政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

新手の419国際詐欺事件類似詐欺事件発生に伴う日本人への注意喚起

新手の419国際詐欺事件類似詐欺事件発生に伴う日本人への注意喚起
2012年3月28日

 オーストラリア、ゴールドコーストで運営管理されている国際的出会い系サイトJCにて、日本人をターゲットにした、国際猜疑事件が頻発している。基本的には、419詐欺事件に非常に類似した内容であるが、世界の現状にマッチした新手になっている。その舞台はインド、ニューデリーのメガバンクに酷似した社名で、勘違いするように仕組まれている。仕掛けてくるのは、リビア人女性、カダフィ大佐の死後、リビアは民主化が進み、カダフィ政権下大臣に就任していた父親が身柄を刑務所に拘束され、自らのリビアでの命も危うく、国外に単身脱出し、新しい生活を日本で始めたいというようなものだ。直ぐに直メールアドレスが送られてきて、全てが始まる。非常にリアリティーがあり、信じてしまいそうな内容だ。刑務所にいる父親は、娘のためにインドのの投資顧問会社の個人口座には6,000,000USドルが預金してあり、その金を日本に送りたいので受け取ってくれということだ。金が到着次第、自分もエジプトのカイロにバスでリビアを脱出し、カイロ経由で日本に移住するので結婚して子供を作り、家族を作って欲しいと、そのためにその6、000、000USドルは一緒に使いましょうという内容だ。お金のことは、父親の叔母にしられたくないので、自分がお金をインドから持ち出し日本に移住したことは、誰にも知られないようにして欲しいというものだ。

 最終的には、6,000,000USドル受け取りのために、当初8400USドルは手数料として父親が毎払いしえいたが、その後の22か月分の手数料を支払ってくれたら、直ぐに6,000,000USドルは支払うという申し出になる。その段階で、この捜査を依頼してきた被害者は、不審に思い捜査依頼をしてきた。それならば、手数料は、その元金から差っ引いて送金するようにと指示すると、それは規約上できないというのである。この詐欺には、三つの国と、三人の関係者が関わっていると思われる。最初に、話を持ちかけてくる出会い系サイトで出会ったリビア人女性、そして、インドの金融投資会社のマネージャーと名乗るインド人男性、そして、facebookを利用して監視する役目のナイジェリア人男性である。如何なる理由があろうとも、預けてあるお金を引き出すために、利息を別に支払わなければならないというようなことは、万国共通であり得ない。そこで気付き、金銭を送金しないことは当たり前であるのだが、この詐欺の匠なところは、万が一送金がされなくとも、その前の段階で、送金確認をとるためという名目で、こちらの口座番号等を知らせる時に、送金証明確認書類が必要ということで、住所や電話番号、そして、パスポートのコピーを送付することが働きかけられる。だが、この段階では、一切手数料の支払い等の話は出ていないので、不審に思いながらも、振込先であるこちらの銀行口座のみなので、不用意にパスポートのコピーを送ってしまうという点にある。彼等は、金銭が支払われなくても、この第一段階で取得したパスポートのコピーだけでも、偽造パスポートビジネスにおいて、多額の金銭を得ることが出来る仕組みであることだ。日本人のパスポートは、世界で人気であり、高額で取引される。もし万が一、こういう状況に追い込まれたら、直ぐにパスポートの再発行をしてもらうことで、コピーを取られてしまったパスポートを使えなくすることだ。そうすることで、彼らはパスポートのコピーを有効利用できなくなるのだ。

 残念ながら、日本の場合、日本の警察には国際捜査権限もなく、現地の警察にもそのような捜査能力は期待できず、結局は泣き寝入りということになってしまう。管轄としては、外務省やジェトロが管轄組織ではあるが、注意を喚起するに留まり、それ以上の対策はとれず、泣き寝入りが落ちである。アメリカの場合は、アメリカ人が被害者であれば、FBIが捜査権を国際的に行使できる状態にあるので、日本よりも捜査の可能性や対策措置も講じることができる。だが、何より、そのような詐欺に引っ掛からないことだ。世の中、濡れ手に粟などという上手い話はないということを理解しなければならない。

 万が一これらの類似案件に遭遇したら、先方の使うメールアドレスや住所を確認すれば、ある程度のことを推察するkとおができる。例えば、投資顧問会社でありながら、会社のメールアドレスが、「@yahoo,in」のようなフリーメールアドレスを使っていたり、googleの衛星写真で、記載されている住所に該当会社が存在するか、あるいは該当住所自体が存在するかを確認することだ。
また、チュニジア人ナイジェリア人やインド人が関わっている場合は、用心してかかるひつようがある。419詐欺事件では、命まで脅かされた被害者も存在する。最近フランスで起きた、ユダヤ系学校の襲撃事件なども、ナイジェリア人、チュニジア人によるテロ組織の関与が認められており、アメリカ人に対しても、FBIや関係組織により、広く注意が喚起されている。チュニジア人テロリストグループが、テロ資金確保のために、世界中を舞台に詐欺事件を頻発されていることは昨今有名であり、金持ちで騙すのに案外容易な日本人がターゲットにされていることも事実である。ナイジェリア人チュニジア人の全てが悪等というわけではないが、そういう輩の存在があることを心にとめておいて頂きたい。最後に、インターネットという容易に使用できるツールにより、地球規模で世界は狭まり、また、facebookなどの便利だが、個人情報が筒抜けになってしまう環境下では、自分自身での危機管理が非常に大切な要素になってくることを理解して頂きたい。そして、くれぐれも、美人と上手い話には裏があると思って掛かって欲しい。
[PR]
by seizaikai_club | 2012-03-28 23:17 | 国際情勢
<< 国際詐欺事件のその後 日本経済が低迷し伸び悩む理由 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧