政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

ユタでのバス横転事故

ユタでのバス横転事故
2010年8月13日

ユタ州でバス横転事故があった。
運転手は日本からの留学生とのこと。
一報を耳にして、
居眠り運転かなと私も思った。
だが、
他にも原因があるのではとも思った。
案外、
日本人は、
西海岸で運転する時に気をつけなければならないことを
知らない場合が多い。
日本と同じつもりで運転している留学生や駐在員も多い。
だが、
実際には日本と気象環境が違い、
アメリカ西海岸は非常に空気が乾燥しているのだ。
航空自衛隊の戦闘機パイロットが、
アメリカ西海岸での演習訓練で、
飛行してみて初めて空気の乾燥度の違いを理解できたといっていたが、
その通りで車の運転でも注意しなければならないことがある。

よくある事故は、
風により砂が道路の上を舞い、
その砂に車が乗ると、
ハンドル操作がまったくきかなくなることによる事故だ。
特に、
道路の幅は広く、
まっすぐの一本道だと、
遂日本よりスピードをだしてしまう。
実際制限速度も日本よりも高いので、
景色も広々と障害物がないことも手伝い、
アクセルを踏み過ぎてしまう。
だが、
一旦砂に車がのってしまうと、
アイス・スケートと全く同じ状態に陥り、
操縦不能になってしまう。
しかし、
このことを知っている日本人は少ない。

私は、
アメリカ在住中、
演習にきた自衛隊の車両に同乗していて、
この現象による事故にあったことがある。
車はクルクルと映画のように回転し、
最終的には太平洋に落ちてしまった。
眼前に海が見えるまでは、
これで最期かと思った。
まるで007の映画のようであった。
浅田真央よりも勢いよく車はクルクルと回転して、
海に真っ逆さまに落ちてしまった。
崖の高さは約13メートルから15メートル。
断崖であった。
よく助かったと後で思った。
カリフォルニアのハーストキャッスルを過ぎた辺りでのことであった。
砂浜の横道でもなかった。
だが、
乾燥しているので、
砂が舞うのだ。

今回の事故現場を見ても、
周囲は砂漠のような乾燥した地であった。
実際、
ネバタからユタ、アリゾナの辺は非常に乾燥していて、
アメリカらしい風景のところだ。
私も車で走行したことがあるが、
スピードも出しやすい。
砂が舞う条件もそろっている。
多分運転手自身も
キツネにつままれたような思いでいるのではないか。
まあ、
今のところ、
裁判になることを想定して、
多くは語らぬように弁護士に言われているのであろうが。
郷に入ったら郷に従えで、
地元の環境をもう少し入念に調べておく必要があるのではないか。
お金をもらって案内をするのであるならば。
人の命を預かるのであるから。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-13 01:19 | アメリカ関係
<< 私の死生観 スズメバチ >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧