政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

郵政造反議員復党を許せば政策ではなく選挙に翻弄される自民党を見限る国民

郵政造反議員復党を許せば政策ではなく選挙に翻弄される自民党を見限る国民
2006年11月24日

 郵政造反議員の復党問題が大詰めにきている。中川幹事長と平沼代議士の会談が行われたが、結論は出なかった。この件を受け、中川昭一代議士は、また余計な口を開いた。しかし、もし、郵政造反議員の復党をこのような形で許すことになれば、自民党の痛手は予想外に大きくなるであろう。何故、そのようなこともわからないのであろうか。この状況を見ていると、やはり小泉元総理とは違い、安倍総理は親の代からのシガラミに足を引っ張られているのだな、と感じざるを得ない。例えそうでなくとも、国民はそういう印象を受けるであろう。もし、造反議員の復党が現実化すれば、一挙に安倍政権の支持率が下がることは、火を見るより明らかだ。大体、政党助成金だの、選挙だの、と生臭すぎる。旧態依然とした体制を打破し、政策論争で選挙によって国民に是非を問うという体制に変革したのではなかったのか。これでは、結局旧の木阿弥、悪しき流れを呼び込むことになる。何故、こんなに簡単なことがわからないのか。国民の心が見えている国会議員が、少なくなったということの証だ。野党民主党は、いつまでたっても成長せず、こともあろうか昔の自民党のようにドロドロ体制。これで改革されたはずの自民党まで昔の姿に後戻りするのであれば、もう国民に夢も希望もない。安倍総理の運も尽きたということに違いない。ご愁傷様。
[PR]
by seizaikai_club | 2006-11-24 13:40 | 政治
<< 教育現場の荒廃を改善するには・・・ 金正日と酷似するネットワーク・... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧