政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

いくら憲法改正を目指しているとはいえ・・・

いくら憲法改正を目指しているとはいえ・・・
2006年11月28日

 遂に、平沼赳夫氏を除く郵政造反議員11人が復党した。いくら、安倍首相が憲法改正を目指しているとはいえ、少々品がなさ過ぎる。元々、政治に品格を求めることじたいが間違いなのかもしれない。だが、それにしても自分が為したいことのためなら何でもありなのか? 昨今、教育現場で問題になっている道徳心は、どこに置き去りにされてしまったのか。

 確かに、憲法改正という大きな目標があるのかもしれない。しかし、選挙を政策論争に基づき為すという、王道に小泉前総理が戻したのではないのか? それが、今度は、来年の参議院選挙のためだとやら、憲法改正に必要な全議員数の2/3を確保するためだとか、政党助成金を確保するためだとか、何だか自民党は後戻りはしないと言いながら、しっかり後戻りしているではないか。

 例え、盟友であろうとも、政策論で意見を異にすれば、苦渋の思い出袂を分かつのが男ではないか? それが、政治の本来目指すべき姿であるのではないのか? 大体、自民党内部の事柄であるにも関わらず、有権者を頭越しに勝手な言い分ばかりを叫ぶ。まったくもって不届き千万、国民をバカにするのもいい加減にして頂きたい。

 結局のところ、小泉前首相とは違い、安倍首相は、やはりただの二世政治家であったということだ。親の代からのシガラミを振り払うこともできず、自分の我儘を通す駄々っ子にしか見えない。やはり、今、教育現場で問題を多発させている親達と同じ世代であり、同じような自己中心的なノリだということだ。先の選挙で公認しなかったのは、安倍さんではなくとも安倍さんが総裁を務める自民党。そして、その政治家達を選挙で選んだのは、他でもない国民なのだ。今回の造反議員復党問題で、安倍さんは、自ら強運をかなぐり捨てたとしか思えない。やはり、小泉前首相とは違い、人の心を読む力に劣っていたのかもしれない。国民は、そんなにバカではありませんよ。これだけは、申し上げておく。 
[PR]
by seizaikai_club | 2006-11-28 16:42 | 政治
<< 8年ぶりのビリー・ジョエルは健... 昨晩の日本テレビ「NEWS Z... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧