政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

沖永良部の山林を中国人へ売却 第二弾

沖永良部の山林を中国人へ売却 第二弾
2010年10月19日

 先日、沖永良部の山林が中国人へ売却されようとしている、というニュースをテレビ朝日の日曜日朝の番組で放送していた旨、問題定義しながらこの場で紹介した。その話の詳細が、独自の取材で少しわかってきた。

 場所は、島南部の航空自衛隊通信基地に隣接する知名町、3㎞四方強の地目山林の土地のようだ。島で商売をしているM氏が所有している土地と見られる。永良部台風の際、復興に当たって大量受注を得たが、災害時の島民同士での貸借ということで、その代金の多くが未回収のため莫大な負債を抱えてしまった。その後、M氏は亡くなったが、その負債が長男に継承されてしまった。負債に苦しんだ長男は、島を出て神戸に住んでいるらしいが、その後ダム計画がその土地を含め起こり、負債返済の方向でM氏長男は動いた。だが、民主党政権に代わり、ダム計画自体が頓挫してしまった。鹿児島県が、ダム計画に伴いその土地を買い上げることになっていたが、棚上げにされてしまい二進も三進もいかなくなった。追い詰められたM氏長男は、土地の売却を希望したが、離島の山林ということで日本人では買手が見つからず四苦八苦していたところに、中国人投資家がキャッシュで買ってもいいと名乗りでたらしい。

 いずれにしても、沖永良部は沖縄本島と本土の間に位置し、防衛戦略上も、非常に大切な位置に存在する島だ。西郷隆盛が政治犯として流刑されていた島ということで、日本の歴史にとっても、欠かせない大切な島だ。間違っても中国による実効支配だなどということにならぬよう、日本政府は離島の土地売買に関しての法律を一日も早く改正し、日本人以外には売却してはいけないことにするべきである。また、地権者が土地維持できなくなり買手も見つからない場合は、国が買い取り国有地にするという新たな法律を制定するべきである。これは、等閑にしてはならない大切な、日本の国益に関する最優先課題であることは間違いない。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-10-19 07:54 | 領土問題
<< 田母神俊雄と松浦芳子 自衛隊でクーデター?懸念すべき... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧