政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

日本人の精神論

日本人の精神論
2010年6月13日

 今朝のフジテレビ報道2001で、映画監督の崔氏が、谷垣氏に対して、参議院選挙に総裁職を賭して当たらなくとも、という発言されていた。また、同時にそういう精神論から脱却して政治に当たらなければというような発言もされた。これは、非常に大事なことであると私は、ここ一週間ほど思っていた。いつ、そのことを書こうかと思っていたが、良い機会なので書くことにした。

 沖縄の基地問題の記事でも、この日本人の精神論や精神性に関して、軍隊に対する考え方の違いという視点で少し書いたが、この精神性の部分は、あらゆる面で日本人に大きな影響を出しているので、敢えて再び書くことにする。

 アメリカの軍隊はサバイバルを最優先課題としているのに対し、日本の軍隊教育は、精神論を最優先課題とし、命を賭することを第一義としていた。これは、武士の切腹的精神論に根差していると私は思っている。これは、実直な日本人の一面が非常によく表れた精神性であり、否定するつもりはない。だが、この精神論で突っ走ることで、日本は過去敗戦への道を辿った。精神論で、特攻をさせられ、精神論で命を落とし、国も滅びかけた。

 日本人のこの素晴らしい精神性の使いどころが、先の戦争でもそうであるが、間違っているように私は思っている。命を掛けるべきところは、他にあるように思うのだ。今回の谷垣総裁が、総裁職を掛けて参議院選挙に当たるというが、崔監督のいうとおり、総裁職を掛けて参議院選挙に当たる覚悟があるのなら、諦めることない精神力で自民党を立て直して欲しい。民主党と真っ向対峙できるような強い自民党を、再生して頂きたい。それには、反対意見にも耳を傾ける度量と嘗て自民党が持っていた腹の深さを再生して頂きたい。若い志ある議員たちの声に耳を傾け、自ら世代交代をするようなつもりで、若い力にもチャンスを与えて頂きたい。そんな風に思う。そうすれば、きっと民主党と対等の立場に立てるところまで、再起できると信じる。

 組織も人も、人の意見に耳を傾けず、ダメダメを連発するようになれば、必ず硬直化し、成長は止まってしまう。今の自民党は、老体たちが硬直したことによって、組織全体が硬直化した結果の状態であると私は思っている。

 もう一つ言いたいことは、民主党の自衛隊へ対する事業仕訳や国防予算の削減などの危険性である。自衛隊の現場では、人員不足が甚だしく、先日テレビのインタビューを見ていたら、幹部士官が激減していることに危機感を感じている自衛官たちが口を揃えて、「ここは精神論で乗り切る」と発言していたことに大きな危機感を覚えた。何故そこまで追い詰めなければならないのか? 国防は国益の第一義である。危機管理とは、何も起こらなくて当たり前。起こった時を想定して備えなければなのだ。にもかかわらず、何もかにも削減削減では、自衛官たちは精神論に頼らざるを得ない。

 日本人が精神論に頼ろうとする時、危険なことが起こったことは歴史が証明している。本当に戦争のない平和を望むのであれば、国防費を削減し、自衛隊に削減を迫ることは、平和を望むということに逆行しているように私は思い、強い懸念を覚える。追い詰められれば、いつかはじけてしまう。それが人間だ。また、そういう隙を、敵は攻めてくるものである。その上、米軍駐留も反対となれば、もう敵国に自国を売っているようなものだ。いつでも、攻めてきてくださいと、手を広げて待っていようとしているようなものだ。私には、まったく理解不能な行為にしかうつらない。平和を求めるからこその防衛予算であるはずだ。何でもダメダメ、カットカットとは、女々しい発想である。目先のことばかりを見て判断していれば、必ず組織は破綻する。国も同じことだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-06-13 10:55 | 今日の独り言
<< 1994年朝鮮半島危機と同じく... 日本では誤解されている消費税 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧