政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

選挙制度改革の必要性

選挙制度改革の必要性
2007年4月26日

 今回の統一地方選挙で思ったことがある。それは、選挙制度の改革だ。何事にも完璧ということはないのであろう。現行の選挙制度も、過去紆余曲折があり辿り着いたということも記憶を呼び覚ませば理解できる。しかし、時代は流れ、変貌を遂げている。嘗ての政治と、今の政治では少々様相が違う。政治とは本来民衆の身近にあってしかるべきもの。しかし、現実はそうではなかった。それが、過去、昭和の日本政治であった。国民中心ではなく、政治家や財界人や一部特権階級的な人種が主導権を握っていたというのが本当であろう。だが、日本政治も、小泉前首相登場以降一変した。国民に主権が本当の意味で戻りつつある。

 現行の選挙制度は、旧態依然とした政治家主導の時代に構築された制度である。当然のことながら違和感が出て当たり前だ。そもそも、あれだけの候補者が名乗りをあげても、正直あの限られた期間の中で誰が良いかと選択することは至難の業である。候補者は皆、必死に街頭で演説を繰り返し、宣伝カーで街中を走り回っている。だが、手を振られ目が合っただけで投票はできない。やはりそれぞれの候補者の人となりを知り、政治に対する情熱やらなにやらを感じ取れなければ、いい加減には投票できない。無所属が主流の今、嘗てのように候補者というよりも政党へ対して投票するということにも違和感を感じる昨今、あまりにも候補者に関しての情報を知る術が少なすぎる。

 それは、立ち止まり長時間の街頭演説も聞きたい。しかし、全員の候補者の街頭演説を聞いていたら日が暮れてしまう。そうかといって、実際に街頭演説を聞け、触れ合うことのできた候補者だけから選んでしまうのも、何か不公平な気がする。実は、それ以外の候補者の中に素晴らしい人材がいたかもしれない、などと後悔が残りそうな気さえする。にもかかわらず、折角それぞれの候補者が作成したマニフェストを有権者の自宅へ配布したり郵送したりすることは、現行の公職選挙法では禁じられている。一々有権者が、各候補者の事務所に赴いたりして入手しなければならない。事務所がどこに所在するかも定かではない。何十人といる候補者の事務所全てを訪問することも難しい。これは如何なものか? 非常に大きな疑問を感じる。

 候補者の顔が好いから選んだ、感じが良いから選んだ、という時代ではない。しっかりと各候補者の政策案を理解し、それぞれの候補者の人となり、政治に対する情熱、そして、有権者へ対しての忠誠心と国へ対する愛国心を確認した上で選択したいし、するべきである。有権者の意識も、昔とは違い、そのような方向へと向かっている。政治へ対する興味は間違いなく上がっている。それだけ、政治家へ対する目も厳しいものになりつつある。こういう状況下、旧態依然とした政党政治型選挙制度を温存する意味はない。本来であれば、今年は選挙年である。それは以前からわかっていたはずだ。今年の選挙前に、選挙制度の改正をしておくべきであった。それが、本来政治家の為すべきことであったはずだ。何事につけ、自分達の思惑と我欲で判断し動こうとするから、このように全てが後手に回るのだ。兎に角、一日も早く選挙制度改革を実現するべきであり、選挙制度改革を実現することが、有権者である国民より選ばれて政治家になった諸氏によって、唯一有権者である国民に示せる忠誠心の証であると強く思う。
[PR]
by seizaikai_club | 2007-04-26 12:10 | 政治
<< 東国原宮崎県知事による定例記者... 長崎市と長崎市民の不幸 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧