政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

李明博大統領の天晴なトップセールス

李明博大統領の天晴トップセールス
2010年11月12日

 韓国の李明博大統領を見ていると、惚れ惚れするほど天晴である。政治家として、国のリーダーとして、しっかりと信念を持ち、微塵もブレルことなく、韓国の為に尽くしている。菅総理をはじめ、日本の政治家たちは見習う必要があるように思う。同じことが、中国の胡錦濤と温家宝にもいえる。これは、尖閣や漁船問題を置いといての話だ。そこのところを理解して頂きたい。

 彼らに共通するのは、トップセールスと行動力、そして、迅速な決断力である。李明博大統領に関しては、やはり財界から成り上がってきた大統領であり、ビジネスの世界でも、彼は日本生まれの韓国人ということで、韓国でもキョッポといわれて差別される立場でありながら、自らの手で成り上がり韓国三大企業の内の一つの企業のトップにまで上り詰めた人だ。経済の動向には非常に敏感であり、また決断力と判断力、そして、洞察力が歴代の大統領の比にならないほど長けているように、私の目には映る。尊敬に値する人物であると、常々思っている。彼が大統領になってからのことを見ていると、地味には見えるが非常に安心感があり、いざとなると非常に迅速な対応をすることが見て取れる。素晴らしい、トップだと私は思う。

 今回の米韓の会談にしても、関税撤廃など素早い対応は何とも天晴だ。また、そういう李明博大統領のリーダーシップと政治家としての資質を、オバマ大統領も認めたからこそ、あのように迅速にことが運んだのだろうと思う。結局のところは、人となりである。相手国のトップは、対峙する相手の人となりを見ているのだ。申し訳ないが、ハッキリ言って、日本の総理大臣とは、レベルがあまりに違いすぎる。小さなことにばかり囚われていて、大局的な見地に立てずにいる菅さんは、やはり総理大臣の器ではなかったのかもしれない。存在感が違いすぎる。

 胡錦濤にしても、アフリカや中東よりの資源確保にあたっては、迷うことなく非常にスピーディーに立ち回った。部下にやらせるのではなく、自ら直ぐに中東へ、アフリカへと飛んで行ってトップセールスを行った。これが本当のリーダーである。もちろん、アメリカの大統領は、歴代皆どこの国とトップよりもアメリカ企業のトップセールスマンとして立ち回っている。当たり前のことである。経済も政治次第でどうにも変わるのだ。

 にもかかわらず、日本の現状は、総理大臣がトップセールスをすると、政治とビジネスが混在してとか、煩いことばかりを言う風潮がある。こういう風潮が、日本の経済を衰退させ、日本の政治家をダメにしているように思う。確かに、一部の大企業に偏向してトップセールスをするのは、よくないことであるが、日本の国として受注して、大企業を通じて中小企業まで仕事が行きわたるようなするのは、国のトップの役目の一つであるように、私は思うのだが。今回のAPECなどは、絶好のチャンスのはずだ。どれだけ、菅総理が、この国を売り込み、この国のためにトップセールスをし、受注してくれるか楽しみだ。正直なところ、あまり期待はしていないが。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-11-12 07:45 | 朝鮮半島情勢
<< 胡錦濤の悩ましい顔つき 中国漁船衝突事件に関する新情報 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧