政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

平成25年遷宮で米蔵から金蔵へ

平成25年遷宮で米蔵から金蔵へ
2010年8月8日

先日、
久しぶりに伊勢神宮をお参りした。
亡父が生前御世話になった大きな伊勢の神社に、
亡父の御柱を立てて頂いているので、
時々お参りに参上し、
その際必ずお伊勢さんまで足をのばす。

伊勢神宮は、
外宮から内宮とお参りをした。
かなり雨が降っていたが、
傘をさして神様をお参りするのでは、
失礼なので雨に濡れながらの参拝だった。
不思議なことに、
私のお伊勢参りは、
必ず雨なのだ。
まだ、
一度も晴天でお参りをしたことがない。
何か意味があるのではないか、
といつも思いを巡らせている。
だが、
まだ答えはみつからない。

今回のお伊勢参りで、
面白い話を聞くことができた。
それは、
来る平成25年の遷宮に関してだ。
今本殿は、
米蔵の位置にあるそうだ。
ところが、
今度の遷宮で、
金蔵の位置に戻るそうだ。
22年前の遷宮で、
金蔵から米蔵へ移った。
その直後バブルが弾けた。
歴史を振り返ってみても、
金蔵の位置に本殿がある間は、
経済的に栄えるそうだ。
よって、
平成25年の遷宮後、
日本の経済は回復するというのだ。
科学的ではないが、
歴史的には可能性は高い。
しかし、
どちらにしても、
後3年は、
景気回復には時間が掛かるということのようだ。
困ったものだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-08-08 03:59 | 社会
<< Wikipedia ねじれこそが健全な証拠 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧