政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

中国人による沖永良部土地買収 第三弾

中国人による沖永良部土地買収 第三弾
2010年10月25日

 昨日の朝放送されたフジテレビの報道番組で、沖永良部を中国人投資家が買収しようとしているという話が、大きく取り上げられていた。土地面積は、3,750坪で島南部航空自衛隊通信基地に隣接する土地と、私がここで報じていた内容とほぼ同じであった。沖永良部の航空自衛隊の通信基地の役目は、主に領海領空侵犯の監視目的のレーダー基地ということで、隣接する土地が他国人に買収されることは、自衛隊にとっても非常に懸念すべきことである旨が伝えられていた。何故なら、万が一その土地が外国人に買収され、妨害電波を発するような施設が設置されてしまえば、沖永良部の航空自衛隊基地が機能しなくなってしまう可能性があるからだという。

 昨日の報道だと、既に関西の不動産業者が手を挙げ現地視察までしている様子が報道されていた。しかし、まだ、彼が手付を打ったわけでもなく、地権者に購入の意思を伝えた様子でもなく、単なる売名行為か否かも定かではない。

 そのような状況下、驚くべき事実が報道されていた。それは、中国人による離島土地買収は沖永良部だけのことではなく、徳之島や大島でも起こっているとのことだ。大島では300坪、また、対馬では韓国人による土地買収が進行しており、最近では押し寄せる韓国人観光客が、対馬は本来韓国の島であるという主張までして帰るということだ。まるで、日本全体が、領土問題にさらされている様相だ。

 これは、結局のところ、日本政府の弱腰外交が、舐められるという形で今露呈してきているということだ。盗人猛々しことこの上ない。日本固有の領土を、土足で踏みにじってくる。それを黙認する日本も日本だ。中国との関係を気遣って、韓国との関係を気遣ってと、眠たいことばかりを言っている。だが、領土問題は他の問題とは違う。我が国固有の領土を主張するのに何を気遣い、何を憚ることがあるというのだ。断固たる態度を普段からとっていれば、付け込まれることもない。言い方は悪いが、外交とはストリートファイトのようなものだ。気遣い無用で、胸を張って立ちはだからなければ、いくらでも強いもの勝ちの縄張り争いになってしまう。こういう場面でお行儀よくしていることは、必ずしも正しい外交姿勢ではないと私は強く思う。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-10-25 08:18 | 領土問題
<< やっぱり女々しい鳩山元総理 田母神俊雄と松浦芳子 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧