政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

逃げ足の速い山田宏前杉並区長と中田宏前横浜市長

逃げ足の速い山田宏前杉並区長と中田宏前横浜市長
2010年6月22日

 ダブル宏の区長と市長が、公職をほっぽり出して日本創新党を発足した。まず、中田宏が市長の座をほっぽり出し逃げだした。続いて、山田宏区長が一目散に逃げ出した。どちらも、政治家として評価する部分も多いので非常に残念だ。何故なら、彼らが逃げ出した理由が、政治のためではないからだ。あたかも、日本創新党設立、日本の将来を憂いてのことのように謳っているが、そうではない。

 週刊現代が、中田宏氏のことを以前報道した。女の問題は、致し方ない。英雄色を好むというではないか。だが、中田氏が遁走した最大の理由は、地検に起訴される寸前だったからだ。勿論、女の問題ではなく金の問題だ。市長の座を投げ捨てて、一目散に逃げ出した姿は、市民の目にも、国民の目にも奇異であった。

 そして、今度は、山田宏氏が逃げ出した。参議院選挙出馬がその理由だが、真意は違う。週刊朝日による、女性スキャンダル報道が原因だ。どちらの事件も、彼らに近い周囲の人間は早くから知っていて懸念していた。私の親友にも、山田氏、田中氏、両氏と非常に近い人間がおり、早い段階から、その話は聞いていた。だが、政治は下半身でするものではないし、政治さえしっかりやってくれれば良しと思い、敢えてワイドショー的なスキャンダルは書かないことにしていた。だが、日本創新党結成の理由が、そんな逃げのためにあるとなると話は別だ。政治は、純粋に愛国心を持ってやってもらいたい。ましてや、国民の血税から政党助成金が支給されるとなれば、そんな不純な理由も含んで結党などということは言語道断である。

 人を好きになることは素晴らしいことである。結婚していても、異性を好きになることは、政治家でなくともあることだ。結婚というシステムは、人間の理性と頭で考えだしたモラルという人工システムだ。愛がない人間に、政治は任せられない。国を思う愛国心も、人を思う恋愛も、大きな目で見れば同じ線上にあると私は思う。だが、公人である以上、その線を明確にし、筋を通して愛を貫くべきではないかと思う。

 山田氏は松下政経塾2期生、松下幸之助翁から直接教えを受けた塾生だ。民主党代表選に名乗りを上げた樽床氏は3期生。5期生以前の諸氏は、日本のためにこれから頑張ってもらわなければならない人たちだ。中田氏は10期生。彼らとは、松下政経塾を背負う意味が全く違う。その自覚を持って、身を清めて頂きたい。敢えて、苦言を呈させて頂く。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-06-22 15:29 | 政治
<< 大きな不安を覚える参議院選候補者選び 1994年朝鮮半島危機と同じく... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧