政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

TPPにみる明と暗

TPPにみる明と暗
2011年11月9日

 TPPの問題が、政界やマスコミ界を賑わせている。ここに述べることは、私がこの問題報道から受ける個人的な印象だ。正直に申し上げる。どうも、一方的に政府の情報非公開的な報道に偏っているような気がしてならない。確かに、一般庶民からすれば、何が何やら、一体全体TPPって何のこと?っていう感じだ。だからといって、一方的に政府が情報を非公開してゴリ押ししているような印象の報道ばかりが耳障りに聞こえてくる。

 反対派は、ただ遮二無二、TPPは日本の市場を崩壊するようなことばかりを主張する。確かにデメリットはあるであろう。だが、デメリットばかりではなく、メリットもあるはずだ。どんなことでもメリットとデメリットがあるはずだ。冷静に、その辺のことを検証すべきである。

 お隣の国韓国では、確かに農家からは反対の声も聞こえている。だが、全体的にいうと、日本のそれと比較すると反対規模は大きくない。農家にも、賛成派が多くいるという。彼等と日本人の違いは、彼等は個別の業界の損得ではなく、国全体としてのメリットとデメリットを判断基準にしているところが、日本と大きな違いだ。勿論、韓国の真似をしろというのではない。だが、このことは、今の韓国人と日本人の意識基準の違いを端的に表しているように感じた。

 日本では、既得権益死守ばかりで、全てデメリットばかりという印象が非常に強い。要は、競争力を排除することの方が、全体的な利益よりも優先させている印象が強い。結局は、TPP反対=既得権益死守という構造だ。そんな風にしか思えない。本来自由競争であるべきだ。寧ろ、TPPは、中小企業などにチャンスを開く可能性が高いように私は感じている。

 既得権益という意味では、日本医師会のTPP反対意見などはその最たるものだ。TPPを推し進めれば、医療現場が崩壊するとばかりに反対運動を行っているが、果たしてそうであろうかと大きな疑問を感じる。私には、医師を守るためにPTT反対を訴えているようにしか聞こえない。本来、患者の立場に立てば、果たしてPTTにデメリットばかりだろうか。日本の保険制度が崩壊するということを懸念していることばかりが報道される。だが、私はそう思わない。もっと前向きに捉えれば、デメリットよりもメリットの方が大きいように思う。

 総合的に言えば、具体的に何が良いか悪いかの問題よりも、何でもかんでも「ダメ」「無駄」と守りにの体制ばかりに立つ今の日本人の姿勢、ここに一番大きな問題がある。私は、そう思っている。あまりにも平和過ぎて、守りに入り、可能性を試すということが今の日本には足りない。こんなことをしていれば、結局日本は遅れを取ることになりかねない。「ダメ」といったら、何もできない。そこの精神論的なことが、今の日本には何より大切。「ダメ」を乗り越え可能にする向上心が、今の日本には、一番必要なことのように私は思う。環太平洋地域の国々にとって、ユーロのような過ちは犯したくない。それが私の正直な思いだ。だが、だとしても、今の日本には「ダメ」ばかりになり守るに入ることには大いなる憂いを感じる。
[PR]
by seizaikai_club | 2011-11-09 09:32 | 政治
<< 渡辺恒夫告発の清武巨人軍専務取... 鎖国時代の踏絵のようなTPP >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧