路特定財源反対、増税反対では、あまりにも国民を馬鹿にした話にしか聞こえない。

 大体、道路というのは、例え過疎地であっても、日本国民がそこにいる限り、他の国民同様、最低限の生活ができるよう整備するのが国の務めであり義務である。都会は人口が多いから道路を充実させ、過疎地は採算が合わないから道路は作らない、それではただの商売でしかない。そうではない、平等に国民全員が最低限の生活を維持できるようにするのが、国の役目であるはずだ。

 どうも、民主党の軽いノリと体質は変わらないようだ。いつまでたっても、政権奪取ばかりを一つ覚えのように唱え、そのためにはあらゆる手段をいとわない。そうではないはずだ。政治というのは、国民のためにあるものであって、特定の党派や政治家のためにあるものではない。その根本を踏み外している間は、どんなに目先の人気を得ることができたとしても、本物の党にはなり得ない。もっと民主党はしっかりしてほしいものだ。そして、常に、国民の立場にたってモノを言ってほしい。皆様は、如何お考えか?
[PR]
by seizaikai_club | 2008-02-22 09:08 | 政治
<< 三浦和義逮捕の真相 百瀬博教を偲ぶ会~永遠の不良ノート~ >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧