政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

日本維新の会VS安倍自民党

日本維新の会VS安倍自民党
2012年9月10日

 今の段階で、日本維新の会VS安倍自民党などというと、自民党の総裁選も決まっていない内に、こいつは何を言っているのだと、諸先輩方からお叱りを受けそうだ。だが、敢えて今度の選挙の理想像だと私は思っていると申し上げる。

 その理由は、明確に政策論争を戦わせる選挙にしてもらいたいからだ。そして、日本維新の会が打ち出す政策案も、安倍自民党が打ち出す政策案も、今の日本にとっては、優先課題であると感じるからにほかならない。

 解り易く言えば、地方分権やそのシステムを改革しようとしている日本維新の会、対する、憲法改正へ向かって大手を掛けていた元安倍総理、やり残していたことが色々あったが、そのやり残していたことを、今実現するために絶好のタイミングであると私は思う。どちらも、今の日本にとっては大切な事柄だ。

 今回の自民党総裁選には、複数の候補者が名を連ねている。どの候補者も、悪い政治家ではない。石原氏にしろ、石破氏にしろ、安倍氏にしろ、ちょっと年長だが町村氏も、皆将来総裁になる可能性が高い人たちだ。谷垣氏には申し訳ないが、彼の任期中、決して落ち度はなかったが、総裁再任は難しいと思われる。そのような状況の中、それでは、誰が掲げる政策案が、今最優先で議論されるべきで、実現されるべきか、ということが、我々有権者である国民にとっては大切なことである。そうやってみると自ずと結論が導き出され、誰が総裁選で選ばれるか、ということになる。ただ、必ず例外はある。安倍さんが、自民党ではなく、自民党の外から立つという可能性だって無きにしも非ず。だが、その可能性は、非常に薄い気がする。それでも、薄くても可能性は可能性だ。

 次に、日本維新の会の現状抱える問題点を見てみる。今一番の問題点は、候補者をどう選択するかだ。昨日の討論会でも、何か釈然としてないものがあった。本当に立候補者皆が同じ方向を見ているかだ。懸念するのは、候補者は皆選挙に勝ちたい一心で、人気の維新の会に合流するであろう。その多くは胸中、民主主義の基本的原理である数の方程式を思い描いているに違いない。討論などをしても、現段階では、胸中を吐露しないであろう。何故なら、合流し立候補させてもらい、当選させてもらうことしか考えていないからだ。ここのところが、日本政治のシステムの良くない点ある。だが、結局、理由、方法はどうあれ当選してしまえば議員だ。この流れがあるから、政党というものが、同じ思想信条で、同じ方向を向いて、政治をすることができないのだ。その悪例の最たるものが、民主党である。

 維新の会も、政党とはどうあるべきか。すなわち、帰属議員が皆同じ方向を向いている。思想信条を同じくする。それが、政党の本来あるべき姿だ、ということまでは気付いている。だから討論会まで催したのだ。だが、その討論会に参加した、これから先合流しようとしている議員たちの様子から、昨日の討論会の現状を見ていると、本音が吐露されていなかった。何か中途半端なことになってしまっている。これが、ある意味、日本維新の会にとって、最も高いハードルなのかもしれない。

 そのような厳しい状況の中で、橋下氏の言動は一挙手一投足国民から見聞されている。だが、果たして、維新の会を構成する人々が、本当に橋下氏と100%意見を同じくしているかということには、非常に大きな疑問を感じる。中には、橋下人気にぶら下がっていこうという人々もいるはずだ。そこの見極めが如何に為せるか否かで、維新の会が、民主党と同じような末路を辿るか否かと言える。どちらにしても、ここ暫く選挙までが、正念場だ。しっかりと、我々国民も政治を見守って行くべき時である。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-09-10 10:22 | 政治
<< 安倍新総裁・石破幹事長による新... 財界人の驕り、政界人の高ぶり、... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧