政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

恩を仇で返す人

恩を仇で返す人
2010年9月23日

世の中には色々な人がいる。
数千万円の金をその人物に貸した。
その半分は詐欺であった。
素直に謝れば、
こちらも人生勉強と思い諦める。
だが、
こちらの善意と好意に付け込んで、
貶めるようなことを繰り返す。
さすがに裁判を起こした。
勿論結果は私の勝訴。
詐欺も認められた。
だが刑事告訴はしなかった。
予想どおり、
それでも金は返ってこなかった。
そんなことはどうでもよい。
私が許せないのは、
彼が騙して持っていった金は、
亡父が重粒子線の治療をしようと用意した金だった。
「明日には返す」と言って、
土下座した彼。
しかし、
彼が持ってくるはずもなかった。
亡父は、
瞬く間に詐欺であることを立証した。
だが何も言わなかった。
私が彼を信じて頼んだからだ。
私の中では、
謝っても謝りきれない気持ちで一杯だ。
亡父に命を掛けさせてしまった。
本当に申し訳ない。

数年が経ち、
結局彼は変わらないと思った私は、
全て水に流すと彼に告げた。
勿論彼は同意した。
ところが、
その直後より、
彼はあろうことか、
私を貶めるようなウソを業界内で吹聴しだした。
信じられない。
今でも、
彼はマスコミ界や芸能界で大きな顔をして
嘘で固めた本を出し
テレビなどにも出て、
肩で風をきっている。
笑ってしまうような
虚構に満ちた
スープに浮いた灰汁のような世界、
目立ちたがりの彼には
お似合いなのかもしれない。

ところが最近、
困りごとが彼の身に起こり、
誰も処理できないようなことで、
身に危険が及んだら、
性懲りもなく彼は、
私に泣きついてきた。
面の皮が厚いとは、
こういう男のことを言うのだろう。
笑ってしまう。

これが世の中だ。
51歳にして、
今はそんなことを思い、
静かな心でいられるようになった。
この世こそが地獄、
一寸先は闇である。
だが、
地獄とも感じなくなった。
今を生きることを心がけるようになったら、
どうでもよくなった。
世捨て人のごとく、
今は非常に心穏やかだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-09-23 01:08 | 今日の独り言
<< 言語道断:中国人船長釈放 無責任なネット上の似非情報 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧