政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

愛知知事選と名古屋市長選の結果が今の民意

愛知知事選と名古屋市長選の結果が今の民意
2011年2月14日

 愛知知事選で大村氏が、名古屋市長選で河村氏が当選した。この結果は、端的に現在の民意を表している。勿論、国政に於いていも、有権者はこういうことを望んでいるのだ。

 もう国民にとって、民主党だ自民党だという党利党略に明け暮れる政党政治には何も期待していないとうことだ。政党よりも政策、この国を心底から立て直そうと考えてくれている政治家としての資質の高い政治家を望んでいるということだ。それが民主党だろうが自民党だろうが関係ない。

 結局のところ、私は言い続けているが、まだまだ政界再編がなされなければ、本当の意味での成熟した政治体制は望めないとうことだ。民主党だ自民党だと言っている政治家は、もういらない。国民は望んでいない。日本国のことを心から憂い行動をもって示してくれる政治家を望んでいるということだ。いうなれば、幕末期の薩長連合のようなことを国民は望んでいるということである。誰が薩長連合を実現させた坂本龍馬になるか、ということではないか。そういう人材が見当たらないから困ったものだ。

 だが、そうは言っても、政治家としての資質も高く、民意を理解し、熱い血潮とこの国へ対する思いを持っている政治家は複数いる。彼らが、手を組みこの国を立て直してくれることを望む。正に平成維新だ。

 名古屋市議会の議員連中のように、政治家の資質が低いどころがないような連中は、もう政治に必要ない。歳費を下げることを拒むようでは、政治家を職業かなにかと勘違いされているのでは。もう、あういう輩は、この国の政治に必要ない。政治家は国民有権者の代理人だ。我々の税金で歳費は捻出されている。彼らが高い安いを決める権限はない。我々有権者にあるのだ。政治を全く理解していない職業政治屋なんぞは、もうゴミ箱にポイしかない。少々言葉は悪いが、そういうことだ。本当に人々のこと、地方自治体ならびに国のことを思う人が、この国の政治を行わなければ、今までのような馴れ合い政治では、もうどうにもならないのだ。ニュースで彼らの能書きを聞くだけで胸糞悪くなる。汚い言葉を使ってしまったあが、そのぐらい憤っているということをご理解頂きたい。

 大村、河村両氏に期待する。喧々諤々議論を戦わせ、政治の見本を全国民に見せて頂きたい。
[PR]
by seizaikai_club | 2011-02-14 16:49 | 政治
<< 民主党議員が理解していない支持... 北朝鮮軍部による小規模クーデター勃発 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧