政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

ライブドアへの強制捜査は反小泉勢力の怨念の第一歩

ライブドアへの強制捜査は反小泉勢力の怨念の第一歩
2006年1月16日

 本日午後6時30分過ぎ、六本木ヒルズのライブドア本社をはじめ代表取締役の堀江貴文氏の自宅を含むライブドア関係各社ならびに施設へ、東京地検による強制捜査が開始された。マスコミをはじめ政界においても、今回の強制捜査は寝耳に水であり、まるでパールハーバーを彷彿とさせる奇襲攻撃であった。内偵捜査も極秘裏に行われ、緘口令も敷かれていたらしい。その所為か、大手マスメディアをはじめ、ミニコミ系やブラック系でさえ、今回の強制捜査の情報は得ていなかった。ただ、反小泉派の一部議員達が、年末近くより、小泉首相ならびに側近達へ対する強気の発言を、あちらこちらで吹聴していたという噂はあった。
 ライブドアに強制捜査というニュース報道だけを目の当たりにしていると、その本質を見失ってしまう。しかし、マクロな目で、永田町を見渡し、昨年来の一連の事象を検証してみれば、今回のライブドアへの強制捜査が、反小泉勢力による小泉政権への反撃の奇襲攻撃であることは一目瞭然である。これは、間違いのない政争であり、弔い合戦である。
 多分、多くの読者は、いくら隠密裏に東京地検が動いていたとしても、時の首相がそんな報告を受けないということが有得るはずがないとお思いであろう。しかし、霞ヶ関や永田町の怖いところは、ここのところなのである。いくら、時の首相でも、霞ヶ関から永田町の全てを把握しているわけでも、掌握しているわけでもないのだ。そこには、数限りない人間達のおぞましい思惑が複雑に絡まりあっているのである。それが、政治というものなのである。故田中角栄首相のロッキード事件を思い出して頂きたい。時の総理が逮捕され、起訴されたのである。本来ならば、信じがたいことである。自国の首相を、自国の司法が逮捕し起訴する。これが、三権分立というものなのである。
 しかし、それとこのライブドアへの強制捜査と、どう関係があるのだという疑問を持たれる読者も非常に多いと思う。答えは簡単である。昨年の総選挙で、無所属での立候補ではあったが、堀江氏が広島より出馬したことは記憶に新しい。その為に、想定外の苦戦を強いられた反小泉の古参元自民党議員がいたことも、皆様の記憶に残っているはずである。そして、落選はしたが、堀江氏は、武部幹事長の肝煎りで、次回選挙戦でのインターネット戦略のアドバイザー的存在に抜擢されたことも記憶に新しいはずである。韓国のノムヒョン大統領が、インターネットを利用して予想外の当選を果たした例を大いに参考にしての、堀江氏大抜擢であった。実際に、韓国でノムヒョンの当選を助けたインターネット会社とライブドアは、昨年業務提携をしている。要は、昨年の総選挙以来、堀江氏はガッチリと武部幹事長や小泉首相の懐に飛び込み食いついたということだ。その証拠に、堀江氏は、アメリカのメディアの取材で、目指すは総理大臣だ、と嘯いているほどである。以前、弊社の雑誌で堀江氏にインタビューした際には、政治にはまったく興味がないと言っていた男がである。財をなせば夢は広がり、欲も広がるということだ。しかし、政治の世界は、堀江氏が考えるほど、甘くはないのだ。生き馬の目を抜くような妖怪変化が宿る世界が永田町や霞ヶ関である。堀江氏が、自分を過信し浮かれている内に、反小泉勢力からしたら、堀江氏は小泉政権のアキレス腱になってしまっていたのである。堀江氏を血祭りに上げることで、堀江氏を起用したり、選挙で応援したりした時の総理としての責任を政治的に問えるということだ。
 それでは、何故真面目に改革を推し進めている小泉さんが狙われるのか? これは、もう反小泉勢力の古参政治屋達の怨念とどす黒い我欲だけである。愛国心や国のことを憂う気持以上に、己らの我欲を優先させてきた自分達の非に気付くこともなく、自分らの首を斬った小泉憎くしの一念だけなのである。ただ、小泉の首をとれ、とその怨念だけなのだ。これこそ、我が国最大の悪党どもの、最後の悪あがきなのかもしれない。
 しかし、何故、首相が気付かずに、このような大捕り物が隠密裏に行えるのか、と疑問を抱く読者も多いことであろう。しかし、残念ながら、反小泉勢力には、司法関係に非常に強いパイプや圧力を持つ政治屋が何人もいるのだ。それだけではない。小泉改革では、多くの官僚をはじめとする霞ヶ関の役人達が、己らの悪行を忘却し、憂き目を食わされていると思い込んでいる。彼らの偏向した怨念もが、反小泉勢力に加勢したのである。それが、今日のライブドアへの強制捜査の真相である。マスコミに情報が洩れることもなく、隠密裏に奇襲攻撃を為せたのも、その怨念の大きさを表しているのかもしれない。
 ただ、これだけは、付け加えておく。日本の検察は優れている。捜査に当っている現場の検察官達は、上記したような悪党役人ではない。彼らは、世界でも類を見ない優秀な捜査官達である。問題は、彼らを利用する悪党政治屋達がいるということである。
それにしても、織田信長を敬愛する小泉さんが、奇しくも乾坤一擲桶狭間を反小泉勢力に為されてしまったというのも、なんとも皮肉な話である。永田町、一寸先は闇か幻か。やはり、永田町にも霞ヶ関にも、化け物が住んでいるらしい。
[PR]
by seizaikai_club | 2006-01-16 23:47 | 政治
<< 堀江貴文ライブドア社長逮捕に思うこと 黄禹錫教授捏造事件の怪 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧